ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が起きている。若い世代の回答にGoogleとAppleが登場し、パナソニック、ソニー、シャープなど大手メーカーが軒並みランク外に落ちた。

 与信管理サービスを提供するリスクモンスター株式会社は1月、「子供に勤めて欲しい企業」と「結婚相手に勤めていて欲しい企業」に関するアンケート調査の結果を発表した。

 それによると子供に勤めて欲しい企業の1位はトヨタ自動車、2位は全日空、以下、任天堂、三菱東京UFJ銀行、サントリーと続く。

 一方、結婚相手に勤めていて欲しい企業の1位は任天堂、2位は全日空だが、3位はタニタと並んでGoogleが、5位にはAppleが登場している。
 ちなみに、昨年に実施した同様のアンケート調査では、1位がパナソニック、2位がトヨタ自動車、以下、ソニー、NTTドコモ、シャープの順であった。

 日本人は保守的で変化を好まないため、この手のアンケート結果は、世代間であまり変化しないという特徴がある。実際、昨年までの結果を見ると、トヨタは両方にランクインしているし、その他の企業も、基本的に社歴の長い超有名企業が並ぶ。

 だが今年のランキングにはかなりの異変が感じられる。パナソニック、ソニー、シャープが経営危機となりランキングから去っただけでなく、GoogleとAppleが登場している。これまでマイクロソフトやインテル、古くはIBMなど超優良外資系企業が日本に進出してきたが、ここまで存在感を高めることができたのは、この2社が初めてではないかと思われる。

 GoogleやAppleは数年後にはランキングから消え、再び保守的な日本の企業が並んでいる可能性もある。だが、もしこれらのグローバル企業が数年後もランキングの常連になっているようであれば、戦後70年間続いてきた日本の企業社会の構造が、とうとう崩れてきたことを物語っているのかもしれない。

 もっとも任天堂や全日空など世代間で変化しない感覚も根強く残っている。客観的に見て日本の航空会社は完全に斜陽産業だし、任天堂もソーシャルゲームの台頭を前に、古い体質の会社になりつつある存在だ。若い世代の半分は、年配者に近い感覚をまだ持っているということになる。

 だが本当の課題はアンケートの設問そのものにあるのかもしれない。日本は就職ではなく就社するとよく言われる。本当に日本企業がグローバル化できるのであれば、「どの会社に就職して欲しいか」というアンケートは消滅し、「どんな仕事に就いて欲しいか」というアンケートが主流になることだろう。

 - 社会, 経済

  関連記事

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

kaigosisetu
介護離職ゼロに向けて企業に残業免除を義務化。だが現実には機能しない?

 安倍政権が掲げる介護離職ゼロに向け、介護者の残業を免除する施策の検討が始まって …

nttkoshudenwa
ドコモがセット割り参入を総会で表明。民営化から30年、NTTをめぐる環境は変わった

 NTTドコモの加藤薫社長は2014年6月19日、定時株主総会で、NTT本体との …

no image
イタリアで地震予知の専門家に実刑というトンデモ判決。だがこれは別の見方もできる

 イタリアで22日、大地震の予知ができなかったとして、同国の地震予知の専門家ら7 …

apple
アップルの4~6月期決算。中国向けiPhoneが引き続き堅調であることを確認

 米アップルは2014年7月22日、2014年4~6月期の決算を発表した。売上高 …

sharp
シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

aribabakinyu
シャドーバンキングといっても幅が広い。アリババや百度でも扱っている。

 中国では、いわゆる影の銀行(シャドーバンキング)による過剰融資が大きな問題とな …

kuroda02
これ以上の円安はないという黒田発言の真意は?

 日銀の黒田総裁は2015年6月10日、現在の円安水準は行き過ぎとの発言を行った …

factory06
国内の設備投資は見かけ上増加。だが季節調整済みではマイナスに

 財務省は2014年3月3日、2013年10~12月期の法人企業統計を発表した。 …