ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中高年は若者のことを考えているのか?いないのか?

 

 日本の政策のほとんどは中高年向けのものに偏っている。その際たるものは年金受給額の格差と雇用環境だろう。この状態がよくないことは誰の目にも明らかだが、ここに手を付けることは、政治家にとっては致命傷となる。このため改革が実行される可能性は限りなくゼロに近いというのが現状だ。

 では実際に中高年は若年層の環境についてどのように考えているのだろうか?世代間問題研究プロジェクトは2012年12月、中高年2128人に対して優先すべき社会保障政策に関するアンケート調査を行った。

 それによると、もっとも割合が高かったのは、若者の雇用充実で30.4%となった。2番目は公的年金給付の改善(28.9%)。その後には出産子育て支援(11.7%)、医療制度改善(10.4%)、介護制度改善(6.3%)と続く。

 通常、このようなアンケートは複数回答を可とすることが多く、回答者の関心が発散してしまう可能性がある。このケースでいえば、複数回答ができると、年金の増額も望むが若者対策も望む、というパターンが増えてしまうのである。このプロジェクトでは択一回答とすることで、回答者の関心がどこにあるのかを絞る工夫を行ったとしている。

 回答を絞った結果、もっとも関心が高かったのは、自分の年金のことではなく、若者の雇用という結果になったというワケだ。このアンケート結果について解説している一橋大学特任教授の高山憲之氏は、高齢者は若者のことを優先して考えており、政策の優先順位変更について検討する価値があると主張している。

 若者対策にもっと力を入れるべきという高山教授の主張はまっとうなものだが、このアンケート結果の解釈には少々疑問が残る。アンケートに回答している中高年は、「公的年金の増額」といった高齢者対策と、「若者の雇用充実」という対策は、根本的にトレードオフの関係にあることを理解していない可能性がある。
 もし年金給付をはじめとする高齢者への手当てが、若者の雇用と引き換えに失われるのであれば、中高年層は問答無用で反対する可能性が高い。実際、両者はそのような関係になる可能性が高いのだ。

 アンケートは項目の設定などである程度、結果を誘導することは可能である。だが政治家は落選というリアルな恐怖を背負っている。中高年の本音が若者よりも自分達の利益であるならば、政治家が決断することは難しいだろう。やはり最後は国民が賢明な選択をするより他に道はないのだ。

 - 政治, 社会

  関連記事

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

jimintohonbu
自民党が伝統の「党税調」を復活。だが、かつての税制利権につながるとの声も

 自民党が政権に復帰したことをうけて、これまで事実上消滅していた自民党の税制調査 …

2+2kaiken02
日米2+2閣僚会合は、ポスト戦後時代が現実にスタートしたことの象徴

 日米両政府は10月3日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2 …

cop20a
京都議定書に変わる新しい枠組みを議論するCOP20。米中欧主導で日本は不利に?

 地球温暖化対策に関する国連の会議「COP20」が、南米ペルーで12月2日から開 …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

no image
日本の英語力は世界22番目でラテン諸国と同レベル。モノ作り大国ゲルマンとの差が際立つ

 教育大手EF Education First社が発表している2012年の世界英 …

no image
細野豪志環境相が代表選出馬見送り。特に驚きはなし

 民主党代表選への立候補を検討していた細野豪志環境相は出馬を見送る意向を固めたと …

obamabriefing
イスラエルがシリアを再び空爆。動かないオバマ政権と中東介入を狙う中国の思惑

 イスラエル空軍は5月5日、シリアの首都ダマスカス郊外にあるシリア政府の軍事施設 …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …