ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本でもインフルエンザの流行始まる。抗がん剤患者や老人などに周囲は配慮を

 

 米国ではインフルエンザが大流行しているが、日本でも本格的な流行がはじまりつつある。全国の保健所の調査によると、茨城、群馬、福島、千葉など北関東から南東北で警報レベルとなっており、東京や神奈川など南関東も注意報レベルに達している。西日本は佐賀、福岡を除いてはまだ感染は拡大していないが、これも時間の問題と思われる。

 インフルエンザの感染ルートで最も危険なのは、電車の吊革、エレベータのボタン、共用のキーボード、ATMなど不特定多数の人が接触するところ。これに触れた手で、口や目などに再び触れることで感染する。これらにはなるだけ触れない、あるいは触れた後は手洗いを行うなどの措置が必要である。
 また混雑した電車の中に感染者が一人でもいると一気に感染が広がるといわれている。できるだけ人ごみを避ける工夫も必要となる。

 米国では社内の会議をやめ、電話会議やメールなどで代行し、なるだけ人と触れ合わないように工夫するところも増えてきているという。不要な面会や会議を減らす工夫も大切だ。これは仕事の効率化にもつながってくる。

 またインフルエンザは体が弱い人には特に容赦なく襲い掛かる。病気がちの人や老人など、抵抗力が弱い人に対しては、上記の感染防止が徹底されるよう、周囲の人は配慮すべきである。
 また学術的な因果関係は証明されていないが、臨床に携わる医師の間では、抗ガン剤治療を行っているガン患者がインフルエンザに罹患すると、ガンの進行が急激に早まるというのはよく見られる事例だという。普通の生活をしながら通院で抗がん剤治療を行っている人もたくさんいる。こういった人達に対しても、上記のような周囲の理解が大切である。

 通常、インフルエンザの流行は1ヶ月以上続くことが多い。2月下旬頃までは注意が必要である。

 - 社会

  関連記事

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

shoshutuchi
スイスに続いてドイツでも役員報酬制限の動き。背景にある株主主権という考え方

 欧州で企業経営者の高額報酬を制限する動きが活発になってきている。スイスでは今年 …

hakushokubunri
インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立て …

kouroushou
お役所がなぜ「英断」できたのか?厚労省が厚生年金基金廃止に舵を切った本当の理由

 ファンド(投資信託)購入の見返りに現金100万円を受 け取ったとして、警視庁と …

businessman
生活は良くならず努力しても報われないが、心は豊かという調査結果をどう見る?

 「努力しても報われない」が「心が豊かである」と考える日本人の割合が急増している …

dentaku
家計を助けるため一家総出で労働。日本人の経済状況はかなり苦しくなっている?

 日本の家計にちょっとした異変が起きている。世帯主の収入が減少する一方、配偶者や …

touchou
うつによる休職や他社への転職、さらには出世候補までシステムが予測する時代に!

 「営業部の佐藤さんはうつで会社を休む可能性が高くなっています」「開発部の高橋さ …

no image
日本の男女平等ランキングは人権抑圧国家並み。だが本当の問題はもっと深刻だ!

 ダボス会議で知られる世界経済フォーラムは24日、世界男女平等ランキング(The …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …