ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

桜宮高校の入試中止問題。日本社会の論理性のなさが浮き彫りに

 

 大阪市立桜宮高校の男子生徒が体罰を受けた後に自殺した問題で、大阪市の橋下市長は2月に実施する予定の同校体育科入試の中止を求め、教育委員会はこれを受け入れた。最終的な決定権は教育委員会にあるものの、入試を強硬する場合には、橋下市長は予算執行権を行使しないと明言しており、教育委員会が拒否するのは難しい情勢だった。

 ただ橋下氏の方針に対して当初教育委員会は「直前の入試中止は受験生に混乱を招く」という意味不明の理由で反対の姿勢をとっていた。
 また一部のメディアからは橋下氏の方針を激しく批判する声も上がっていた。同校の入試をめぐる一連の議論は日本社会における論理性のなさをあらためて浮き彫りにした格好となっている。

 入試の中止を求める橋下氏の方針が本当に正しいのかは誰にも分からない。だが少なくとも橋下氏の論理は一貫している。
 橋下氏の理解では、体罰をうけて自殺する生徒が出たのは、体罰を行った教師個人の問題ではなく、体罰を容認する風潮、教師の暴走を止められず隠蔽工作を行う学校側の体制など、構造的な要因であるというものだ。構造的な問題が原因なのであれば、それを改善するには体制を一新する以外に方法はない。混乱を招くから中止できないというのは論点が完全にズレている。

 もちろん中止の方針に反対する意見があってもいい。もし橋下市長の方針に反対であれば、体罰容認の風潮や隠蔽工作がすべて個人の責任であるということを立証し、責任のある人物を具体的に列挙して処罰を促せばそれで解決できる問題だ。
 だが入試の中止に反対している人から出てくるのは「生徒の夢を奪う」「生徒は無実」といった情緒的なものばかりで、責任の所在をはっきりさせる声はまったく聞かれない。

 本誌は橋下氏の方針を必ずしも支持する立場ではないが、あまりにも論点がズレた議論が横行している現状を見ると、やはりこのままでは自律的に状況を改善させることは難しいとの印象を抱かずにはいられない。

 自殺事件を起こした学校の入試の可否すらまともに議論できない日本社会の論理性欠如はかなり深刻なレベルといってよいだろう。少々話が飛躍してしまうが、日本の国際的な競争力の低下も実はこの論理性の欠如と深く関連している。同高校の自殺問題が突きつけた事実は別な意味でも非常に重い。

 - 政治, 社会

  関連記事

jimintohonbu
自民・公明が消費税率軽減策で合意。結局8%段階で軽減策は導入されず

 自民、公明両党は23日、与党税制協議会を開催し、焦点となっていた消費増税に対す …

cyprus03
キプロス支援策は大口預金者のみの負担で何とか決着。だが金融立国継続は絶望的?

 欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領とキプロスのアナスタシアディス大統領との …

futenma
普天間基地の県外移設に関する議論は、なぜ聞いていてスッキリしないのか?

 安倍首相は11日の衆院予算委員会において、米軍普天間飛行場の県外移設について「 …

abe201405
集団的自衛権見直しの報告書提出へ。ただ公明への配慮から閣議決定時期は流動的

 集団的自衛権の行使に関する憲法解釈見直しを議論している安倍首相の私的懇談会は、 …

higasi
東国原氏が下半身記事で週刊文春を提訴。今更名誉毀損でもないでしょ!

 東国原英夫・前宮崎県知事が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の …

merukeru04
ドイツでとうとう最低賃金導入へ。ドイツ経済はどう変わるのか?

 ドイツで全国一律の最低賃金制度が導入される可能性が高まってきた。メルケル首相が …

cameron
英国のEU離脱論に米国が懸念を表明。キャメロン首相は苦しい立場に

 EUからの離脱論が高まっている英国に対して、EUと米国が懸念を表明している。  …

trumpabe01
日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

chinaminshu
習近平氏が、民主党派代表と相次いで会談。中国には建前上、共産党以外の政党もある。

 習近平中国共産党総書記は25日、中国民主同盟、中国民主建国会など、中国の各民主 …