ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ボーイング787のトラブルは本当にバッテリーなのか?下請けに甘んじる日本の悲しい現実

 

 米連邦航空局(FAA)は16日、全日空が所有するボーイング787がバッテリーの異常で緊急着陸した事態を受け、同型機を運航する航空会社に運航停止を指示する声明を発表した。各国の航空当局もFAAの措置に追随した。
 FAAによると、航空会社が運航を再開するには異常が生じたリチウムイオン・バッテリーの安全を確認することが必要としている。

 だがボーイング787に搭載されているバッテリーは日本メーカーのGSユアサが製造している。同社の株価はこのニュースを受けて急落した。各社の報道もバッテリーの不具合に関するもの一色となっている。

 ボーイング787の一連のトラブルがバッテリーによるものとまだ完全に判明したわけではない。JAL機のトラブルはバルブからの燃料漏れだし、ANA機の別のトラブルは窓ガラスに原因不明のヒビが入るというまったく異質のものである。仮にバッテリーが原因だとしても、バッテリーそのものに不具合があるのか、電力系統全体の問題なのかはすぐに分かることではない。だが世の中の流れはバッテリーが原因という方向に傾いているように見える。

 このような事態になっているのは、日本の製造業が置かれている環境と決して無縁ではない。今回トラブルの原因とされたバッテリーだが、GSユアサは直接ボーイングにバッテリーを納入しているわけではない。ボーイング787の電力システムを設計・製造しているのはフランスの軍需企業大手タレス社であり、GSユアサはタレス社に部品を納入する孫請け企業にしかすぎないのだ。

 航空機の製造において、もっとも儲かる部分は全体設計を行うボーイングであり、次に付加価値が高いシステム設計分野はタレスのような軍需企業の独壇場となっている。部品を納入する日本の部品メーカーは産業ヒエラルキーの最下層に位置している。原因がはっきりしないうちからバッテリーが集中砲火を浴びる構図は、トラブルの原因をすべて孫請け企業にシワ寄せする構図にも見える。

 日本の製造業は世界一といわれてきたが、必ずしも実態はそうではない。付加価値が高い分野における日本メーカーの存在感は実は薄いのだ。製造業で本当に勝ち組になるためには、付加価値の高い最終製品をカバーしなければならず、現在の日本でそれが出来ているのは自動車メーカーくらいしかないのである。

 ちなみに航空行政の世界も同じような構図になっていると考えてよい。FAA(米連邦航空局)は世界の航空行政の指導者的な立場にあり、各国の航空当局は、実質的にFAAの傘下にあるというのが実態なのである。もしFAAにおいて最終的にバッテリーが原因と特定されれば、問答無用で世界の航空当局がこれに追随することになる。

 こういった状況の是非はともかくとして、日本はそもそも不利な状況に置かれているという事実だけは認識しておいた方がよさそうだ。後になって不当な決定であると不満の声を上げたところで何の解決にもならない。本当の国力差というのはこのようなところに表れるものである。

 - 政治, 経済

  関連記事

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …

no image
韓国ソウルの放射能アルファルト問題。結局住民は大量被曝していた

 昨年11月に韓国ソウル市内のアスファルトから高い放射能が検出された問題で、ソウ …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

tennoheika04
天皇陛下による生前退位のご意向表明がここまで遅れた理由

 天皇陛下は2016年8月8日午後3時、ビデオメッセージで「お気持ち」を表明する …

kuroda02
日銀が物価目標の達成時期を先送り。2年で2%は実質的に撤廃

 日銀は2015年4月30日、「15年度を中心とする期間」としてきた物価目標達成 …

misutoraru
ロシアがフランスからの揚陸艦購入を正式に断念。北方領土付近は現状維持へ

 ロシアがフランスから購入する予定だったミストラル級強襲揚陸艦について、ロシア政 …

weizugamen
道路情報シェアのアプリをめぐって米で騒動。問われるインテリジェンス能力

 渋滞など道路情報をシェアするアプリ「Waze」をめぐって米国でちょっとした騒動 …

graph02
内閣府でGDPの数字に誤り。先月は財政政策の基礎となる著名論文でもミスが発覚

 内閣府は5月7日、3月に発表した2012年10~12期の国内総生産(GDP)の …

tosho02
増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率 …