ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が起きている。若い世代の回答にGoogleとAppleが登場し、パナソニック、ソニー、シャープなど大手メーカーが軒並みランク外に落ちた。

 与信管理サービスを提供するリスクモンスター株式会社は1月、「子供に勤めて欲しい企業」と「結婚相手に勤めていて欲しい企業」に関するアンケート調査の結果を発表した。

 それによると子供に勤めて欲しい企業の1位はトヨタ自動車、2位は全日空、以下、任天堂、三菱東京UFJ銀行、サントリーと続く。

 一方、結婚相手に勤めていて欲しい企業の1位は任天堂、2位は全日空だが、3位はタニタと並んでGoogleが、5位にはAppleが登場している。
 ちなみに、昨年に実施した同様のアンケート調査では、1位がパナソニック、2位がトヨタ自動車、以下、ソニー、NTTドコモ、シャープの順であった。

 日本人は保守的で変化を好まないため、この手のアンケート結果は、世代間であまり変化しないという特徴がある。実際、昨年までの結果を見ると、トヨタは両方にランクインしているし、その他の企業も、基本的に社歴の長い超有名企業が並ぶ。

 だが今年のランキングにはかなりの異変が感じられる。パナソニック、ソニー、シャープが経営危機となりランキングから去っただけでなく、GoogleとAppleが登場している。これまでマイクロソフトやインテル、古くはIBMなど超優良外資系企業が日本に進出してきたが、ここまで存在感を高めることができたのは、この2社が初めてではないかと思われる。

 GoogleやAppleは数年後にはランキングから消え、再び保守的な日本の企業が並んでいる可能性もある。だが、もしこれらのグローバル企業が数年後もランキングの常連になっているようであれば、戦後70年間続いてきた日本の企業社会の構造が、とうとう崩れてきたことを物語っているのかもしれない。

 もっとも任天堂や全日空など世代間で変化しない感覚も根強く残っている。客観的に見て日本の航空会社は完全に斜陽産業だし、任天堂もソーシャルゲームの台頭を前に、古い体質の会社になりつつある存在だ。若い世代の半分は、年配者に近い感覚をまだ持っているということになる。

 だが本当の課題はアンケートの設問そのものにあるのかもしれない。日本は就職ではなく就社するとよく言われる。本当に日本企業がグローバル化できるのであれば、「どの会社に就職して欲しいか」というアンケートは消滅し、「どんな仕事に就いて欲しいか」というアンケートが主流になることだろう。

 - 社会, 経済

  関連記事

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

bukkajoushou
企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物 …

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

sonyhirai
ソニーが今年も業績の下方修正。悪材料小出しはもはや同社のお家芸

 経営再建中のソニーは2014年9月17日、2015年3月期の業績見通しについて …

00008
フランスのマスゴミがGoogleから75億円をゲット。だがまだまだ嫌がらせは続く

 米Googleが新聞社のコンテンツをタダ乗りしているとして、検索結果の表示に課 …

opec02
OPECが原油価格暴落にもかかわらず、減産を見送った背景

 OPEC(世界石油輸出国機構)は2014年11月27日、オーストリア・ウィーン …

g20german
G20の声明文から反保護主義の文言が消滅。今後は露骨なパワーゲームの時代へ

 ドイツのバーデンバーデンで開催されていたG20(主要20カ国の財務相・中央銀行 …

netttoflikusu
動画配信サービスの最大手ネットフリックが日本上陸。他とはちょっと違うワケ

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」がとうとう日本 …

no image
日本の男女平等ランキングは人権抑圧国家並み。だが本当の問題はもっと深刻だ!

 ダボス会議で知られる世界経済フォーラムは24日、世界男女平等ランキング(The …