ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グローバル経済の思わぬ影響。フランス人はワインを減らし、米国人や中国人は増やす

 

 ワイン大国といわれたフランスでワインの消費量が減っている。フランスでは過去5年間でワイン消費量は30%も減少した。街のビストロではフルボトルのワインが注文されることは少なくなり、グラスワインが主流になっているという。若い世代ではまったくワインを飲まない人も増えてきているという。サルコジ前大統領もビール派でほとんどワインを飲まなかった。

 だが日本や中国など東洋圏ではワインの消費量は大幅に伸びている。中国のワイン消費量は年25%の割合で急上昇しており、すでに英国を抜き世界5位の消費量になっているという。また米国も年10%程度の伸びを見せており、消費量ではすでに世界一位だ。

 一連の動きは世界経済のグローバル化に深く関係しているといわれる。グローバル化の進展によってライフスタイルが統一化してきているのだ。

 フランスのようにワインをたっぷりと飲み、ゆっくり食事をする習慣があった国は、よりカジュアルなスタイルに、米国のようにあまり成熟していなかった国はよりオーソドックスに、東洋の国々は西欧型にそれぞれ変化し、最終的に、ある程度カジュアルな西欧式に収束していくのである。

 職場でのアルコールに対する寛容度も全世界的に下がってきている。外交上のパーティでアルコール出さないケースも増えてきているという。評論家の福田和也氏はフランスに旅行した際、フランスの国内線でアルコール飲料を注文したところ、昼間の便にはアルコールは置いていないといわれ驚いたと述べている。

 かつて米国のカーター大統領がホワイトハウスに入って最初にしたことは、飲酒の制限であった。敬虔なバプテスト信者であったカーター大統領は政府高官が昼間から飲酒することを嫌ったのである。
 だが当時はレベルが違った。カーター大統領が禁止したのは、3杯を超えるマティーニ(ジンがベースの度数の高いカクテル)である。これはウラを返せば3杯までは皆飲んでいたということである。だが現在では雰囲気はまったく変わり、アルコールに対する姿勢は非常に厳しいといわれている。

  経済のグローバル化はあらゆる分野において共通化をもたらしているが、食事や酒という文化的な面もその例外ではないのだ。

 - 社会, 経済

  関連記事

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

juko3sha
日本の製造業が大ピンチ。三菱と東芝はすでに満身創痍、日立は比較的身軽だが・・・

 日本の重電・重工メーカーが岐路に立たされている。三菱重工は日の丸ジェットである …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

rikokkyou
日本のバブル退治を彷彿?中国が景気減速にもかかわらず、金融引き締めを強行

 中国経済が正念場に差し掛かっている。香港上海銀行(HSBC)が6月20日に発表 …

koizumisinjiro
選挙対策か本気か?小泉進次郎議員らが社会保障の抜本改革を提言

 小泉進次郎議員ら、自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員 …

kanshasaisale
世界各国で年末商戦が本格スタート。より顕著となったネットへのシフト

 世界各国で年末商戦が本格的なスタートを切った。とりわけ米国の感謝祭セールの動向 …

kyuyomeisai02
今年の春闘も昨年に引き続き高い伸び。全体への波及効果はどのくらいか?

 経団連は2015年4月16日、2015年の春闘について1次集計を取りまとめた。 …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …

softbanksprint
ソフトバンクによるスプリント買収が確定的に。だが本当のヤマ場は買収後にやってくる

 米携帯電話3位のスプリント・ネクステルの買収をめぐり、ソフトバンクと争っていた …

toyota02
トヨタの中間決算は絶好調。単なる円安効果なのか、本質的なカイゼンなのか?

 トヨタ自動車は11月6日、2013年4月~9月期の決算(中間決算)を発表した。 …