ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎える米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長の任期人事に注目が集まってきている。バーナンキ議長は、自身の将来についてオバマ大統領と話し合ったことはないとしているが、周囲の人物には退任をほのめかしており、続投しないことはほぼ確実視されている。

 バーナンキ氏の後任にはいろいろな人の名前があがっているが、もっとも有力なのは、現FRB副議長のジャネット・イエレン氏である。

 イエレン氏は女性経済学者でクリントン政権の大統領経済諮問委員会の委員長を務めた経験がある。2004年にはサンフランシスコ連邦準備銀行の総裁に就任し、2010年からは連邦準備制度理事会の副議長となっている。
 本業が学者であることから経済学的知見にまったく問題はなく、中央銀行での経歴も豊富なことから、実務家としても安心感がある。

 イエレン氏は基本的な考え方はバーナンキ議長と非常に近く、積極的な景気刺激策の継続によって失業率を下げることを重視している。失業率の低下のためであれば多少のインフレも許容するといういわゆる「ハト派」に属しており、インフレ退治のためには高金利による景気冷え込みも辞さずというタカ派とは一線を画している。

 失業率を政策の最優先課題にかかげるオバマ政権とのスタンスも近く、イエレン氏が就任すれば、現在の政策からの一貫性は維持される見込みだ。市場関係者の多くもバーナンキ体制の継続を望んでいるほか、初の女性FRB議長と言う話題性もあり、オバマ大統領にとってはうってつけの人物といえよう。

 米国経済は足元は順調に回復してきており、経済環境が好転し失業率が低下すれば自然に出口戦略に移行することが可能となる。ただ、予想以上にインフレが進むような事態となれば、タカ派との対立が激しくなり、金融政策の舵取りが難しくなるかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

trumpkakuhoyu
トランプ候補が党大会を期に現実路線に一気に転換。本選挙では有利な展開に?

 米共和党大会でドナルド・トランプ氏が正式が大統領候補に指名されたことを受け、同 …

abeobama201404
クールで事務的といわれるオバマ大統領。今回の首脳会談でもその傾向がハッキリと

 オバマ米大統領が来日し、安倍首相と首脳会談を行った。オバマ政権は、よく言えば実 …

nichigin04
日銀が物価目標の再度先送りを検討中。実施されれば何と5回目

 日銀が今月開催する金融政策決定会合において物価目標の見通しを引き下げ、物価目標 …

skymark03
JALとスカイマーク提携に国交省が待った?国家による救済は半永久的に尾を引く

 スカイマークは2014年11月21日、日本航空(JAL)と提携交渉を行っている …

IBM Lenobo
IBMの低価格ハード部門は中国企業へ売却。富士通でなかったのはかえって好都合?

 中国のパソコン・メーカーであるレノボ・グループ(聯想集団)は2014年1月23 …

hatarakumama
日本の「働くママ」の環境は最悪とのOECD報告。男女平等論で欠落している視点とは?

 OECD(経済協力開発機構)は17日、子供を持つ女性の給与格差に関する国際的な …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

mof
財務省が正式に人事発令。木下新次官は1年でポストを譲るのか?

 財務省は6月28日、正式な幹部人事を発令した。真砂靖事務次官の退任と木下康司主 …

gehongyo
GEが金融資産大量売却で本業回帰を加速。背景には絶好調な米経済

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は2015年4月10日、同社の金融部門が保有 …

jieitai
軍縮に走る欧米と火薬庫になるアジア。自衛隊の装備は質的に向上しているのか?

 米国や欧州が軍事費の大幅な削減を進める一方、アジア地域の軍事費が増大しているこ …