ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

桜宮高校の入試中止問題。日本社会の論理性のなさが浮き彫りに

 

 大阪市立桜宮高校の男子生徒が体罰を受けた後に自殺した問題で、大阪市の橋下市長は2月に実施する予定の同校体育科入試の中止を求め、教育委員会はこれを受け入れた。最終的な決定権は教育委員会にあるものの、入試を強硬する場合には、橋下市長は予算執行権を行使しないと明言しており、教育委員会が拒否するのは難しい情勢だった。

 ただ橋下氏の方針に対して当初教育委員会は「直前の入試中止は受験生に混乱を招く」という意味不明の理由で反対の姿勢をとっていた。
 また一部のメディアからは橋下氏の方針を激しく批判する声も上がっていた。同校の入試をめぐる一連の議論は日本社会における論理性のなさをあらためて浮き彫りにした格好となっている。

 入試の中止を求める橋下氏の方針が本当に正しいのかは誰にも分からない。だが少なくとも橋下氏の論理は一貫している。
 橋下氏の理解では、体罰をうけて自殺する生徒が出たのは、体罰を行った教師個人の問題ではなく、体罰を容認する風潮、教師の暴走を止められず隠蔽工作を行う学校側の体制など、構造的な要因であるというものだ。構造的な問題が原因なのであれば、それを改善するには体制を一新する以外に方法はない。混乱を招くから中止できないというのは論点が完全にズレている。

 もちろん中止の方針に反対する意見があってもいい。もし橋下市長の方針に反対であれば、体罰容認の風潮や隠蔽工作がすべて個人の責任であるということを立証し、責任のある人物を具体的に列挙して処罰を促せばそれで解決できる問題だ。
 だが入試の中止に反対している人から出てくるのは「生徒の夢を奪う」「生徒は無実」といった情緒的なものばかりで、責任の所在をはっきりさせる声はまったく聞かれない。

 本誌は橋下氏の方針を必ずしも支持する立場ではないが、あまりにも論点がズレた議論が横行している現状を見ると、やはりこのままでは自律的に状況を改善させることは難しいとの印象を抱かずにはいられない。

 自殺事件を起こした学校の入試の可否すらまともに議論できない日本社会の論理性欠如はかなり深刻なレベルといってよいだろう。少々話が飛躍してしまうが、日本の国際的な競争力の低下も実はこの論理性の欠如と深く関連している。同高校の自殺問題が突きつけた事実は別な意味でも非常に重い。

 - 政治, 社会

  関連記事

merukeru03
ドイツの輸出超過に批判の声が高まる。だがこれはEUの自己矛盾を露呈しかねない

 好調な経済を背景に、欧州経済を支えてきたドイツに対して批判の声が高まっている。 …

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

hongkongcash
香港で現金輸送車から2億円バラマキ。輸送を請け負っていたのは、著名な民間軍事会社

 クリスマスイブの24日、香港の繁華街で現金輸送車から大量の現金が落下し、通行人 …

yosankyosho2015
オバマ政権が2015年度予算教書を発表。米国の財政収支改善がより明確に

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年会計年度(2014年10月~2015年 …

schieffer
従軍慰安婦問題に警鐘を鳴らすシーファー前駐日大使の話には耳を傾けるべきか?

 歴代の駐日米国大使らによる日米関係シンポジウムが5月3日、米国ワシントンで開催 …

monka
発達障害に関する文部科学省の調査。なぜか被災地域は調査対象から除外

 文部科学省は5日、全国の小中学校に通う児童生徒のうち、人とコミュニケーションが …

no image
理研がSTAP細胞論文に関する中間報告を発表。研究の本質部分は結論先送り

 理化学研究所は2014年3月14日、新しい万能細胞である「STAP細胞」に関す …

kokkaigijido
自民党内で大型補正予算論が台頭。税収は見積もりを下回っており国債増発は必至

 英国のEU離脱を受け、与党内で大型の景気対策を求める声が高まっている。中には2 …

orandotero
パリ同時テロ容疑者、5000発の銃弾を撃ち込んで急襲も、主犯格は拘束できず

 フランスの検察当局は2015年11月18日、同時テロ事件に関与したとみられる武 …

kokkaigijido02
憲法改正が参院選の争点に浮上。決断の時なのか、単なる拙速なのか?

 憲法改正論議を夏の参院選の焦点にしようという動きが活発になってきた。4月9日、 …