ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バフェット氏が所有する仏工場で悪臭ダダ漏れ。日本人によぎったある光景とは?

 

 フランス北部ルーアンにある化学工場で21日、腐った卵のような強い臭気を放つガスが大量に漏れ出す事故があった。ガスは人体には無害だが広範囲に拡散しており、100キロ近く離れたパリ市内で悪臭が漂った。その後風向きが変わり、今度は英仏海峡を越えて200キロ近くも離れたロンドン南部にも到達したという。パリでの悪臭は当日中に消えた。

 事故を起こしたのは、工業用潤滑剤や塗料添加物を生産しているルーブリゾール社が操業する工場。ガスは「メルカプタン」と呼ばれる種類で、都市ガスに添加してガス漏れに気付きやすくする用途でも使われるもの。人体に無害だがパリの緊急電話回線には一晩で1万人以上からの問い合わせがあり、悪臭による頭痛や喉の痛み、吐き気などを訴えたという。

 同社は実は、米国の著名投資家であるウォーレン・バフェット氏が所有している。さすがのバフェット氏も悪臭がパリやロンドンに到達することは予見できなかっただろう。

 フランスやイギリスではガスが無害であったことから、お騒がせな悪臭工場としてマスメディアで取り上げられただけで一連の騒動は終了した。だが日本人の中には不気味な記憶が甦った人もいる。福島原発の事故である。

 今回のガス漏れでは、200キロも離れたロンドンまで悪臭が到達している。臭いという空気中で消滅しやすいものですら、これだけ遠距離に運ばれるという事実は、大気中で消滅することがない放射性物質の飛散がいかに危険なのかをよく物語っている。
 福島原発で放出された放射性物質は遠く東京まで降り注いだが、臭いも味もしない。だが放射性物質に強烈な臭いが伴っていれば、東京は悪臭に包まれ、人々はパニックに陥っただろう。体感できないことは、人々の危機意識を麻痺させてしまう。だが人間が感じられないだけで、放射性物質は確実に各地に飛散しているのである。この事実を忘れてはならない。

 - 社会, 経済

  関連記事

kanmintaiwa
企業に設備投資を要請する官民対話。企業の財布は便利な財源?

 政府は2015年10月16日、企業に設備投資を促すための官民対話の初会合を開催 …

saitamaken
埼玉県がいじめ情報収集サイトを開設。完全に問題をすり替えた愚策。

 埼玉県教育局は、学校でのいじめを見聞きした児童生徒がその情報を提供するための携 …

doshakuzure
気象庁の特別警報を知るきっかけはテレビだけ。告知ルートの偏りが明らかに

 気象庁が「特別警報」の認知に関して実施したアンケート調査で興味深い結果が出てい …

shukatsu
就活は4年生からと政府が要請。だが建前を並べたところで、現実問題は解決しない

 政府は、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から、4年生の4月に変 …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

bafurakisu002
更迭されたギリシャのバルファキス外相。だが本人にとってはメリット?

 ギリシャのチプラス政権は、EUとの交渉チームの顔ぶれを一新した。新しい交渉チー …

seveneleven
セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半 …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …

kokusaishushi201402
経常赤字体質への転換を受け、政府は海外資本の誘致に舵を切り始めた

 財務省は2014年4月8日、2014年2月の国際収支を発表した。最終的な国の収 …