ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が起きている。若い世代の回答にGoogleとAppleが登場し、パナソニック、ソニー、シャープなど大手メーカーが軒並みランク外に落ちた。

 与信管理サービスを提供するリスクモンスター株式会社は1月、「子供に勤めて欲しい企業」と「結婚相手に勤めていて欲しい企業」に関するアンケート調査の結果を発表した。

 それによると子供に勤めて欲しい企業の1位はトヨタ自動車、2位は全日空、以下、任天堂、三菱東京UFJ銀行、サントリーと続く。

 一方、結婚相手に勤めていて欲しい企業の1位は任天堂、2位は全日空だが、3位はタニタと並んでGoogleが、5位にはAppleが登場している。
 ちなみに、昨年に実施した同様のアンケート調査では、1位がパナソニック、2位がトヨタ自動車、以下、ソニー、NTTドコモ、シャープの順であった。

 日本人は保守的で変化を好まないため、この手のアンケート結果は、世代間であまり変化しないという特徴がある。実際、昨年までの結果を見ると、トヨタは両方にランクインしているし、その他の企業も、基本的に社歴の長い超有名企業が並ぶ。

 だが今年のランキングにはかなりの異変が感じられる。パナソニック、ソニー、シャープが経営危機となりランキングから去っただけでなく、GoogleとAppleが登場している。これまでマイクロソフトやインテル、古くはIBMなど超優良外資系企業が日本に進出してきたが、ここまで存在感を高めることができたのは、この2社が初めてではないかと思われる。

 GoogleやAppleは数年後にはランキングから消え、再び保守的な日本の企業が並んでいる可能性もある。だが、もしこれらのグローバル企業が数年後もランキングの常連になっているようであれば、戦後70年間続いてきた日本の企業社会の構造が、とうとう崩れてきたことを物語っているのかもしれない。

 もっとも任天堂や全日空など世代間で変化しない感覚も根強く残っている。客観的に見て日本の航空会社は完全に斜陽産業だし、任天堂もソーシャルゲームの台頭を前に、古い体質の会社になりつつある存在だ。若い世代の半分は、年配者に近い感覚をまだ持っているということになる。

 だが本当の課題はアンケートの設問そのものにあるのかもしれない。日本は就職ではなく就社するとよく言われる。本当に日本企業がグローバル化できるのであれば、「どの会社に就職して欲しいか」というアンケートは消滅し、「どんな仕事に就いて欲しいか」というアンケートが主流になることだろう。

 - 社会, 経済

  関連記事

googlehead
グーグルの決算が過去最高。単価下落でネットは再び消耗戦の時代へ突入

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2016年2月1日、2015年10 …

gasstation02
原油の大幅安でも国内のガソリン価格がそれほど下がらない理由

 原油の大幅安が米国の消費を活気づけている。ガソリン価格の下落によって米国の新車 …

caw
東北大が放射性セシウムの臓器蓄積の状況を牛を使って調査。母より子に多く蓄積

 東北大学加齢医学研究所は21日、原発事故の警戒区域内の牛に蓄積された放射性セシ …

tokyowan
企業の設備投資予定額が大幅増。だが公共事業の影響も大きく継続性があるかは不明

 日本政策投資銀行は8月5日、2013年度の設備投資計画に関する調査結果を発表し …

gnpgni
安倍首相がGNI(国民総所得)増加を表明。なぜ今GNIと騒いでいるのか?

 安倍首相が自らの経済政策であるアベノミクスによって、10年後に国民総所得(GN …

tosho002
大発会は値下がりスタート。だが、今年の日経平均は2万円も十分可能?

 2015年の株式市場がスタートした。東京株式市場における大発会後の寄り付きは1 …

home02
米国の政府系住宅金融公社2社が業務縮小を決定。米国のバブル処理は完全終了へ

 オバマ米大統領は8月5日、住宅金融市場の改革案を発表した。政府系住宅金融機関で …

ichimanen
家計の貯蓄が減っているのに、国債の消化がこれまで問題なく行われてきたワケ

 日銀は2013年12月19日、7~9月期の資金循環統計を発表した。9月末時点で …

joseikourei
日本女性は再び長寿世界1位に。今後は寿命の「長さ」ではなく「質」にも目を向けるべき

 厚生労働省は7月25日、日本人の平均寿命に関する最新の調査結果を発表した。20 …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …