ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

軍縮に走る欧米と火薬庫になるアジア。自衛隊の装備は質的に向上しているのか?

 

 米国や欧州が軍事費の大幅な削減を進める一方、アジア地域の軍事費が増大していることで、中東や欧州に代わってアジアが世界の火薬庫となりつつある。

 米国は軍事費削減に関する法律が施行され、今後10年間で4870億(約44兆円)の削減を実施する。また英国も2011年から4ヵ年で8%の軍事費削減を実施している最中である。
 このほかフランスやドイツなど欧州各国もここ20年で軍事費をドルベースで10%から35%程度縮小させている。

 これに対して中国は20年で軍事費を7倍に増やしており、今では米国に次ぐ軍事大国となっている。また韓国も2倍以上の増加を見せた。

 日本は20年前は世界屈指の軍事大国だったが、予算は横ばいが続いており、現在は中国の半分程度の水準だ。だが減少が続く欧州と比較すると、相対的には日本も軍備を増強していることになる。

 日本の軍事費については、中国の脅威に対抗するという観点から増額を求める声と、世界的な潮流にあわせて削減すべきという両方の声がある。確かに中国と韓国を除けば、世界は軍事費削減のオンパレードであり、安倍政権が提示した防衛費増額はその流れとは逆行している。
 日本の防衛予算増額の是非はともかくとして、日本の防衛力に関する議論で抜け落ちている点がある。それは防衛力の質に関する議論である。

 英国は確かに防衛費の削減を進めているが、金額以上に激しく削減しているのは兵員の数である。1960年代に30万人を超えていた英国軍兵士は現在では約10万人、2015年には8万人にまで減少する見込みである。
 これに対して日本の自衛隊員の数は1960年代から約27万人とほとんど変わっていない。しかも防衛費の増額にあわせて防衛省は自衛官の増員も求めている。
 つまり諸外国の軍隊はハイテク化が進み、人件費比率が低下しているにも関わらず、日本の自衛隊は人件費の比率が変わらない状態が続いているのだ。現代の軍隊はハイテク化が想像以上のスピードで進んでおり、同じオペレーションを以前よりもはるかに少ない人数で実行できるようになってきている。

 日本の自衛隊は下手をすると、ローテクでメタボな中高年体質になっている可能性があるのだ。日本は戦前にも軍隊の近代化に失敗した過去がある。兵員の数を減らし、近代装備に体質転換しようとしたが、軍内部の反発が強く思うような改革ができなかった。これが最終的には太平洋戦争の敗北につながってくる(宇垣軍縮)。
 中国の脅威に対する防衛体制の強化は結構だが、金額だけを見ていては本質を見誤る。量よりも質の問題が重要なのである。

 - 政治

  関連記事

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

chuusha
子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?

 子宮頸(けい)がんなど3ワクチンを定期接種の対象とする予防接種法改正案が3月2 …

doseikon
仏で大規模な同性婚反対デモが発生。その活動は世代間闘争の様相を呈してきている

 フランスの上院は4月12日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決した。2月には下 …

no image
ミャンマーとの経済協力で日本は一歩リード。だが手放しでは喜べない

 民主化と経済開放が進みつつあるミャンマーとの経済協力について、日本が他国を一歩 …

taiwangakusei
様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いま …

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …

h2a
偵察衛星打ち上げに成功。スタートから10年でようやく常時運用体制が整う

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、政府の情報収集衛星「レー …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

cameron2
英国でEU離脱を主張する政党が大躍進。EU問題が再び炎上か?

 英国でEU離脱をめぐる動きが再び活発化している。5月2日に統一地方選挙が実施さ …

fukusima
原子力規制委員会が明らかにした再稼動審査の方針。事故防止の観点がまったく欠如

 原子力規制委員会が打ち出した、7月以降に開始する原発の再稼動審査の内容について …