ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ピンク色のクラウンでも覆い隠せない、トヨタが抱えるブランド戦略上の苦悩

 

 トヨタが昨年12月に発表したピンク色の新型クラウンが話題となっている。堅物のイメージが強かったトヨタがこのような斬新なデザインの商品を投入してきたことは、トヨタが変わりつつあることの象徴と評価されている。
 だが新型クラウンの商品ラインナップをよく見ると、トヨタの前向きな変革というよりも、新しいコンセプトを打ち出せないトヨタの苦悩が滲み出ているという方が現実的だ。

 トヨタは戦後日本の企業社会とともに成長してきた会社といえる。トヨタの商品ラインナップは、日本企業の年功序列と終身雇用制度に密接に関連していたことで知られている。
 トヨタの車は基本的にサラリーマン層を主なターゲットとしており、会社での昇進と車のランクを一致させていた。係長→課長→部長という昇進コースと同じように、カローラ→コロナ→マークⅡという乗り換えコースを提案していたのである。この昇進コースの最終ポジションとなる商品がクラウンであった。

 だが90年代以降、起業家や外資系企業のビジネスマンなど、日本の古い企業社会の枠にあてはまらない新しいリッチ層が登場してきた。このようなニュー・リッチにターゲットを絞ったのが現在の最高級ブランドであるレクサスだ。
 レクサスのブランドは大成功を収めたが、その反動はクラウンやマークⅡといった既存ブランドにシワ寄せされた。終身雇用をはじめとする日本型企業社会が崩壊しつつあり、それに依存した既存ブランド車種の位置付けが不透明になってしまったのである。

 今回のクラウンのモデルチェンジはこの動きに対応したものと考えられている。だが新型のクラウンにおいて新しいコンセプトが打ち出されたのかというとそうではない。ハイブリッドモデルのエンジンが6気筒から4気筒に変更になるなど、事実上、クラウンを格下げしただけの形となっている。結局、どのような購買層を想定しているのは不透明なままだ。
 ピンク色といった奇抜な色の高級車を購入するのは、一般的にかなりの富裕層である。大衆車の最上位モデルとなってしまったクラウンにピンク色の車種を投入しても、それはクラウンの顧客層にはマッチしない(自動車ジャーナリスト)という手厳しい意見もある。

 ピンクのクラウンは話題作りが目的であり、それ自体の販売台数はトヨタもほとんど気にしていないだろう。だが、事実上の格下げとなったクラウンからは、足元の業績は好調だが、長期の戦略を描けずにいるトヨタの苦悩が垣間見えるようだ。

 - 経済

  関連記事

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

beerneage
ビールの店頭価格が上昇。背景にあるのは政府による安値販売の規制

 このところビールの店頭価格が上昇している。昨年の法改正によってビールの安値販売 …

kijijidousakusei
AP通信が決算記事の作成にロボットを導入。この動きは一般企業にも波及する

 通信社大手のAPは2014年6月30日、同社が提供する決算記事の作成にロボット …

building
アベノミクスの本質は資産バブル。多くの国民がそう理解している?

 「アベノミクスの効果は不動産に顕著に反映される」-多くの国民がそう考えているこ …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

yahoo02
低迷する米Yahooが何とか高収益を保っているのはヤフージャパンとアリババのおかげ?

 インターネット大手の米Yahooは7月16日、2013年第2四半期の決算を発表 …

jinkochinoibm
メガバンクで人工知能の活用が本格化。新産業革命の時代はすぐそこ?

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化している。制約条件の多い銀行業務での …

aruno
アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日 …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

bukkajoushou
物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続の …