ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州の国債入札が好調。日本に避難した資金が欧州に回帰して円安になった?

 

 欧州での国債入札が好調だ。22日に行われたスペイン国債の入札では、予想を上回る28億ユーロ(約3300億円)の調達に成功した。

 応札倍率は6ヶ月物で3.8倍と前回の2.6倍を大きく上回り、利回りも1.6%から0.89%と大幅に低下した。またイタリア国債の利回りもここ1年で半分近くも下落するなど、各国の資金調達をめぐる環境は劇的に改善している。
 根本的な解決には程遠いとはいえ、欧州債務問題が一段落したとの見方から、これまで危機回避モードであった投資資金が欧州市場に戻ってきているのだ。

 現在欧州で国債を購入している資金のうち、欧州域外からのものは、米国マネーと中東のオイルマネーが大半を占めていると考えられる。しかも中東のオイルマネーの一部は日本からも流出している可能性が高い。
 安倍政権の経済政策によって円安が実現したといわれているが、実は欧州に資金が戻っているというマクロ的な要因も大きく影響しているのだ。

 海外から日本に対する投資資金は2010年から2011年にかけて急増した。2010年の対内直接投資の額は10兆円そこそこだったが、2011年には22兆円近くに膨れ上がっている。
 日本の国債は日本人が保有しているとよくいわれているが、最近は状況がずいぶん変わってきている。短期債に限って言えば、3割近くが外国人投資家による保有であり、その多くは英国を経由した中東のオイルマネーであるといわれている。欧州債務危機で欧州から撤退した資金が日本国債に流れていたのである。

 だがここ数ヶ月で資金の流れが変化しつつある。流出に増加の兆しが見られるのだ。流出分は欧州の国債に再投資されている可能性が高く、この動きは為替にも大きな影響を与える。
 米国も景気回復が鮮明になってきており、今後日本からの資金流出は一定の水準で継続する可能性が高い。アベノミクスの内容はともかくとして、マクロ的な要因によって円安が定着する土壌は整えられつつある。

 - 経済

  関連記事

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …

sonyenergy
もはやゴミ箱?産業革新機構が今度は爆発事故の前歴があるソニーの電池事業を救済

 ソ ニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入った。22日の日 …

piketishasin
日本の所得上位1%が年収1300万円という識者の指摘は本当か?

 ピケティ・ブームが続く中、日本の所得上位1%は1300万円からという数字がネッ …

index2015
インデックス創業者の落合夫妻が揃って逮捕。転落のきっかけは自社の株式?

 東京地検特捜部は2014年5月28日、コンテンツ制作会社「インデックス」の創業 …

son
ソフトバンクが米3位の携帯電話会社を巨額買収したワケとは?

 ソフトバンクが米携帯3位のスプリント・ネクステルを買収する方針であることが明ら …

nichigin04
長期金利が0.5%割れ。量的緩和策スタート時の水準に戻る

 日本の長期金利が一段と低下している。10年物国債の利回りは約1年半ぶりに0.5 …

bouekitoukei 201407
貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …

abe
安倍総裁が金融政策に関する発言を全面撤回。無邪気な政治家が空けたパンドラの箱

 自民党は21日、次期衆院選の政権公約を正式発表した。この席で安倍総裁は、自身の …

kozeni
消費税の軽減税率導入が決定。どの商品を対象とするのかは巨大な政治利権に

 自民・公明の両党は11日、消費税増税に伴う低所得者への対策として、生活必需品の …