ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ボーイング787のトラブルは本当にバッテリーなのか?下請けに甘んじる日本の悲しい現実

 

 米連邦航空局(FAA)は16日、全日空が所有するボーイング787がバッテリーの異常で緊急着陸した事態を受け、同型機を運航する航空会社に運航停止を指示する声明を発表した。各国の航空当局もFAAの措置に追随した。
 FAAによると、航空会社が運航を再開するには異常が生じたリチウムイオン・バッテリーの安全を確認することが必要としている。

 だがボーイング787に搭載されているバッテリーは日本メーカーのGSユアサが製造している。同社の株価はこのニュースを受けて急落した。各社の報道もバッテリーの不具合に関するもの一色となっている。

 ボーイング787の一連のトラブルがバッテリーによるものとまだ完全に判明したわけではない。JAL機のトラブルはバルブからの燃料漏れだし、ANA機の別のトラブルは窓ガラスに原因不明のヒビが入るというまったく異質のものである。仮にバッテリーが原因だとしても、バッテリーそのものに不具合があるのか、電力系統全体の問題なのかはすぐに分かることではない。だが世の中の流れはバッテリーが原因という方向に傾いているように見える。

 このような事態になっているのは、日本の製造業が置かれている環境と決して無縁ではない。今回トラブルの原因とされたバッテリーだが、GSユアサは直接ボーイングにバッテリーを納入しているわけではない。ボーイング787の電力システムを設計・製造しているのはフランスの軍需企業大手タレス社であり、GSユアサはタレス社に部品を納入する孫請け企業にしかすぎないのだ。

 航空機の製造において、もっとも儲かる部分は全体設計を行うボーイングであり、次に付加価値が高いシステム設計分野はタレスのような軍需企業の独壇場となっている。部品を納入する日本の部品メーカーは産業ヒエラルキーの最下層に位置している。原因がはっきりしないうちからバッテリーが集中砲火を浴びる構図は、トラブルの原因をすべて孫請け企業にシワ寄せする構図にも見える。

 日本の製造業は世界一といわれてきたが、必ずしも実態はそうではない。付加価値が高い分野における日本メーカーの存在感は実は薄いのだ。製造業で本当に勝ち組になるためには、付加価値の高い最終製品をカバーしなければならず、現在の日本でそれが出来ているのは自動車メーカーくらいしかないのである。

 ちなみに航空行政の世界も同じような構図になっていると考えてよい。FAA(米連邦航空局)は世界の航空行政の指導者的な立場にあり、各国の航空当局は、実質的にFAAの傘下にあるというのが実態なのである。もしFAAにおいて最終的にバッテリーが原因と特定されれば、問答無用で世界の航空当局がこれに追随することになる。

 こういった状況の是非はともかくとして、日本はそもそも不利な状況に置かれているという事実だけは認識しておいた方がよさそうだ。後になって不当な決定であると不満の声を上げたところで何の解決にもならない。本当の国力差というのはこのようなところに表れるものである。

 - 政治, 経済

  関連記事

bhutan
「幸せの国ブータン」で初の政権交代。理想は大事だが、識字率50%という現実は重い

 ヒマラヤの山中に位置する王国ブータンで7月13日、国民議会(下院)の選挙が行わ …

ouyou
総勢180名の財界訪中団が汪洋副首相と会談。だがトップ2との会談は実現せず

 安倍政権発足後、最大規模となる財界訪中団は11月19日、北京市内において汪洋副 …

washingtonpost
アマゾン創業者がワシントンポスト紙を買収。ジャーナリズムのWeb化がさらに加速

 米アマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏 …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

keidanren2015teigen
経団連が8年ぶりに総合的な政策提言書を作成。かくしてその中身は?

 経団連は2015年1月1日、2030年までの国家ビジョンを示す政策提言「『豊か …

bukkajoushou
8月の消費者物価指数。コアはマイナス、コアコアはプラスとちぐはぐな状況に

 総務省は2015年9月25日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標であ …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …

neet
ニートだけの会社が11月設立へ。批判の声は多いが、ガバナンス論に一石の可能性も

 メンバー全員がニートで、株主かつ取締役というまったく新しいコンセプトの会社が1 …

bukkajoushou
とうとう物価上昇がストップ。そろそろ構造的な要因に関する議論が必要?

 総務省は2015年3月37日、2015年2月の消費者物価指数を発表した。代表的 …