ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自民・公明が消費税率軽減策で合意。結局8%段階で軽減策は導入されず

 

 自民、公明両党は23日、与党税制協議会を開催し、焦点となっていた消費増税に対する軽減策について合意した。「消費税率の10%引き上げ時に軽減税率制度を導入することを目指す」との表現になり、公明党が求めていた消費税8%引き上げ時の導入は見送りとなった。

 消費税は2014年4月にまず8%になり、その後2015年10月に10%に引き上げられる。低所得者層を中心に負担増加が懸念されるため、その軽減策が検討されていた。

 公明党や自民党の一部からは、消費税が最初に導入される2014年4月時点での軽減策適用を求める声があったが、事務作業などが間に合わなくなる可能性などから慎重な意見も出ていた。結局、2014年4月時点での適用は見送られ、消費税が10%になる2015年10月からの適用となった。
 これによって2015年10月以降については食料品など生活必需品の税率は低く抑えられることになる。軽減策の適用が遅れたことへの対策としては、消費税率8%時に、低所得者に現金を給付する「簡素な給付措置」を導入することも決定した。給付額や対象は今後詰めるが、1人あたり1万円程度とみられる。

 だが一方で、自動車関連税制では、税率8%の段階で自動車取得税を引き下げることが決定しており、迅速さが目立つ形となっている。しかも自動車取得税は消費税率が10%に上がる2015年10月に廃止することも決定した。

 低所得者の懐に直結する生活必需品については、なかなか軽減策の導入が決まらず、自動車の販売促進につながる自動車税の軽減や廃止はスムーズに決まっている。自動車取得税の軽減と廃止は、消費増税の軽減策ではなく、自動車産業への支援策と解釈すべきであろう。

 また生活必需品の品目を何にするのかもまだ決まっていない。両党は今後「軽減税率制度調査委員会」を設置し、対象品目と軽減する税率などを議論するという。各業界は自社の商品を軽減税率の対象にしてもらうと、露骨なロビー活動を行っている。どの商品が対象となるのかで、各業界の政治力がどの程度なのか明らかになってくるだろう。

 - 政治

  関連記事

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

chukounen
中高年は若者のことを考えているのか?いないのか?

 日本の政策のほとんどは中高年向けのものに偏っている。その際たるものは年金受給額 …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

roujin02
生活保護世帯が過去最多を更新。制度のもっとも大きな問題点は何か?

 厚生労働省は2013年12月11日、9月に生活保護を受けた世帯が159万911 …

dappokusha
脱北者が北朝鮮に戻る事例が韓国で多発。北朝鮮による脅迫と懐柔の両面策

 北朝鮮から脱出し、韓国に一度は定住したいわゆる脱北者が、ふたたび北朝鮮に戻って …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

motegi003
エネルギー基本計画の政府案決定を霞が関文法で解釈すると?

 政府は2014年2月25日、原子力関係閣僚会議を開催し、新しい「エネルギー基本 …

koreishasisetu
日本創生会議が首都圏高齢者の地方移住を提言。その現実性は?

 民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は2015年6月4日、 …

rikokkyou
中国が公式のジニ係数を発表。中国の格差がもっと激しいのはもはや周知の事実

 中国国家統計局は18日、2012年のGDPの発表と合わせて、国民の所得格差を示 …