ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業は新規事業に極めて消極的。革新的事業に至っては米国の5分の1

 

 コンサルティング会社のデロイト トーマツ コンサルティングは17日、日本企業におけるイノベーションの実態調査の結果を発表した。米国企業や中国企業と比較すると新規事業への取り組みが非常に消極的であることが明らかとなった。

 この調査は日本国内の上場・非上場の企業335社を対象に実施したもの。
 それによれば、日本企業が過去3年以内に市場に投入した新規事業領域が売上高に占める割合はわずか6.6%だった。米国や中国における同種の調査では、米国は11.9%、中国12.1%と日本の2倍近くの数値となっている。

 さらに新規事業の内容をより詳しく見ると日本企業がいかに停滞しているかがよりはっきりしてくる。米国は新規事業のうち、自社として新しいだけでなく世の中にとっても革新性の高い事業が半分以上を占めている。
 これに対して、日本企業における新規事業の中で、世の中にとっても革新性のある事業となっているのはわずかに11%だった。
 日本企業が取り組む新規事業は米国や中国の半分以下の水準であり、しかも新規事業のうちの90%は自社にとっての新規事業でしかなく、世の中にとっては新しくない事業ということになる。

 分かりやすい例をあげると、日本では大手の化学メーカーがサプリメントのTV通販事業を始めるというようなケースが圧倒的に多いということである。その会社にとっては新規事業でも、サプリメントのTV通販は世の中では既存事業でしかないからである。

 日本企業は完全に制度疲労を起こしており、成長しようという意志を放棄していることはかなり以前から明らかになっている。この調査結果は誰もが知っている事実をあらためて追認しているに過ぎない。
 だが問題なのは、日本社会全体が自閉的になり、新規の需要を生み出せない状況になっているのか、それとも市場自体には潜在的な需要があるものの、企業が適切な供給を実施できていないのかという点である。
 もし日本社会全体の問題であるならば、政治体制の根本的な変革が必要ということになる。だが単に日本企業が制度疲労を起こしているだけなのであれば、構造改革とリストラを徹底的に行えば、企業は自然と新規事業を生み出すことができるようになるはずだ。

 どちらが正しいのか?答えは市場にしかない。株価がそれを表すのだとすると、アベノミクスがもたらした円安が、本当に企業業績の向上と株価上昇につながってくるのかで結果は見えてくるだろう。

 - 経済

  関連記事

bananki
FRBが量的緩和縮小を見送り。市場にとってはまったくの「想定外」

 米FRB(連邦準備制度理事会)は9月18日のFOMC(連邦公開市場委員会)にお …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

lawsonmitsubishi
資源価格下落で巨額赤字を抱える三菱商事がローソンを子会社化する事情

 三菱商事は2016年9月16日、コンビニ大手のローソンを子会社化すると発表した …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

matsuura
エイベックス松浦氏の富裕層イジメ発言を評価する際に注意すべき点とは?

 エイベックス・グループ・ホールディングス社長の松浦勝人氏による、日本は富裕層に …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

okane201407
インフレが予想されるのに、タンス預金増加の兆候。背景には何が?

 日銀の量的緩和策によってインフレ期待が徐々に高まりつつあるが、一方で、デフレの …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

imf201407
IMFの世界経済見通し。機関車役だった米国の失速で、多くの国が下方修正

 IMF(国際通貨基金)は2014年7月24日、世界経済見通しの改定値を発表した …

lottehoteru
ロッテグループのお家騒動で再び注目される、韓国の循環出資構造

 経営をめぐって創業家内部の争いが続いていたロッテホールディングスは2015年8 …