ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎える米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長の任期人事に注目が集まってきている。バーナンキ議長は、自身の将来についてオバマ大統領と話し合ったことはないとしているが、周囲の人物には退任をほのめかしており、続投しないことはほぼ確実視されている。

 バーナンキ氏の後任にはいろいろな人の名前があがっているが、もっとも有力なのは、現FRB副議長のジャネット・イエレン氏である。

 イエレン氏は女性経済学者でクリントン政権の大統領経済諮問委員会の委員長を務めた経験がある。2004年にはサンフランシスコ連邦準備銀行の総裁に就任し、2010年からは連邦準備制度理事会の副議長となっている。
 本業が学者であることから経済学的知見にまったく問題はなく、中央銀行での経歴も豊富なことから、実務家としても安心感がある。

 イエレン氏は基本的な考え方はバーナンキ議長と非常に近く、積極的な景気刺激策の継続によって失業率を下げることを重視している。失業率の低下のためであれば多少のインフレも許容するといういわゆる「ハト派」に属しており、インフレ退治のためには高金利による景気冷え込みも辞さずというタカ派とは一線を画している。

 失業率を政策の最優先課題にかかげるオバマ政権とのスタンスも近く、イエレン氏が就任すれば、現在の政策からの一貫性は維持される見込みだ。市場関係者の多くもバーナンキ体制の継続を望んでいるほか、初の女性FRB議長と言う話題性もあり、オバマ大統領にとってはうってつけの人物といえよう。

 米国経済は足元は順調に回復してきており、経済環境が好転し失業率が低下すれば自然に出口戦略に移行することが可能となる。ただ、予想以上にインフレが進むような事態となれば、タカ派との対立が激しくなり、金融政策の舵取りが難しくなるかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

congressionalreport
米議会が日米関係の報告書を提出。尖閣問題よりも従軍慰安婦問題が重要テーマ

 安倍首相の訪米を前に米議会調査局は15日、日米関係に関する報告書を発表した。日 …

tokyoelec
東京エレクトロンと米アプライドの「対等」な合併という真の意味は?

 半導体製造装置国内トップの東京エレクトロンと、世界シェアトップの米アプライドマ …

gpif
年金運用のポートフォリオが大幅変更に。だが実際には現状を追認しただけ

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6月7日、年金積立金の基本ポートフ …

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …

hasimoto20130113
橋下市長が体罰で自殺した生徒遺族に謝罪。教育委員会に対する知事関与の布石か?

 大阪市立桜宮高校の男子生徒がバスケットボール部顧問の男性教諭から体罰を受け自殺 …

sharpqalcomm
これではタダの受託開発!クアルコムとシャープが交わした驚愕の契約内容

 経営再建中のシャープは4日、米クアルコムとの提携を正式に発表した。市場ではシャ …

kindleunkimited
アマゾンが日本でも読み放題を開始。音楽業界の二の舞にはならない可能性が高い

 アマゾンジャパンは2016年8月3日、電子書籍の定額読み放題サービス「キンドル …

no image
エアバスと防衛大手BAEの合併案に異論噴出!頓挫する可能性も

 欧州航空大手エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの経営統合に、 …

casino
カジノ解禁をめぐって依存症の問題が急浮上。だが本質はそこではない

 現在、政府内部で検討が進むカジノ解禁をめぐって、ギャンブル依存症に関する話題が …

hasimoto2
橋下市長による朝日新聞との全面対決が意味するもの

 橋下徹大阪市長は17日、実父の出自などを報じた週刊朝日の記事について「きちんと …