ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グローバル経済の思わぬ影響。フランス人はワインを減らし、米国人や中国人は増やす

 

 ワイン大国といわれたフランスでワインの消費量が減っている。フランスでは過去5年間でワイン消費量は30%も減少した。街のビストロではフルボトルのワインが注文されることは少なくなり、グラスワインが主流になっているという。若い世代ではまったくワインを飲まない人も増えてきているという。サルコジ前大統領もビール派でほとんどワインを飲まなかった。

 だが日本や中国など東洋圏ではワインの消費量は大幅に伸びている。中国のワイン消費量は年25%の割合で急上昇しており、すでに英国を抜き世界5位の消費量になっているという。また米国も年10%程度の伸びを見せており、消費量ではすでに世界一位だ。

 一連の動きは世界経済のグローバル化に深く関係しているといわれる。グローバル化の進展によってライフスタイルが統一化してきているのだ。

 フランスのようにワインをたっぷりと飲み、ゆっくり食事をする習慣があった国は、よりカジュアルなスタイルに、米国のようにあまり成熟していなかった国はよりオーソドックスに、東洋の国々は西欧型にそれぞれ変化し、最終的に、ある程度カジュアルな西欧式に収束していくのである。

 職場でのアルコールに対する寛容度も全世界的に下がってきている。外交上のパーティでアルコール出さないケースも増えてきているという。評論家の福田和也氏はフランスに旅行した際、フランスの国内線でアルコール飲料を注文したところ、昼間の便にはアルコールは置いていないといわれ驚いたと述べている。

 かつて米国のカーター大統領がホワイトハウスに入って最初にしたことは、飲酒の制限であった。敬虔なバプテスト信者であったカーター大統領は政府高官が昼間から飲酒することを嫌ったのである。
 だが当時はレベルが違った。カーター大統領が禁止したのは、3杯を超えるマティーニ(ジンがベースの度数の高いカクテル)である。これはウラを返せば3杯までは皆飲んでいたということである。だが現在では雰囲気はまったく変わり、アルコールに対する姿勢は非常に厳しいといわれている。

  経済のグローバル化はあらゆる分野において共通化をもたらしているが、食事や酒という文化的な面もその例外ではないのだ。

 - 社会, 経済

  関連記事

genkintorihiki
銀行取引にさらに煩雑な確認作業が必要に。だが肝心の犯罪防止効果には疑問の声も

 犯罪収益移転防止法(犯罪による収益の移転防止に関する法律)が一部改正されるのに …

tosho
金融庁で企業統治改革の検討が始まる。本当に日本人はガバナンス強化を望むのか?

 上場企業の企業統治(コーポレートガバナンス)に関する具体策を検討する有識者会議 …

gabanansu
ないよりはマシ?安倍政権が成長戦略に企業統治を盛り込む方針を表明

 安倍首相は2014年6月3日、経団連の会合で講演し、コーポレートガバナンスを成 …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

kokusaishushi201401
1月の経常収支は予想通り大幅赤字。アベノミクスに徐々に変化の兆し

 財務省は2014年3月10日、2014年1月の国際収支を発表した。最終的な国の …

aplkessan
中国向けが絶好調のアップル決算。パナやソニーの年間売上高を四半期で突破

 米アップルは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。売 …

akachan
安倍首相が力を入れる第三子以降に特化した少子化対策は効果があるのか?

 安倍首相は2014年7月19日、少子化対策において特に第三子以降に特化するやり …

keizaimitoshiimf
IMFの最新世界経済見通し。ドル高と原油安で米国成長率を下方修正

 IMF(国際通貨基金)は2015年4月14日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

hitachieikoku
日立が英国鉄道事業で水漏れトラブル。だが、もっと大きな逆風が吹いている?

 日立が総力をあげて取り組んできた英国の鉄道事業で、新型車両のお披露目の当日に客 …

bento
弁当の路上販売規制問題。利害関係者が自説を堂々と主張しない日本の社会風土

 東京都は最近増加している弁当の路上販売について規制強化の検討を始めている。すで …