ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ピンク色のクラウンでも覆い隠せない、トヨタが抱えるブランド戦略上の苦悩

 

 トヨタが昨年12月に発表したピンク色の新型クラウンが話題となっている。堅物のイメージが強かったトヨタがこのような斬新なデザインの商品を投入してきたことは、トヨタが変わりつつあることの象徴と評価されている。
 だが新型クラウンの商品ラインナップをよく見ると、トヨタの前向きな変革というよりも、新しいコンセプトを打ち出せないトヨタの苦悩が滲み出ているという方が現実的だ。

 トヨタは戦後日本の企業社会とともに成長してきた会社といえる。トヨタの商品ラインナップは、日本企業の年功序列と終身雇用制度に密接に関連していたことで知られている。
 トヨタの車は基本的にサラリーマン層を主なターゲットとしており、会社での昇進と車のランクを一致させていた。係長→課長→部長という昇進コースと同じように、カローラ→コロナ→マークⅡという乗り換えコースを提案していたのである。この昇進コースの最終ポジションとなる商品がクラウンであった。

 だが90年代以降、起業家や外資系企業のビジネスマンなど、日本の古い企業社会の枠にあてはまらない新しいリッチ層が登場してきた。このようなニュー・リッチにターゲットを絞ったのが現在の最高級ブランドであるレクサスだ。
 レクサスのブランドは大成功を収めたが、その反動はクラウンやマークⅡといった既存ブランドにシワ寄せされた。終身雇用をはじめとする日本型企業社会が崩壊しつつあり、それに依存した既存ブランド車種の位置付けが不透明になってしまったのである。

 今回のクラウンのモデルチェンジはこの動きに対応したものと考えられている。だが新型のクラウンにおいて新しいコンセプトが打ち出されたのかというとそうではない。ハイブリッドモデルのエンジンが6気筒から4気筒に変更になるなど、事実上、クラウンを格下げしただけの形となっている。結局、どのような購買層を想定しているのは不透明なままだ。
 ピンク色といった奇抜な色の高級車を購入するのは、一般的にかなりの富裕層である。大衆車の最上位モデルとなってしまったクラウンにピンク色の車種を投入しても、それはクラウンの顧客層にはマッチしない(自動車ジャーナリスト)という手厳しい意見もある。

 ピンクのクラウンは話題作りが目的であり、それ自体の販売台数はトヨタもほとんど気にしていないだろう。だが、事実上の格下げとなったクラウンからは、足元の業績は好調だが、長期の戦略を描けずにいるトヨタの苦悩が垣間見えるようだ。

 - 経済

  関連記事

bukkajoushou
物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続の …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

bukkajoushou
足元で東大物価指数が急上昇。急激な円安で消費者がとうとう値上げを受け入れ?

 足元で物価が再上昇する兆しが見えてきた。東京大学が中心となって作成した東大物価 …

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

bouekitoukei201403
3月の貿易赤字は1兆4463億円。赤字拡大のトレンドは継続している

 財務省は2014年4月21日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

shanhai
4月の中国主要経済統計。穏やかな回復は続いているが状況は今ひとつ

 中国国家統計局は5月13日、4月の主要経済指標を発表した。全体として強弱まちま …

setsubitousi
4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

apple
注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表し …

usakoyoutoukei201501
日本の製造業に朗報。米雇用統計は絶好調で6月利上げはオンスケジュールか?

 米労働省は2015年2月6日、1月の雇用統計を発表した。雇用者数の増加は市場予 …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …