ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英キャメロン首相がEU脱退の国民投票実施を宣言。駆け引きにしては危険すぎるとの声も

 

 英国のキャメロン首相は23日、ロンドンで講演し、英国の欧州連合(EU)離脱を問う国民投票を実施する考えであることを明らかにした。

 キャメロン首相はこの中で、「EUと英国の関係を見直す」と述べ、英国がEUに残るか離れるかの二者択一方式の国民投票を実施する考えを示した。ただ国民投票を実施するまでには4年の時間的猶予があり、しかも2014年に実施される総選挙でキャメロン首相が率いる保守党が政権を維持した場合という条件がついている。

 英国では以前からEU脱退論が議論されてきたが、大方の英国人はEUには肯定的といわれる。だが一部の保守的な層は、EUが英国に対して何のメリットももたらしていないとして激しく反発しており、これが現政権に対する不信感にもつながっている。
 キャメロン首相があえて国民投票の実施に踏み切った背景には、EUに関する議論に決着を付け、今後の政権運営を安定化させたいという政治的思惑がある。

 EU側も基本的にはキャメロン首相の政治的賭けであり、最終的に英国はEUにとどまるものの、交換条件として英国に有利な措置を要求してくる可能性が高いと考えている。
 実際英国は、EUが加盟国に課している条件はフランスやドイツにばかり有利であるとして、EUに残留する代わりに英国に対する特別待遇を要求してきたという過去がある。
 英国の主張も半分は正当なもので、EUにおける巨額の支出のほとんどを占める農業補助金は農業国であるフランスに有利なように設計されている。また経済水準が低い国へのインフラ支援策は、これらの国に工場を多数保有するドイツのための政策といえる。
 一方で英国は、EUのインフラをうまく活用しつつ、税制や制度面の規制緩和を進め、より有利に金融ビジネスを進めてきたという面もある。

 フランスのオランド大統領は、キャメロン首相の発言について「基本的には英国人が決めること」としつつも「EU脱退をめぐって英国と条件交渉する気はない」として、英国が行うであろう駆け引きを早くも牽制した。ドイツのメルケル首相は、多少英国に配慮した発言を行っている。

 英国の国民投票によってEUがまた不安定化するとの見方も一部では出ているが、国民投票の実施が2017年とかなり先であることから、市場関係者の多くは状況を冷静に受け止めている。だが国民投票の結果次第では、本当に英国がEUから離脱してしまうリスクも残っており、国民投票の次期が近づいてくると、市場の波乱要因になる可能性もある。キャメロン首相の今回の講演は、政治的駆け引きにしては少々危険すぎるものかもしれない。

 - 政治

  関連記事

no image
韓国の家計部門が危機的水準に突入と海外メディアが報道

 韓国の家計債務の可処分所得比率が危機的レベルに近づきつつあるといくつかの海外メ …

beichushunoukaidan20141113
APEC終了後、米中が長時間の首脳会談を実施。米中関係はより実務的な段階へ

 米国のオバマ大統領と中国の習近平国家主席は2014年11月11日、北京で開催さ …

mujinkikubo
米海軍が無人艦載機の空母からの発艦をデモ。軍隊のロボット化が急ピッチで進む

 米海軍は5月14日、無人機を空母から発艦させるデモンストレーションを実施した。 …

ilc
次世代加速器ILCの日本誘致論。背後には4000億円という巨額の土木工事が存在する

 宇宙誕生の謎を研究する次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致 …

chukounen
中高年は若者のことを考えているのか?いないのか?

 日本の政策のほとんどは中高年向けのものに偏っている。その際たるものは年金受給額 …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …

euro02
キプロスが早くも資金不足。だがEUの官僚たちはそんなことは百も承知?

 総額100億ユーロ(約1兆3000億円)にのぼるユーロ圏からの支援が決定してい …

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

seichousenryaku201406
新成長戦略の骨子が明らかに。従来とはうって変わって構造改革的な要素が前面に

 政府の産業競争力会議は2014年6月10日、今月下旬に閣議決定が予定されている …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …