ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米大統領選挙、イスラエル支持をめぐって民主党大会が紛糾。米国社会に変化の兆候

 

  ノースカロライナ州シャーロットで開催中民主党全国党大会で、イスラエル問題でひと悶着があった。

 2008年までの綱領には、エルサレムをイスラエルの首都と断言する内容が盛り込まれていたが、12年の綱領にはこの内容がなかったことが後になって判明。オバマ大統領があわてて、エルサレムを首都とする内容を盛り込むように指示。急遽、政策綱領委員会議長を務めるテッド・ストリックランド元オハイオ州知事が提案した。

 ところが会場で決を採ったところ、ブーイングが続出。3度の音声投票を経てようやく可決となった。

 多くの報道ではアラブ系の出席者が猛反発したことになっているが、中東のアルジャジーラは、会場の雰囲気はそうではなく、全体的なブーイングであったと報じている。

 イスラエルに対する過剰な支持は最近米国内でも疑問視する声が多くなっている。オバマ陣営に対抗すべくロムニー陣営では積極的にイスラエル指示を打ち出しており、イスラエル側もロムニー氏に急接近している。だがロムニー氏も今は選挙中の身。当選後もまったく同様の路線を堅持するかどうかは保証の限りではない。

 かつて親イスラエル派は民主党の強力な支持基盤であった。だがイスラエルと米国の関係はすでに米ソ冷戦時代の産物のような位置付けになりつつある(日米安保も同じか?)。

 共和党大会でも、ロン・ポール氏(リバータリアン:連邦政府解体論者)の支持者(若手)が選挙のプロセスについて抗議するなど、共和党内でも亀裂があることが浮き彫りになっていた。

 今回の一連の騒動は、米国社会の世代交代が進み、質的変化が急速に進んでいることを如実に表している。日本人はこのことをもっとよく知る必要がある。

 - 政治

  関連記事

no image
自民総裁選、石破氏大健闘の背景には小泉進次郎あり

 自民党の総裁選で安倍元首相に敗れた石破茂前政調会長だが、地方からは圧倒的な支持 …

no image
日本人がノーベル医学生理学賞を受賞。日本の研究開発予算が貧弱という話は本当か?

 山中伸弥・京都大教授(50)がノーベル医学生理学賞を受賞した。人工多能性幹細胞 …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …

geitsu
ゲーツ元国防長官のオバマ大統領批判から、文民統制の本当の意味を考える

 米国のゲーツ元国防長官が近く発売される回顧録の中で、アフガン戦争をめぐるオバマ …

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …

obamakakusa
オバマ政権が富裕層課税を提唱。日米における格差の質的違いが際立つ

 オバマ政権は2015年1月18日、格差解消のため富裕層課税を強化する方針を打ち …

jf001
アルジェリアの人質事件で露呈した政府専用機のお粗末。日本は保有する資格なし

 政府は、アルジェリアで起きた人質事件の検証作業を進める中で、政府専用機の運用制 …

oukizan
習近平氏の腹心で兄貴分の王岐山氏が、常務委員続投を断念したことの政治的意味

 10月の中国共産党大会を目前に控え、習近平氏の腹心と言われた王岐山・中央規律検 …

no image
ミャンマーとの経済協力で日本は一歩リード。だが手放しでは喜べない

 民主化と経済開放が進みつつあるミャンマーとの経済協力について、日本が他国を一歩 …