ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ボーイング787のトラブルは本当にバッテリーなのか?下請けに甘んじる日本の悲しい現実

 

 米連邦航空局(FAA)は16日、全日空が所有するボーイング787がバッテリーの異常で緊急着陸した事態を受け、同型機を運航する航空会社に運航停止を指示する声明を発表した。各国の航空当局もFAAの措置に追随した。
 FAAによると、航空会社が運航を再開するには異常が生じたリチウムイオン・バッテリーの安全を確認することが必要としている。

 だがボーイング787に搭載されているバッテリーは日本メーカーのGSユアサが製造している。同社の株価はこのニュースを受けて急落した。各社の報道もバッテリーの不具合に関するもの一色となっている。

 ボーイング787の一連のトラブルがバッテリーによるものとまだ完全に判明したわけではない。JAL機のトラブルはバルブからの燃料漏れだし、ANA機の別のトラブルは窓ガラスに原因不明のヒビが入るというまったく異質のものである。仮にバッテリーが原因だとしても、バッテリーそのものに不具合があるのか、電力系統全体の問題なのかはすぐに分かることではない。だが世の中の流れはバッテリーが原因という方向に傾いているように見える。

 このような事態になっているのは、日本の製造業が置かれている環境と決して無縁ではない。今回トラブルの原因とされたバッテリーだが、GSユアサは直接ボーイングにバッテリーを納入しているわけではない。ボーイング787の電力システムを設計・製造しているのはフランスの軍需企業大手タレス社であり、GSユアサはタレス社に部品を納入する孫請け企業にしかすぎないのだ。

 航空機の製造において、もっとも儲かる部分は全体設計を行うボーイングであり、次に付加価値が高いシステム設計分野はタレスのような軍需企業の独壇場となっている。部品を納入する日本の部品メーカーは産業ヒエラルキーの最下層に位置している。原因がはっきりしないうちからバッテリーが集中砲火を浴びる構図は、トラブルの原因をすべて孫請け企業にシワ寄せする構図にも見える。

 日本の製造業は世界一といわれてきたが、必ずしも実態はそうではない。付加価値が高い分野における日本メーカーの存在感は実は薄いのだ。製造業で本当に勝ち組になるためには、付加価値の高い最終製品をカバーしなければならず、現在の日本でそれが出来ているのは自動車メーカーくらいしかないのである。

 ちなみに航空行政の世界も同じような構図になっていると考えてよい。FAA(米連邦航空局)は世界の航空行政の指導者的な立場にあり、各国の航空当局は、実質的にFAAの傘下にあるというのが実態なのである。もしFAAにおいて最終的にバッテリーが原因と特定されれば、問答無用で世界の航空当局がこれに追随することになる。

 こういった状況の是非はともかくとして、日本はそもそも不利な状況に置かれているという事実だけは認識しておいた方がよさそうだ。後になって不当な決定であると不満の声を上げたところで何の解決にもならない。本当の国力差というのはこのようなところに表れるものである。

 - 政治, 経済

  関連記事

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

apple
アップルの4~6月期決算。中国向けiPhoneが引き続き堅調であることを確認

 米アップルは2014年7月22日、2014年4~6月期の決算を発表した。売上高 …

hayashi
待機児童ゼロを実現した横浜方式は「方法論」ではなく「決断」。

 横浜市が「保育所に入れない待機児童をゼロにする」目標を達成したことで、「横浜方 …

putin201412
ルーブル下落が止まらず、ロシア国民の生活を直撃。住宅ローン破産者も続出

 ロシアのルーブルが急落している。2014年12月15日の外国為替市場では、ルー …

tinageeft
日銀が買い入れをコミットした賃上げETFが事実上の売買ゼロ状態に

 積極的に賃上げを実施する企業の株式を組み入れた上場投資信託(ETF)が危機的状 …

sagawajoshi
佐川急便の1万人主婦配送要員採用は、新しいサービスの入り口になる?

 佐川急便は今後2年間で1万人の主婦パートを採用する。少量の荷物を自宅周辺で配送 …

rojinkaigo
認知症JR事故、家族には賠償責任はないとの最高裁判決。ようやく当たり前の社会に

 認知症の高齢者が列車にはねられ、鉄道会社に損害を与えた場合における家族の賠償責 …

abemerukeru
安倍首相が独、英に財政出動を働きかけるもゼロ回答。結論はサミットに持ち越し

 安倍首相は2016年5月4日、ドイツを訪問しメルケル首相と首脳会談を行った。最 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

maruhi
特定秘密保護法案に関する日本人の何ともお粗末な議論

 政府は10月4日、特定秘密保護法案に関するパブリックコメントの結果を公表した。 …