ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。安倍政権が掲げるデフレ脱却策のうち、金融緩和、財政出動に続く3つめとなる成長戦略について議論する。

 会合には、竹中平蔵慶大教授(元経済財政担当相)、武田薬品工業の長谷川閑史社長、楽天の三木谷浩史会長兼社長など10人の民間議員が参加した。会合は月数回のペースで進められ、会議での議論は「産業競争力強化法案」(仮称)として、国会に提出することも検討しているという。

 だが現在の安倍政権の体制でどれだけ実行力のある成長戦略を打ち出せるのかについては早くも疑問の声が上がっている。
 産業競争力会議の事務局を仕切っているのは主に経済産業省の官僚だが、事務局から出ているたたき台は、従来型の産業政策の焼き直しだからである。
 甘利明経済再生担当相は成長戦略の柱として、「産業再興プラン」「国際際展開戦略」「戦略市場創造プラン」の3分野を想定している。だがこれらの具体的な内容は、製造業の支援、インフラ輸出支援、医療・護ビジネス、再生可能エネルギーなど、旧自民党政権や民主党政権時代から言われて続けてきたものばかりだ。

 首相をトップとするこのような会議では、各論を議論してもあまり意味がない。大局的な見地で産業政策をどのような方向に持っていくのかを議論すべきであり、各省庁はそこで議論された方向性に沿って具体的な政策を立案していく必要がある。だがいつものことだが、このプロセスが逆になっており、官僚が今やりたい政策を提出して、有識者がこれを追認する場となってしまう可能性が高い。

 出席した民間議員の中にはこのことを憂慮している人もいる。
 コマツ会長の坂根正弘氏は提出資料の中で「いきなり具体的な施策の検討に入る前に日本の産業に関わる現状認識から議論をスタートすべき」「なぜ企業ばかり優遇するのかという点についてまず国民にしっかりと説明し、理解を得た上で進めるべきではないか」とかなり的確な指摘をしている。
 竹中平蔵氏も「競争力を議論する際の重点項目は何か?」「成長力・競争力を高めるための基本的な考え方は何か?」などを最初に議論すべき内容としている。また竹中氏は事務局主導でプランが進むことを危惧しており、事務局の議論に民間議員を参加させるやり方も提唱している。

 だが会議に関わる時間や回数に限界がある民間議員にできることは限られている。実務を仕切る事務局サイドの意向で会議が進む可能性は高く、これをどのようにコンとトールするのかが、政治の力である。だが現在の安倍政権にそれを実行する意志や能力のある人は残念ながらほとんどいない。

 - 政治, 経済

  関連記事

no image
低賃金労働は意外に強い!米国では職の2極分化が急激に進行中。さて日本は?

  NY連銀が米国における30年間の雇用の変化について分析したレポートを発表した …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

nichigin04
日銀が物価目標の再度先送りを検討中。実施されれば何と5回目

 日銀が今月開催する金融政策決定会合において物価目標の見通しを引き下げ、物価目標 …

naiburyuuho
希望の党のトンデモ公約で、再び企業の内部留保が注目の的に

 企業の内部留保の問題に再び焦点が当たっている。日本企業が多くの現預金を活用でき …

seifuzeichou
政府税調がスタート。だが重要な権限はすべて党税調に握られている

 安倍政権発足後としては初めてとなる、政府税制調査会(政府税調)の第1回目の会合 …

kuroda02
日銀が2度目の物価目標先送りでも追加緩和実施せず。頼みの綱は米利上げ

 日銀は2015年10月30日に開催した金融政策決定会合で、物価上昇率2%の達成 …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

harada
マック原田社長の事業会社社長退任が象徴する、日本経済の隔絶された環境

 日本マクドナルドホールディングスは8月27日取締役会を開催し、原田泳幸会長兼社 …

usakoyoutoukei201606
米雇用統計はポジティブサプライズ。米株は意外にしぶとい可能性も

 米労働省は2016年7月8日、6月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …