ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州の国債入札が好調。日本に避難した資金が欧州に回帰して円安になった?

 

 欧州での国債入札が好調だ。22日に行われたスペイン国債の入札では、予想を上回る28億ユーロ(約3300億円)の調達に成功した。

 応札倍率は6ヶ月物で3.8倍と前回の2.6倍を大きく上回り、利回りも1.6%から0.89%と大幅に低下した。またイタリア国債の利回りもここ1年で半分近くも下落するなど、各国の資金調達をめぐる環境は劇的に改善している。
 根本的な解決には程遠いとはいえ、欧州債務問題が一段落したとの見方から、これまで危機回避モードであった投資資金が欧州市場に戻ってきているのだ。

 現在欧州で国債を購入している資金のうち、欧州域外からのものは、米国マネーと中東のオイルマネーが大半を占めていると考えられる。しかも中東のオイルマネーの一部は日本からも流出している可能性が高い。
 安倍政権の経済政策によって円安が実現したといわれているが、実は欧州に資金が戻っているというマクロ的な要因も大きく影響しているのだ。

 海外から日本に対する投資資金は2010年から2011年にかけて急増した。2010年の対内直接投資の額は10兆円そこそこだったが、2011年には22兆円近くに膨れ上がっている。
 日本の国債は日本人が保有しているとよくいわれているが、最近は状況がずいぶん変わってきている。短期債に限って言えば、3割近くが外国人投資家による保有であり、その多くは英国を経由した中東のオイルマネーであるといわれている。欧州債務危機で欧州から撤退した資金が日本国債に流れていたのである。

 だがここ数ヶ月で資金の流れが変化しつつある。流出に増加の兆しが見られるのだ。流出分は欧州の国債に再投資されている可能性が高く、この動きは為替にも大きな影響を与える。
 米国も景気回復が鮮明になってきており、今後日本からの資金流出は一定の水準で継続する可能性が高い。アベノミクスの内容はともかくとして、マクロ的な要因によって円安が定着する土壌は整えられつつある。

 - 経済

  関連記事

choukikinri
デフレは構造的要因と譲らなかった白川前総裁はやはり正しかったのか?

 日本の長期金利低下が加速している。10月2日の債権市場では10年物国債の利回り …

no image
(速報)パナソニックが7650億円の赤字見通し。三洋買収の失敗が明らかに!

 パナソニックは31日、2013年3月期の中間決算を発表した。売上高は3兆638 …

b29
太平洋戦争に投入された戦費は天文学的数字。すべては日銀の国債引受で賄われた

 太平洋戦争の終結から68年が経過した。太平洋戦争の政治的、外交的な背景や経緯は …

wintel
業績回復も岐路に立たされるMSとインテル。旧世代IT企業はスマホを攻めるべきか?

 マイクロソフトやインテルといった旧世代IT企業の業績に回復の兆しが見え始めてい …

apple02
チャイナモバイル効果が出てきたアップル。利益率が急速に改善

 米アップルは2014年1月23日、2014年1~3月期決算を発表した。売上高は …

usakoyoutoukei201412
11月の米雇用統計は極めて良好。来月も同じ傾向が続けば円安が加速か?

 米労働省は2014年12月5日、11月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者 …

anansi
これぞ知識産業!草野球ツアーで観光客を誘致する阿南市の画期的な取り組み

 多くの自治体が観光客の招致を目指して各種振興策を立案しているが、お役所のセンス …

soros
ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

ieren02
FRB、緩和縮小を継続。ただし、利上げはまだ先で株価にはプラスか?

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は2014年6月18日、FO …