ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が起きている。若い世代の回答にGoogleとAppleが登場し、パナソニック、ソニー、シャープなど大手メーカーが軒並みランク外に落ちた。

 与信管理サービスを提供するリスクモンスター株式会社は1月、「子供に勤めて欲しい企業」と「結婚相手に勤めていて欲しい企業」に関するアンケート調査の結果を発表した。

 それによると子供に勤めて欲しい企業の1位はトヨタ自動車、2位は全日空、以下、任天堂、三菱東京UFJ銀行、サントリーと続く。

 一方、結婚相手に勤めていて欲しい企業の1位は任天堂、2位は全日空だが、3位はタニタと並んでGoogleが、5位にはAppleが登場している。
 ちなみに、昨年に実施した同様のアンケート調査では、1位がパナソニック、2位がトヨタ自動車、以下、ソニー、NTTドコモ、シャープの順であった。

 日本人は保守的で変化を好まないため、この手のアンケート結果は、世代間であまり変化しないという特徴がある。実際、昨年までの結果を見ると、トヨタは両方にランクインしているし、その他の企業も、基本的に社歴の長い超有名企業が並ぶ。

 だが今年のランキングにはかなりの異変が感じられる。パナソニック、ソニー、シャープが経営危機となりランキングから去っただけでなく、GoogleとAppleが登場している。これまでマイクロソフトやインテル、古くはIBMなど超優良外資系企業が日本に進出してきたが、ここまで存在感を高めることができたのは、この2社が初めてではないかと思われる。

 GoogleやAppleは数年後にはランキングから消え、再び保守的な日本の企業が並んでいる可能性もある。だが、もしこれらのグローバル企業が数年後もランキングの常連になっているようであれば、戦後70年間続いてきた日本の企業社会の構造が、とうとう崩れてきたことを物語っているのかもしれない。

 もっとも任天堂や全日空など世代間で変化しない感覚も根強く残っている。客観的に見て日本の航空会社は完全に斜陽産業だし、任天堂もソーシャルゲームの台頭を前に、古い体質の会社になりつつある存在だ。若い世代の半分は、年配者に近い感覚をまだ持っているということになる。

 だが本当の課題はアンケートの設問そのものにあるのかもしれない。日本は就職ではなく就社するとよく言われる。本当に日本企業がグローバル化できるのであれば、「どの会社に就職して欲しいか」というアンケートは消滅し、「どんな仕事に就いて欲しいか」というアンケートが主流になることだろう。

 - 社会, 経済

  関連記事

todai
アジア大学ランキングの結果は、大学の予算配分に影響を与えるのか?

 イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は2015年6月1 …

saitamaken
埼玉県がいじめ情報収集サイトを開設。完全に問題をすり替えた愚策。

 埼玉県教育局は、学校でのいじめを見聞きした児童生徒がその情報を提供するための携 …

bukkajoushou
物価上昇率はとうとう1%割れ。だが確実にインフレ期待は醸成されている?

 総務省は2014年11月28日、2014年10月の消費者物価指数を発表した。代 …

usaboueki
米国の財政・貿易収支の改善が顕著に。赤字垂れ流し国家は米国から日本に移った

 「膨大な額の経常赤字を垂れ流し、財政赤字にも苦しむ国」という米国のイメージはす …

bitcoin
取引所破綻で話題のビットコイン問題を整理する。その本質はどこにあるのか?

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引サイトを運営するマウントゴック …

yahoojapan
ヤフーの通販サイト出店無料化は、近い将来マクロ経済にも影響を与える?

 ヤフーがネット通販サイトとオークションサイトへの出店料を無料にするという大胆な …

kanntei
薬のネット解禁判決に対抗して政府は薬事法改正を画策。日本に「法の支配」は存在しない

 一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を禁止した厚生労働省令は違法だとして …

anansi
これぞ知識産業!草野球ツアーで観光客を誘致する阿南市の画期的な取り組み

 多くの自治体が観光客の招致を目指して各種振興策を立案しているが、お役所のセンス …

nichigin04
マイナス金利の影響がじわじわと消費者に波及。投信手数料引き上げや年金減額も

 マイナス金利の消費者への転嫁がじわじわと進んでいる。普通預金の口座にマイナス金 …

nichibeikokki
米国人の対日世論調査の結果。一般人と有識者で隔たりも

 外務省は2014年11月7日、米国における対日世論調査の結果を発表した。調査は …