ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グローバル経済の思わぬ影響。フランス人はワインを減らし、米国人や中国人は増やす

 

 ワイン大国といわれたフランスでワインの消費量が減っている。フランスでは過去5年間でワイン消費量は30%も減少した。街のビストロではフルボトルのワインが注文されることは少なくなり、グラスワインが主流になっているという。若い世代ではまったくワインを飲まない人も増えてきているという。サルコジ前大統領もビール派でほとんどワインを飲まなかった。

 だが日本や中国など東洋圏ではワインの消費量は大幅に伸びている。中国のワイン消費量は年25%の割合で急上昇しており、すでに英国を抜き世界5位の消費量になっているという。また米国も年10%程度の伸びを見せており、消費量ではすでに世界一位だ。

 一連の動きは世界経済のグローバル化に深く関係しているといわれる。グローバル化の進展によってライフスタイルが統一化してきているのだ。

 フランスのようにワインをたっぷりと飲み、ゆっくり食事をする習慣があった国は、よりカジュアルなスタイルに、米国のようにあまり成熟していなかった国はよりオーソドックスに、東洋の国々は西欧型にそれぞれ変化し、最終的に、ある程度カジュアルな西欧式に収束していくのである。

 職場でのアルコールに対する寛容度も全世界的に下がってきている。外交上のパーティでアルコール出さないケースも増えてきているという。評論家の福田和也氏はフランスに旅行した際、フランスの国内線でアルコール飲料を注文したところ、昼間の便にはアルコールは置いていないといわれ驚いたと述べている。

 かつて米国のカーター大統領がホワイトハウスに入って最初にしたことは、飲酒の制限であった。敬虔なバプテスト信者であったカーター大統領は政府高官が昼間から飲酒することを嫌ったのである。
 だが当時はレベルが違った。カーター大統領が禁止したのは、3杯を超えるマティーニ(ジンがベースの度数の高いカクテル)である。これはウラを返せば3杯までは皆飲んでいたということである。だが現在では雰囲気はまったく変わり、アルコールに対する姿勢は非常に厳しいといわれている。

  経済のグローバル化はあらゆる分野において共通化をもたらしているが、食事や酒という文化的な面もその例外ではないのだ。

 - 社会, 経済

  関連記事

g20washington201604s
相次ぐ日本経済にとっての逆風。追加緩和以外に手はないが、原油増産凍結が追い打ち

 この週末、日本経済にとってマイナスとなる出来事が相次いだ。熊本地震の影響もあり …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

jinmingen
台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ド …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

doller02
外貨準備の運用を民間に開放。一部からは金融機関の救済策との声も

 政府は外国為替資金特別会計(いわゆる外為特会)の運用方針を見直す。これまで外部 …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

softbankson02
ソフトバンク後継者のアローラ氏が私財を投じて同社株600億円分取得へ

 ソフトバンクグループは2015年8月19日、孫正義社長の後継者であるニケシュ・ …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

oecd201311
OECDが世界経済見通しを下方修正。米国への依存度高まる。日本は来年以降失速

 OECD(経済協力開発機構)は11月19日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …