ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グローバル経済の思わぬ影響。フランス人はワインを減らし、米国人や中国人は増やす

 

 ワイン大国といわれたフランスでワインの消費量が減っている。フランスでは過去5年間でワイン消費量は30%も減少した。街のビストロではフルボトルのワインが注文されることは少なくなり、グラスワインが主流になっているという。若い世代ではまったくワインを飲まない人も増えてきているという。サルコジ前大統領もビール派でほとんどワインを飲まなかった。

 だが日本や中国など東洋圏ではワインの消費量は大幅に伸びている。中国のワイン消費量は年25%の割合で急上昇しており、すでに英国を抜き世界5位の消費量になっているという。また米国も年10%程度の伸びを見せており、消費量ではすでに世界一位だ。

 一連の動きは世界経済のグローバル化に深く関係しているといわれる。グローバル化の進展によってライフスタイルが統一化してきているのだ。

 フランスのようにワインをたっぷりと飲み、ゆっくり食事をする習慣があった国は、よりカジュアルなスタイルに、米国のようにあまり成熟していなかった国はよりオーソドックスに、東洋の国々は西欧型にそれぞれ変化し、最終的に、ある程度カジュアルな西欧式に収束していくのである。

 職場でのアルコールに対する寛容度も全世界的に下がってきている。外交上のパーティでアルコール出さないケースも増えてきているという。評論家の福田和也氏はフランスに旅行した際、フランスの国内線でアルコール飲料を注文したところ、昼間の便にはアルコールは置いていないといわれ驚いたと述べている。

 かつて米国のカーター大統領がホワイトハウスに入って最初にしたことは、飲酒の制限であった。敬虔なバプテスト信者であったカーター大統領は政府高官が昼間から飲酒することを嫌ったのである。
 だが当時はレベルが違った。カーター大統領が禁止したのは、3杯を超えるマティーニ(ジンがベースの度数の高いカクテル)である。これはウラを返せば3杯までは皆飲んでいたということである。だが現在では雰囲気はまったく変わり、アルコールに対する姿勢は非常に厳しいといわれている。

  経済のグローバル化はあらゆる分野において共通化をもたらしているが、食事や酒という文化的な面もその例外ではないのだ。

 - 社会, 経済

  関連記事

no image
相次ぐ大手企業の経営危機によって、会社の所有権論争が事実上決着した

  東京電力による原発事故や、シャープやルネサスエレクトロニクスの巨額赤字など、 …

nichigin02
マイナス金利政策になって突然、金融政策の効果が剥落した理由

 日銀のマイナス金利政策が逆風にさらされている。本来であれば、金融機関は融資拡大 …

googlecar02
グーグル2015年4~6月期決算。増収増益だが、更なる成長は自動運転待ち

 米グーグルは2015年7月16日、2015年4~6月期の決算を発表した。広告事 …

tenanmon
株価暴落の最大要因は中国の不透明性。混乱はほどなく収束すると思われるが・・・

 週明けの世界の株式市場は、先週に引き続いて大混乱となった。24日のニューヨーク …

no image
フランスの高級ワイナリーを中国人が大人買い。その真相は?

 フランスの2大ワイン産地の一つであるブルゴーニュ地方にある老舗ワイナリー(現地 …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …

yozawa
ネオヒルズ族与沢翼氏が資金ショートを告白。その理由は何と巨額の税金

 暴走族からネット起業家に転身し、1秒間に1億円稼ぐと豪語していた、フリーエージ …

aplkessan
中国向けが絶好調のアップル決算。パナやソニーの年間売上高を四半期で突破

 米アップルは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。売 …

ooigenpatu
大飯原発の停止要請をめぐる、政府と原子力委員会の「意味不明」

 唯一稼働中の原子力発電所である関西電力大飯原子力発電所をめぐって、政府と原子力 …

gold
ドイツ連銀が国外に保管している金塊の一部を国内に移送するワケ

 ドイツ連邦銀行は、米国とフランスに保管している金塊の一部をドイツに戻し、金保有 …