ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業は新規事業に極めて消極的。革新的事業に至っては米国の5分の1

 

 コンサルティング会社のデロイト トーマツ コンサルティングは17日、日本企業におけるイノベーションの実態調査の結果を発表した。米国企業や中国企業と比較すると新規事業への取り組みが非常に消極的であることが明らかとなった。

 この調査は日本国内の上場・非上場の企業335社を対象に実施したもの。
 それによれば、日本企業が過去3年以内に市場に投入した新規事業領域が売上高に占める割合はわずか6.6%だった。米国や中国における同種の調査では、米国は11.9%、中国12.1%と日本の2倍近くの数値となっている。

 さらに新規事業の内容をより詳しく見ると日本企業がいかに停滞しているかがよりはっきりしてくる。米国は新規事業のうち、自社として新しいだけでなく世の中にとっても革新性の高い事業が半分以上を占めている。
 これに対して、日本企業における新規事業の中で、世の中にとっても革新性のある事業となっているのはわずかに11%だった。
 日本企業が取り組む新規事業は米国や中国の半分以下の水準であり、しかも新規事業のうちの90%は自社にとっての新規事業でしかなく、世の中にとっては新しくない事業ということになる。

 分かりやすい例をあげると、日本では大手の化学メーカーがサプリメントのTV通販事業を始めるというようなケースが圧倒的に多いということである。その会社にとっては新規事業でも、サプリメントのTV通販は世の中では既存事業でしかないからである。

 日本企業は完全に制度疲労を起こしており、成長しようという意志を放棄していることはかなり以前から明らかになっている。この調査結果は誰もが知っている事実をあらためて追認しているに過ぎない。
 だが問題なのは、日本社会全体が自閉的になり、新規の需要を生み出せない状況になっているのか、それとも市場自体には潜在的な需要があるものの、企業が適切な供給を実施できていないのかという点である。
 もし日本社会全体の問題であるならば、政治体制の根本的な変革が必要ということになる。だが単に日本企業が制度疲労を起こしているだけなのであれば、構造改革とリストラを徹底的に行えば、企業は自然と新規事業を生み出すことができるようになるはずだ。

 どちらが正しいのか?答えは市場にしかない。株価がそれを表すのだとすると、アベノミクスがもたらした円安が、本当に企業業績の向上と株価上昇につながってくるのかで結果は見えてくるだろう。

 - 経済

  関連記事

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …

seigadai
韓国政府が若者の海外就職と海外起業を推奨。一部では「棄民政策」との声も

 韓国の朴槿恵次期大統領は11日、ソウルで開催されているグローバル就業博覧会を訪 …

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …

kaswase20130606
株高と円安は終わったのか?カギを握るのは購買力平価による為替レート

 日銀による異次元の緩和策以降、順調に進んできた円安と株高にブレーキがかかり始め …

sakane
ドイツに学べというコマツ坂根会長の発言が際立つ。日本はドイツになれるのか?

 政府の産業競争力会議のメンバーであるコマツの坂根正弘会長の発言が最近注目を集め …

IBM Lenobo
IBMの低価格ハード部門は中国企業へ売却。富士通でなかったのはかえって好都合?

 中国のパソコン・メーカーであるレノボ・グループ(聯想集団)は2014年1月23 …

ooigenpatu
エネルギー基本計画が閣議決定へ。各方面の要望をテンコ盛りでボヤける全体像

 自民・公明両党は、国のエネルギー政策の中長期的な指針となる「エネルギー基本計画 …

benesse
ベネッセ新社長がわずか3カ月で辞任。同社経営をめぐって創業家が混乱?

 教育大手ベネッセホールディングスが迷走している。プロ経営者であった原田泳幸氏の …

mizuho
新みずほ銀行がようやく発足。だが失われた10年はあまりにも長い

 みずほフィナンシャルグループのみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が7月1日合併 …