ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

文部科学省が土曜授業復活を検討。だが現場の教師は嫌がっている?

 

下村文部科学相は15日、閣議後の記者会見で、公立学校の土曜授業の復活(学校週6日制)について検討を開始したことを明らかにした。同省は今後、導入に向けた課題を精査し、できるだけ早期に実施したい意向だ。

 学校週5日制は「ゆとり教育」の一環として2002年度から完全実施された。だが近年、児童・生徒の学力低下が叫ばれるようになり、東京都など一部の自治体ではすでに土曜授業を復活させている。

 保護者も土曜授業の実施には積極的だ。東京都小学校PTA協議会が2010年に実施した調査では86%が土曜授業を必要と答えている。
 すべての状況は整っているように見えるが、肝心の教育現場からは困惑の声が上がっているという。
 教職員の勤務時間は法律で週40時間と定められており、土曜日に授業を行うためには教員を増員する必要があるというのだ。つまり週40時間労働で残業なしという条件を絶対に崩さないことが前提となっているらしい。

 民間企業であれば、実施しなければならない作業が増えた場合には、全体時間を増やさずに、どの部分を効率化して時間を捻出するのかをまず考える。だが公務員の世界はまったく逆のようである。現状維持がありきになっていて、作業が増えるなら人を増やすという発想である。このまま土曜授業の実施を進めようものなら、学校は「ブラック職場だ」などど言い出しかねない勢いだ。

 最近は「モンスターペアレンツ」が増え、保護者対応に相当の時間が割かれているともいわれている。だが保護者からの過度な要求には毅然とした態度で接し、一定以上の時間を割かないようにすることもプロとしての責任の一環である。ゆとり教育による学力低下は明らかであり、できるだけ早期の土曜授業復活が望まれる。

 - 政治, 社会

  関連記事

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …

3SHA03
フランス政府がネット企業が保有するビックデータに課税を検討。だが実現は懐疑的?

 フランス財務省は、GoogleやAmazonなどグローバルに展開する米国のネッ …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

yukihatoyama
鳩山氏の暴走で浮き彫りになる、日本人にとっての「法の支配」

 クリミアを訪問中の鳩山由紀夫元首相は2015年3月12日、旅券を返納させるべき …

honkongdemotocho
中国当局がニセのアプリでデモ参加者を盗聴?民主化をめぐる諜報活動が活発化

 香港の民主化を求めるデモの参加者に、偽のアプリをダウンロードするよう促すメッセ …

taiwangakusei
様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いま …

nichigin
マネタリーベースは順調に増加。実体経済への効果については依然として不透明

 日銀は12月3日、11月のマネタリーベースが前年同月比52.5%増の189兆7 …

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

rig
シェールガス開発の是非をめぐってフランスが迷走。日本が学ぶべき点は多い

 フランスのモントブール生産回復相は2014年1月29日、フランスでは全面禁止さ …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …