ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎える米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長の任期人事に注目が集まってきている。バーナンキ議長は、自身の将来についてオバマ大統領と話し合ったことはないとしているが、周囲の人物には退任をほのめかしており、続投しないことはほぼ確実視されている。

 バーナンキ氏の後任にはいろいろな人の名前があがっているが、もっとも有力なのは、現FRB副議長のジャネット・イエレン氏である。

 イエレン氏は女性経済学者でクリントン政権の大統領経済諮問委員会の委員長を務めた経験がある。2004年にはサンフランシスコ連邦準備銀行の総裁に就任し、2010年からは連邦準備制度理事会の副議長となっている。
 本業が学者であることから経済学的知見にまったく問題はなく、中央銀行での経歴も豊富なことから、実務家としても安心感がある。

 イエレン氏は基本的な考え方はバーナンキ議長と非常に近く、積極的な景気刺激策の継続によって失業率を下げることを重視している。失業率の低下のためであれば多少のインフレも許容するといういわゆる「ハト派」に属しており、インフレ退治のためには高金利による景気冷え込みも辞さずというタカ派とは一線を画している。

 失業率を政策の最優先課題にかかげるオバマ政権とのスタンスも近く、イエレン氏が就任すれば、現在の政策からの一貫性は維持される見込みだ。市場関係者の多くもバーナンキ体制の継続を望んでいるほか、初の女性FRB議長と言う話題性もあり、オバマ大統領にとってはうってつけの人物といえよう。

 米国経済は足元は順調に回復してきており、経済環境が好転し失業率が低下すれば自然に出口戦略に移行することが可能となる。ただ、予想以上にインフレが進むような事態となれば、タカ派との対立が激しくなり、金融政策の舵取りが難しくなるかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

nichigin
資金循環統計を見れば、アベノミクスでお金がどう動いたのかが分かる

 日銀は2014年3月25日、2013年10~12月期の資金循環統計を発表した。 …

yosankyosho2015
オバマ政権が2015年度予算教書を発表。米国の財政収支改善がより明確に

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年会計年度(2014年10月~2015年 …

no image
スペインの2013年緊縮予算に市場は好感。それホントですか?

 スペインは27日、歳出削減に重点を置いた2013年予算案を提示した。ロイターが …

udeishoku
イラクで負傷した兵士の両腕移植が成功。皮肉にも戦争で米国の医療技術がさらに進んだ

 イラク戦争に派遣され従軍中に両手両足を失った米軍兵士が両腕の移植手術を受け回復 …

kimujonunashi
金正恩第一書記が足を引きずる映像が話題に。痛風による体調不良説も

 北朝鮮の金正恩第一書記が足を引きずっている映像が話題になっている。このところ金 …

winepod
ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が …

hageshukinpei201404
中国要人がヘーゲル国防長官の日本での発言に不快感を表明

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月7日、日本に引き続いて中国を訪問し、習近 …

shakaihoshouseidokaikaku
社会保障制度改革の具体策を議論する会議がスタート。サービス水準低下は不可避

 政府は2014年7月17日、社会保障制度改革推進会議の第1回会合を開催した。こ …

bananki
バーナンキFRB議長の議会証言。QE3早期終了は否定したが、年内の縮小開始を示唆

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は5月22日、米議会で証言し量的 …

imf201604
IMFが最新の世界経済見通しを発表。新興国経済の低迷が先進国にも波及

 IMF(国際通貨基金)は2016年4月12日、最新の世界経済見通しを発表した。 …