ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本でもインフルエンザの流行始まる。抗がん剤患者や老人などに周囲は配慮を

 

 米国ではインフルエンザが大流行しているが、日本でも本格的な流行がはじまりつつある。全国の保健所の調査によると、茨城、群馬、福島、千葉など北関東から南東北で警報レベルとなっており、東京や神奈川など南関東も注意報レベルに達している。西日本は佐賀、福岡を除いてはまだ感染は拡大していないが、これも時間の問題と思われる。

 インフルエンザの感染ルートで最も危険なのは、電車の吊革、エレベータのボタン、共用のキーボード、ATMなど不特定多数の人が接触するところ。これに触れた手で、口や目などに再び触れることで感染する。これらにはなるだけ触れない、あるいは触れた後は手洗いを行うなどの措置が必要である。
 また混雑した電車の中に感染者が一人でもいると一気に感染が広がるといわれている。できるだけ人ごみを避ける工夫も必要となる。

 米国では社内の会議をやめ、電話会議やメールなどで代行し、なるだけ人と触れ合わないように工夫するところも増えてきているという。不要な面会や会議を減らす工夫も大切だ。これは仕事の効率化にもつながってくる。

 またインフルエンザは体が弱い人には特に容赦なく襲い掛かる。病気がちの人や老人など、抵抗力が弱い人に対しては、上記の感染防止が徹底されるよう、周囲の人は配慮すべきである。
 また学術的な因果関係は証明されていないが、臨床に携わる医師の間では、抗ガン剤治療を行っているガン患者がインフルエンザに罹患すると、ガンの進行が急激に早まるというのはよく見られる事例だという。普通の生活をしながら通院で抗がん剤治療を行っている人もたくさんいる。こういった人達に対しても、上記のような周囲の理解が大切である。

 通常、インフルエンザの流行は1ヶ月以上続くことが多い。2月下旬頃までは注意が必要である。

 - 社会

  関連記事

PISTORIUS01
両足義足のランナー。南アフリカの自宅でモデルの恋人を銃で射殺

 両足義足のランナーとして史上初めて五輪出場を果たした南アフリカのオスカー・ピス …

sinchounakazuri
やっぱり革命政党?共産党が議員のラブラブ路チュー写真に激怒

 共産党の女性議員の路チュー写真が週刊誌に掲載された件で、共産党が激怒している。 …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …

businessman02
生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活 …

bunen02
タバコのない五輪が微妙な状況に。完全禁煙はもちろん分煙についても異論が続出

 厚生労働省が導入を検討している本格的な受動喫煙対策について、自民党内で反対意見 …

gun03
福岡の中学校拳銃誤射事件。校長は生徒に「一緒にがんばろう」と呼びかけ

 福岡県志免町の公立中学校の職員室で、生徒から没収した拳銃を男性教諭が誤射した事 …

inuniku
中国の犬肉祭に批判が殺到。捕鯨問題のヒントになる可能性も

 中国広西チワン族自治区の玉林市で毎年夏に行われる恒例行事「ライチ犬肉祭り」を目 …

shukatsu
就活は4年生からと政府が要請。だが建前を並べたところで、現実問題は解決しない

 政府は、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から、4年生の4月に変 …

linemorikawa
LINEの情報が韓国政府に筒抜けという報道。上場を前にLINEが大波乱

 無料通話チャット・アプリLINEの情報が韓国政府に筒抜けになっているという報道 …