ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

原子力規制委員会が明らかにした再稼動審査の方針。事故防止の観点がまったく欠如

 

 原子力規制委員会が打ち出した、7月以降に開始する原発の再稼動審査の内容について疑問の声が上がっている。

 原子力規制委員会では、7月以降、東京電力福島第1原発と同じ沸騰水型(BWR)の原子炉について、順次再稼動に関する審査を開始する。その際、放射性物質を除去できるフィルター付きベント(排気)装置の設置と原子炉の冷却作業を遠隔操作できる「第2制御室」の義務化などを検討していることを明らかにした。

 だがこれらの内容は福島原発の事故の教訓がまったく生かされておらず、本末転倒な内容となっており、疑問の声が多数上がっている。
 規制委員会が提示した義務化措置はどれも、事故が起こってからの処置をスムーズにするためのものであり、事故を未然に防ぐためのものではない。
 事故を根本的に防ぐためには、途方もないコストが必要であることから、規制委員会は最初からその選択肢を放棄している可能性がある。解釈の仕方によっては、原子力規制委員会は、同様の事故がもう一度発生することをすでに想定しており、その際に被害をもう少し小さくしようと考えているということにもなりかねない内容だ。

 そもそもベントとは、原子炉が圧力増加で破壊されてしまうのを防ぐために、有害な放射性物質をあえて外に出すという非常措置である。ベントを使うような事態は最終手段なのである。また放射性物質には気体のものもあり、フィルターをつけたところで完全に除去できるわけではない。

 一方で、稼働中の関西電力大飯原発のような加圧水型(PWR)は、格納容器が大きくベント装置の必要性は低いとし、一定の猶予期間を設ける方向だ。だが米国で事故を起こし大量の放射性物質を外部に放出したスリーマイル原発はPWR型であることを考えると、あまり説得力のある話にはならない。

 今回の福島原発の事故によって、国内では反原発の機運が高まっている。だが国民の中には、安全性が確立されるのであれば原発の利用もやむを得ないという意見の人もまだ多い。だが当の規制委員会からこのような内容の方針が提示されてしまうと、消極的支持者の人たちまで敵に回してしまう可能性がある。
 規制委員会が提示する内容のあまりのひどさに「実は規制委員会は反原発団体で、わざと原発支持者を的に回すような発言をしているのではないか?」(科学ジャーナリスト)というブラックジョークまで語られる始末である。日本の行政機構は完全にその機能を喪失してしまっているようである。

 - 政治, 社会, IT・科学

  関連記事

kaisatu
イマドキの新社会人の価値観は、実はバブル世代上司とそっくり

 人並みに働けば十分と考える新入社員が過去最高水準になったことが、日本生産性本部 …

orinpic
日本政府の借金1000兆円は、1964年の東京オリンピック開催が発端だった?

 2020年のオリンピック開催地を決定するIOC総会が間もなくアルゼンチンで開催 …

bigdata02
官民が注目するビックデータで深刻な人材不足。日本がいつも人材不足になる理由とは?

 ネット上の履歴など膨大な情報を分析しビジネスに有効活用するという、いわゆる「ビ …

sonmasayosi
ソフトバンクの孫社長がワシントンで講演し、買収の意義を強調。米当局は依然慎重姿勢

 ソフトバンクの孫正義社長は2014年3月11日、米ワシントンで講演し、米携帯電 …

komatsuichiro
憲法解釈見直しに関する実務のキーマン。小松長官は大丈夫なのか?

 集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈見直しの中心人物である小松一郎内閣法制局長官 …

roujin02
日本は立派な?年金制度があるのに高齢者貧困率が高いのはなぜか?

 国際連合は10月1日、高齢者の生活水準に関する国際比較調査の結果を発表した。日 …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

no image
エコカー補助金をもらっておきながら自動車税廃止を要求する厚顔無恥な自動車業界

 自動車業界関連団体は29日、自動車2税(自動車取得税と自動車重量税)の廃止を要 …

hakukirai02
薄熙来被告の初公判が始まる。公判では検察と全面対決の様相だが・・・・

 中国共産党の最高指導部入りが確実視されながら権力闘争で失脚し、収賄や横領の罪に …