ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州の国債入札が好調。日本に避難した資金が欧州に回帰して円安になった?

 

 欧州での国債入札が好調だ。22日に行われたスペイン国債の入札では、予想を上回る28億ユーロ(約3300億円)の調達に成功した。

 応札倍率は6ヶ月物で3.8倍と前回の2.6倍を大きく上回り、利回りも1.6%から0.89%と大幅に低下した。またイタリア国債の利回りもここ1年で半分近くも下落するなど、各国の資金調達をめぐる環境は劇的に改善している。
 根本的な解決には程遠いとはいえ、欧州債務問題が一段落したとの見方から、これまで危機回避モードであった投資資金が欧州市場に戻ってきているのだ。

 現在欧州で国債を購入している資金のうち、欧州域外からのものは、米国マネーと中東のオイルマネーが大半を占めていると考えられる。しかも中東のオイルマネーの一部は日本からも流出している可能性が高い。
 安倍政権の経済政策によって円安が実現したといわれているが、実は欧州に資金が戻っているというマクロ的な要因も大きく影響しているのだ。

 海外から日本に対する投資資金は2010年から2011年にかけて急増した。2010年の対内直接投資の額は10兆円そこそこだったが、2011年には22兆円近くに膨れ上がっている。
 日本の国債は日本人が保有しているとよくいわれているが、最近は状況がずいぶん変わってきている。短期債に限って言えば、3割近くが外国人投資家による保有であり、その多くは英国を経由した中東のオイルマネーであるといわれている。欧州債務危機で欧州から撤退した資金が日本国債に流れていたのである。

 だがここ数ヶ月で資金の流れが変化しつつある。流出に増加の兆しが見られるのだ。流出分は欧州の国債に再投資されている可能性が高く、この動きは為替にも大きな影響を与える。
 米国も景気回復が鮮明になってきており、今後日本からの資金流出は一定の水準で継続する可能性が高い。アベノミクスの内容はともかくとして、マクロ的な要因によって円安が定着する土壌は整えられつつある。

 - 経済

  関連記事

fxkisei
金融庁が規制強化へ。ハイリスクなFX投資がここまで普及している国は日本だけ

 このところ金融業界に対する指導を強化している金融庁が、今度はFX(外国為替証拠 …

f15se
韓国が次期戦闘機としてF15を不採用。理由はステルス性能不足ということなのだが・・・・

 次期戦闘機の選定を行ってきた韓国政府は9月24日、最終選考に残っていた米ボーイ …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …

mujinheli
欧州でヘリの自動操縦デモを実施。飛行機やバスの無人化はもうすぐそこまで来ている

 欧州のヘリコプター・メーカーであるユーロヘリコプターは4月12日、完全に無人で …

nihonyusei
日本郵政が豪子会社で4000億円の減損。いきなり躓いた成長シナリオ

 日本郵政が買収したばかりの豪物流子会社について最大で4000億円の減損を計上す …

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

bydcar
中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メ …

super02
家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支 …

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

eigokyoiku
バイリンガル国家マレーシアにおける最大の課題は何と英語力不足

 バイリンガル国家として知られるマレーシアにおいて、理数系科目の授業を英語で行う …