ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業は新規事業に極めて消極的。革新的事業に至っては米国の5分の1

 

 コンサルティング会社のデロイト トーマツ コンサルティングは17日、日本企業におけるイノベーションの実態調査の結果を発表した。米国企業や中国企業と比較すると新規事業への取り組みが非常に消極的であることが明らかとなった。

 この調査は日本国内の上場・非上場の企業335社を対象に実施したもの。
 それによれば、日本企業が過去3年以内に市場に投入した新規事業領域が売上高に占める割合はわずか6.6%だった。米国や中国における同種の調査では、米国は11.9%、中国12.1%と日本の2倍近くの数値となっている。

 さらに新規事業の内容をより詳しく見ると日本企業がいかに停滞しているかがよりはっきりしてくる。米国は新規事業のうち、自社として新しいだけでなく世の中にとっても革新性の高い事業が半分以上を占めている。
 これに対して、日本企業における新規事業の中で、世の中にとっても革新性のある事業となっているのはわずかに11%だった。
 日本企業が取り組む新規事業は米国や中国の半分以下の水準であり、しかも新規事業のうちの90%は自社にとっての新規事業でしかなく、世の中にとっては新しくない事業ということになる。

 分かりやすい例をあげると、日本では大手の化学メーカーがサプリメントのTV通販事業を始めるというようなケースが圧倒的に多いということである。その会社にとっては新規事業でも、サプリメントのTV通販は世の中では既存事業でしかないからである。

 日本企業は完全に制度疲労を起こしており、成長しようという意志を放棄していることはかなり以前から明らかになっている。この調査結果は誰もが知っている事実をあらためて追認しているに過ぎない。
 だが問題なのは、日本社会全体が自閉的になり、新規の需要を生み出せない状況になっているのか、それとも市場自体には潜在的な需要があるものの、企業が適切な供給を実施できていないのかという点である。
 もし日本社会全体の問題であるならば、政治体制の根本的な変革が必要ということになる。だが単に日本企業が制度疲労を起こしているだけなのであれば、構造改革とリストラを徹底的に行えば、企業は自然と新規事業を生み出すことができるようになるはずだ。

 どちらが正しいのか?答えは市場にしかない。株価がそれを表すのだとすると、アベノミクスがもたらした円安が、本当に企業業績の向上と株価上昇につながってくるのかで結果は見えてくるだろう。

 - 経済

  関連記事

bukkajoushou
物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続の …

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

gunosi
ニュース・キュレーションのグノシーが上場。広告媒体として機能することが明らかに

 スマホ向けにニュース・キュレーション・サービスを提供するグノシー(Gunosy …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

frb
10月のFOMC。予想外に強気で「やはり年内利上げ」との声も

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年10月28日に開催したFOMC(連邦公 …

androidTV
グーグルが着々と進める家電のネットワーク化と人工知能化

 ネット検索最大手の米グーグルが、家電の人工知能化を急ピッチで進めている。同社が …

tousan
周回遅れの構造改革?倒産減少のウラで廃業が増加中

 企業の倒産が減少している。背景には景気の回復もあるが、中小企業金融円滑化法によ …

officebuiding
とうとう不動産市況が上向く?都心部のオフィス空室率が低下したが・・・・

 不動産仲介の三鬼商事は7日、東京都心におけるオフィスの空室状況を発表した。1月 …

maxcrunch
外国製の安価な菓子類が徐々に日本市場に進出。これは成熟国家日本の宿命である

 長らくガラパゴス状態が続いてきた日本の菓子市場に風穴が開きつつある。100円均 …