ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英国でHMVが破綻、90年以上の歴史に幕。日本と異なりAKBがいないので復活困難か?

 

 英国の音楽ソフト販売大手HMVグループは14日、破綻を宣言した。すでに管財人を指名しており、事業を継続しながら買い手を探す。約4000人の従業員がどうなるかは現段階では不明。

 同社は創業90年を越すレコード店の老舗。90年代には日本を含め各国に進出したが、その後のCD不況から撤退が続き、現在では英国とアイルランドを中心に展開していた。
 業績不振の原因はネット通販の台頭と音楽ダウンロード販売の急増。英国では2000年初頭は数%だった音楽のダウンロード販売が現在では70%以上を占めている。CDを購入する顧客も、スーパーをはじめとする他の小売店やAmazonなどのネット通販を利用する傾向が高まっており、リアルの音楽ソフト専門店としての継続が難しい状況となっていた。

 だが英国のHMVはまだ持ちこたえた方といえる。米タワーレコードは2006年にすでに破産を申請しているし、HMVの日本法人やタワーレコードの日本法人はとっくに投資ファンドや事業会社に買収され、本体との資本関係はなくなっている(HMV日本法人は最終的にローソンに吸収、タワーレコードはNTTドコモグループ)。

 HMVには投資会社が関心を示しているといわれ、徹底的なリストラを実施した上で再出発できる可能性も残されている。だが英国においても日本のように規模を縮小した形で大手音楽ソフト販売店が生き残れるのかは不透明だ。
 日本も世界と同様、CD販売が続いてきたが、最近は持ち直す傾向が見られるようになっている。音楽ソフト制作大手のエイベックス・グループにおけるCD売上げはすでに全体の3分の1程度。だが縮小一方だったCD販売は昨年から増加に転じているのだ。

 主な要因はアイドルグループの台頭と中高年層だ。握手会に代表されるようなCDを積極的に購入させる戦略が販売増加に寄与している。中高年層はいまだにCDを好む傾向が強く、かつてのアーティストが多数復活していることで、売上げが増加している。
 だがアイドル歌手を中心にした売り出し方は途上国型のモデルであり、音楽市場が成熟してしまっている英国や米国には日本のようなアイドルグループが存在しない。音楽市場そのものは活発だが、大手小売店のビジネスモデルとはもはや親和性が低いのだ。

 英国では昨年12月に家電販売店のコメットが全店舗を閉鎖したほか、老舗カメラ販売大手ジェソップスも破綻を発表した。専門小売店の凋落は止めようのないトレンドになっているようである。

 - 経済

  関連記事

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

canonfactory
キヤノンの国内生産回帰は評価すべきだが、雇用の増加につながるわけではない

 キヤノンは2015年までに自社製品の国内生産比率を現在の42%から50%へ引き …

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

toyotatranpu
トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GM …

sumitomochiba
国内化学各社が相次いでエチレン生産から撤退。米国シェールガス革命のインパクト

 住友化学は2月2日、石油化学製品の原料であるエチレンの国内生産を停止すると発表 …

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …