ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本でもインフルエンザの流行始まる。抗がん剤患者や老人などに周囲は配慮を

 

 米国ではインフルエンザが大流行しているが、日本でも本格的な流行がはじまりつつある。全国の保健所の調査によると、茨城、群馬、福島、千葉など北関東から南東北で警報レベルとなっており、東京や神奈川など南関東も注意報レベルに達している。西日本は佐賀、福岡を除いてはまだ感染は拡大していないが、これも時間の問題と思われる。

 インフルエンザの感染ルートで最も危険なのは、電車の吊革、エレベータのボタン、共用のキーボード、ATMなど不特定多数の人が接触するところ。これに触れた手で、口や目などに再び触れることで感染する。これらにはなるだけ触れない、あるいは触れた後は手洗いを行うなどの措置が必要である。
 また混雑した電車の中に感染者が一人でもいると一気に感染が広がるといわれている。できるだけ人ごみを避ける工夫も必要となる。

 米国では社内の会議をやめ、電話会議やメールなどで代行し、なるだけ人と触れ合わないように工夫するところも増えてきているという。不要な面会や会議を減らす工夫も大切だ。これは仕事の効率化にもつながってくる。

 またインフルエンザは体が弱い人には特に容赦なく襲い掛かる。病気がちの人や老人など、抵抗力が弱い人に対しては、上記の感染防止が徹底されるよう、周囲の人は配慮すべきである。
 また学術的な因果関係は証明されていないが、臨床に携わる医師の間では、抗ガン剤治療を行っているガン患者がインフルエンザに罹患すると、ガンの進行が急激に早まるというのはよく見られる事例だという。普通の生活をしながら通院で抗がん剤治療を行っている人もたくさんいる。こういった人達に対しても、上記のような周囲の理解が大切である。

 通常、インフルエンザの流行は1ヶ月以上続くことが多い。2月下旬頃までは注意が必要である。

 - 社会

  関連記事

businessman
給料の世代間格差に変化の兆しが。高齢者以外は結局皆同じに?

 賃金など労働者の待遇に中高年と若年層で格差があることは以前から指摘されているが …

shoshutuchi
スイスに続いてドイツでも役員報酬制限の動き。背景にある株主主権という考え方

 欧州で企業経営者の高額報酬を制限する動きが活発になってきている。スイスでは今年 …

senryomap
福島原発80キロ圏内外の放射線量マップ。1年で40%の減少は多いのか少ないのか?

 文部科学省は3月1日、東京電力福島第1原発から半径80キロ圏内外で測定した昨年 …

tukijitwin
ツインタワーも登場!都のプロジェクトチームが築地建て替え案をとりまとめ

 築地市場の豊洲への移転問題について議論している東京都のプロジェクトチームが、築 …

no image
イタリアで地震予知の専門家に実刑というトンデモ判決。だがこれは別の見方もできる

 イタリアで22日、大地震の予知ができなかったとして、同国の地震予知の専門家ら7 …

trybol
スイスで経営者の高額報酬を制限する国民投票を実施。立役者の主張とは?

 企業幹部が受け取る高額報酬の制限をめぐってスイスで国民投票が実施される見込みと …

businessman
生活は良くならず努力しても報われないが、心は豊かという調査結果をどう見る?

 「努力しても報われない」が「心が豊かである」と考える日本人の割合が急増している …

no image
渋谷にオープンした女性専用バーが海外メディアで話題に

 渋谷に7月にオープンした女性専用バーが米国の複数メディアで紹介されちょっとした …

konchu
国連が飢餓対策に昆虫食を推奨。日本ではすでに昆虫食を趣味にしている人も

 国連食糧農業機関(FAO)は5月13日、世界の飢餓対策として、カブトムシやシロ …

nihonchokuhan
TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」 …