ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

公明党の山口代表がようやく習氏と会談。中国は得意のゆさぶり攻撃で日本側を翻弄

 

 中国訪問中の公明党の山口代表は25日、中国共産党の習近平総書記と北京の人民大会堂で会談した。習氏が総書記に就任して以来、日本の与党幹部との会談に応じるのは初めて。山口代表は安倍首相の親書を習氏に手渡した。

 中国との関係改善を目指して訪中した山口氏だが、中国側はなかなか習総書記との会談をセットせず揺さぶりをかけ続けてきた。
 山口氏の訪中は22日から25日だが、渡航前には会談の日程はまったく明かされず、北京到着後も唐家セン元外相との会談があったきりで、それ以外の時間は、博物館の見学などをして過ごす羽目になった。

 23日になって中国側から「25日に要人との会談を設定する」と通告があったが、相手誰なのかは明かされず、24日にようやく中国共産党の王家瑞中央対外連絡部長や楊潔チ外相との会談が実現し、ようやく習総書記との会談にこぎつけた。
 この間中国は、同じく親書を携えた韓国の特使には習総書記が真っ先に会談に応じるなど、露骨な対応をしていた。

 もっとも共産圏ではこのような駆け引きは日常茶飯事だ。田中角栄元首相が中国を訪問した際も、訪中時には毛沢東氏に会える保障はまったくなかったという。中国側からは何の連絡もなく、田中氏は帰国後の失脚も覚悟したといわれている。最終日の深夜に突然呼び出しがかかり、田中氏は毛沢東氏と歴史的会談を行った。
 クリントン政権時代に北朝鮮を訪問したオルブライト国務長官は、訪問中何度も日程変更を一方的に通知され、事前予告なしにマスゲームの席に案内されてしまった。オルブライト氏を讃えるマスゲームを観戦する映像が世界に流され、帰国後オルブライト氏は北朝鮮の体制に迎合したと激しい非難を浴びる結果となった。

 中国は改革開放路線に転じて以来、外交団に対する露骨な嫌がらせは少なくなったが、基本的なスタンスは変わっていない。ホームであること最大限利用し、スケジュールを混乱させて相手を追い込んでいく。絶望的になったところで急に会談をセッティングして、有利な条件を引き出す作戦である。今回の訪中においても、山口代表が要人に会えないので、日本側には一時、焦りの色が見られたという。

 中国はそういう行為を平気で行う国だというイメージがあるだけでも、外交交渉は有利になる。中国は開かれてきているとはいえ、共産国家であるという事実は忘れてはならないだろう。

 - 政治

  関連記事

taiwanshobancho
10年以内に台湾問題を解決するとも取れる、習近平主席による注目発言の背景とは

 中国が台湾の統一工作に積極的に乗り出している。APEC(アジア太平洋経済協力会 …

mistral
すぐにでも強襲揚陸艦の引き渡しを実施したいフランスとロシアのホンネ

 フランス政府は2014年9月3日、ロシアに提供される予定であったミストラル級強 …

George Washington
無意味な米兵の外出禁止令。問題の本質を隠す意図があるのでは?

 在日米軍兵士による事件が相次いでいることを受けて、在日米軍では外出禁止に加えて …

abeaso
見かけ上?好調なGDPの数値から、安倍政権内部で消費増税先送り論が台頭。

 2013年1~3月期の国内総生産(GDP)の数値が好調だったことから、参院選を …

satsutaba
甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。 …

su24
トルコがロシア軍機を領空侵犯で撃墜。何とも面倒なアサド政権の存在

 トルコ政府は2015年11月24日、内戦が続くシリアとトルコの国境付近において …

kyuryo
今年も賃上げは確実だが、企業があまり積極的になっていない理由

 安倍政権が賃上げに向けて本格的に動き出している。昨年度に引き続き、財界に対して …

fcatokai
米国からのプルトニウム返還要請は何を意味しているのか?

 日本政府が、米国から研究用として提供されていた高濃度プルトニウムを、米国に返還 …

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

asean
ASEAN首脳会議。議長国カンボジアが中国に遠慮し領有権問題を文面から勝手に削除

 カンボジアのプノンペンで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に …