ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府・与党が保険金への相続税軽減を決定。庶民には関係なく、富裕層のみが恩恵

 

 政府・与党は、死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。これまでは「相続人の数×500万円」を控除することができたが、この金額に1人あたり500万円を加える。非課税枠が増えることで、より多くの保険金が手元に残ることになる。
 読売新聞の報道では、この軽減策は妻や子供が残されたような家庭を想定しているとし、政府・与党が母子家庭に配慮した結果だとしている。

 だが相続の現実を考えるとこの解釈には疑問が残る。相続税は配偶者については1億6000万円までは非課税であり、保険金も課税されることはない。
 この軽減策が適用されるのは1億6000万円以上を相続する超富裕層の妻か、保険金を受け取る子供だけであり、対象はごくわずかである。ちなみに相続税の申告対象となる富裕層は全国にわずか120万人程度しかいない。この軽減策はむしろ富裕層向けの減税策という方が適切である。

 消費税増税を控え、生活必需品の軽減税率導入など低所得者層に配慮した各種施策が相次いで発表されている。だが相続税の軽減策が実質的に富裕層向けの減税であることを考えると、一連の動きには逆行していることになる。

 読売新聞が報じた「母子家庭に配慮」という記述は、解釈をミスリードする可能性が高い。一般に母子家庭というキーワードには、数億円を相続する妻というイメージはないはずである。記者に何らかの意図があるのか、それとも政府当局の言い分を検証せずそのまま報道したのかは定かではない。

 政府・与党がこの施策を発表した意図は明らかではないが、相続税の増税に影響を受ける富裕層に配慮したか、もしくは保険の販売増加を見込む保険業界に配慮したのかのどちらかと考えるのが自然だろう。

 - 政治, 社会

  関連記事

ohshima
内閣府が災害対策のガイドライン見直しへ。日本で想定外のことばかり起きる理由とは?

 内閣府は、避難勧告や避難準備情報などを出す場合に自治体が参考にするガイドライン …

josei
女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まって …

fcatokai
日本がとうとう核物質の米国返還を決定。日米関係は根本的に変わった

 日米両政府は2014年3月24日、核物質の最小化に関する日米の共同声明を発表し …

no image
復興予算の流用・便乗問題。それは間接的に国民が望んだこと

 東日本大震災の復興予算が、復興と関係の薄い事業に使われていたり、他の予算に振り …

part_s
パート労働者の時給が急上昇。コストプッシュ・インフレの前触れ?

 パートタイム労働者の賃金が大幅に上昇している。これまで低く抑えられてきた非正規 …

no image
朴槿恵(パククネ)次期大統領候補が死刑廃止に反対を表明。性犯罪者への厳罰を想定

 韓国の次期大統領候補者である朴槿恵氏が、死刑制度廃止に反対する意向を明らかにし …

hakenhoukaisei
同一労働・同一賃金法案が衆院で可決。内容は骨抜きで格差は継続したまま

 正社員と派遣社員の格差を是正する「同一労働同一賃金推進法案」が2015年6月1 …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

pariosen
北京に引き続き、パリでも深刻な大気汚染。原因は本当に自動車なのか?

 中国の北京に引き続いて、フランスのパリで大気汚染が深刻化している。フランス政府 …