ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ピンク色のクラウンでも覆い隠せない、トヨタが抱えるブランド戦略上の苦悩

 

 トヨタが昨年12月に発表したピンク色の新型クラウンが話題となっている。堅物のイメージが強かったトヨタがこのような斬新なデザインの商品を投入してきたことは、トヨタが変わりつつあることの象徴と評価されている。
 だが新型クラウンの商品ラインナップをよく見ると、トヨタの前向きな変革というよりも、新しいコンセプトを打ち出せないトヨタの苦悩が滲み出ているという方が現実的だ。

 トヨタは戦後日本の企業社会とともに成長してきた会社といえる。トヨタの商品ラインナップは、日本企業の年功序列と終身雇用制度に密接に関連していたことで知られている。
 トヨタの車は基本的にサラリーマン層を主なターゲットとしており、会社での昇進と車のランクを一致させていた。係長→課長→部長という昇進コースと同じように、カローラ→コロナ→マークⅡという乗り換えコースを提案していたのである。この昇進コースの最終ポジションとなる商品がクラウンであった。

 だが90年代以降、起業家や外資系企業のビジネスマンなど、日本の古い企業社会の枠にあてはまらない新しいリッチ層が登場してきた。このようなニュー・リッチにターゲットを絞ったのが現在の最高級ブランドであるレクサスだ。
 レクサスのブランドは大成功を収めたが、その反動はクラウンやマークⅡといった既存ブランドにシワ寄せされた。終身雇用をはじめとする日本型企業社会が崩壊しつつあり、それに依存した既存ブランド車種の位置付けが不透明になってしまったのである。

 今回のクラウンのモデルチェンジはこの動きに対応したものと考えられている。だが新型のクラウンにおいて新しいコンセプトが打ち出されたのかというとそうではない。ハイブリッドモデルのエンジンが6気筒から4気筒に変更になるなど、事実上、クラウンを格下げしただけの形となっている。結局、どのような購買層を想定しているのは不透明なままだ。
 ピンク色といった奇抜な色の高級車を購入するのは、一般的にかなりの富裕層である。大衆車の最上位モデルとなってしまったクラウンにピンク色の車種を投入しても、それはクラウンの顧客層にはマッチしない(自動車ジャーナリスト)という手厳しい意見もある。

 ピンクのクラウンは話題作りが目的であり、それ自体の販売台数はトヨタもほとんど気にしていないだろう。だが、事実上の格下げとなったクラウンからは、足元の業績は好調だが、長期の戦略を描けずにいるトヨタの苦悩が垣間見えるようだ。

 - 経済

  関連記事

tanker
ウォール・ストリート・ジャーナルが日銀に原油を買えと大胆提案!

 米経済紙のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が日銀に対して面白い提言を …

bananki
バーナンキ前FRB議長が銀行から住宅ローンの借り換えを拒絶されたことの解釈は?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、住宅ローンの借り換えについ …

towerbridge
英中央銀行がフォワードガイダンスを見直し。これってどういう意味?

 英国の中央銀行であるイングランド銀行は2014年2月12日、金融政策の見通しを …

kokusaishushi201307
7月の国際収支。貿易赤字を投資収益がカバーする成熟国型体質がより鮮明に

 財務省は9月9日、7月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は5 …

marines
日本の軍事費は世界第5位に。だが自衛隊の「質」はどの程度なのか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は4月15日、世界の軍 …

jinminginkou
中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4 …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

softbankken
ソフトバンクの決算が絶好調。ようやく携帯電話が繋がるようになるか?

 ソフトバンクが31日、半期決算を発表し、具体的な数値は公表しなかったものの、通 …

tosho05
年金運用の株式シフトが急加速。すでに買い出動を始めている可能性も

 公的年金の運用における株式シフトが一気に進みそうな状況となっている。背景には足 …

mof05
国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」 …