ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業は新規事業に極めて消極的。革新的事業に至っては米国の5分の1

 

 コンサルティング会社のデロイト トーマツ コンサルティングは17日、日本企業におけるイノベーションの実態調査の結果を発表した。米国企業や中国企業と比較すると新規事業への取り組みが非常に消極的であることが明らかとなった。

 この調査は日本国内の上場・非上場の企業335社を対象に実施したもの。
 それによれば、日本企業が過去3年以内に市場に投入した新規事業領域が売上高に占める割合はわずか6.6%だった。米国や中国における同種の調査では、米国は11.9%、中国12.1%と日本の2倍近くの数値となっている。

 さらに新規事業の内容をより詳しく見ると日本企業がいかに停滞しているかがよりはっきりしてくる。米国は新規事業のうち、自社として新しいだけでなく世の中にとっても革新性の高い事業が半分以上を占めている。
 これに対して、日本企業における新規事業の中で、世の中にとっても革新性のある事業となっているのはわずかに11%だった。
 日本企業が取り組む新規事業は米国や中国の半分以下の水準であり、しかも新規事業のうちの90%は自社にとっての新規事業でしかなく、世の中にとっては新しくない事業ということになる。

 分かりやすい例をあげると、日本では大手の化学メーカーがサプリメントのTV通販事業を始めるというようなケースが圧倒的に多いということである。その会社にとっては新規事業でも、サプリメントのTV通販は世の中では既存事業でしかないからである。

 日本企業は完全に制度疲労を起こしており、成長しようという意志を放棄していることはかなり以前から明らかになっている。この調査結果は誰もが知っている事実をあらためて追認しているに過ぎない。
 だが問題なのは、日本社会全体が自閉的になり、新規の需要を生み出せない状況になっているのか、それとも市場自体には潜在的な需要があるものの、企業が適切な供給を実施できていないのかという点である。
 もし日本社会全体の問題であるならば、政治体制の根本的な変革が必要ということになる。だが単に日本企業が制度疲労を起こしているだけなのであれば、構造改革とリストラを徹底的に行えば、企業は自然と新規事業を生み出すことができるようになるはずだ。

 どちらが正しいのか?答えは市場にしかない。株価がそれを表すのだとすると、アベノミクスがもたらした円安が、本当に企業業績の向上と株価上昇につながってくるのかで結果は見えてくるだろう。

 - 経済

  関連記事

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …

kousokumuryouka
GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。 …

akiya
全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に

 総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。全 …

googlecar01
Googleが自動車の自動運転システムを5年以内に実用化。その本当の狙い

 米Googleが自動車の自動運転の実用化にほぼメドをつけた。  同社は8月に、 …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

bitcoin
ビットコインの通貨以外への応用に注目集まる。実現すれば社会コストが激減

 インターネット上の仮想通貨ビットコインに関するあらたな活用方法に注目が集まって …

bananki
バーナンキ議長がとうとう量的緩和策終了に言及。いよいよ本格的なドル高が始まる?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は6月19日、連邦公開市場委員会 …

kokkaigijido
自民党内で大型補正予算論が台頭。税収は見積もりを下回っており国債増発は必至

 英国のEU離脱を受け、与党内で大型の景気対策を求める声が高まっている。中には2 …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

suntorypuremoru
サントリーが新浪氏のトップ就任に合わせて組織改編。とうとうビール部門が独り立ち

 サントリーホールディングスは2014年9月25日、ビール事業の分離などを柱とす …