ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

公明党の山口代表がようやく習氏と会談。中国は得意のゆさぶり攻撃で日本側を翻弄

 

 中国訪問中の公明党の山口代表は25日、中国共産党の習近平総書記と北京の人民大会堂で会談した。習氏が総書記に就任して以来、日本の与党幹部との会談に応じるのは初めて。山口代表は安倍首相の親書を習氏に手渡した。

 中国との関係改善を目指して訪中した山口氏だが、中国側はなかなか習総書記との会談をセットせず揺さぶりをかけ続けてきた。
 山口氏の訪中は22日から25日だが、渡航前には会談の日程はまったく明かされず、北京到着後も唐家セン元外相との会談があったきりで、それ以外の時間は、博物館の見学などをして過ごす羽目になった。

 23日になって中国側から「25日に要人との会談を設定する」と通告があったが、相手誰なのかは明かされず、24日にようやく中国共産党の王家瑞中央対外連絡部長や楊潔チ外相との会談が実現し、ようやく習総書記との会談にこぎつけた。
 この間中国は、同じく親書を携えた韓国の特使には習総書記が真っ先に会談に応じるなど、露骨な対応をしていた。

 もっとも共産圏ではこのような駆け引きは日常茶飯事だ。田中角栄元首相が中国を訪問した際も、訪中時には毛沢東氏に会える保障はまったくなかったという。中国側からは何の連絡もなく、田中氏は帰国後の失脚も覚悟したといわれている。最終日の深夜に突然呼び出しがかかり、田中氏は毛沢東氏と歴史的会談を行った。
 クリントン政権時代に北朝鮮を訪問したオルブライト国務長官は、訪問中何度も日程変更を一方的に通知され、事前予告なしにマスゲームの席に案内されてしまった。オルブライト氏を讃えるマスゲームを観戦する映像が世界に流され、帰国後オルブライト氏は北朝鮮の体制に迎合したと激しい非難を浴びる結果となった。

 中国は改革開放路線に転じて以来、外交団に対する露骨な嫌がらせは少なくなったが、基本的なスタンスは変わっていない。ホームであること最大限利用し、スケジュールを混乱させて相手を追い込んでいく。絶望的になったところで急に会談をセッティングして、有利な条件を引き出す作戦である。今回の訪中においても、山口代表が要人に会えないので、日本側には一時、焦りの色が見られたという。

 中国はそういう行為を平気で行う国だというイメージがあるだけでも、外交交渉は有利になる。中国は開かれてきているとはいえ、共産国家であるという事実は忘れてはならないだろう。

 - 政治

  関連記事

businessman02
内閣府の世論調査。個人か国かとの問いで、個人とする割合が過去最高に

 内閣府は2015年3月23日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。「国や …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

kokusaishushi201402
経常赤字体質への転換を受け、政府は海外資本の誘致に舵を切り始めた

 財務省は2014年4月8日、2014年2月の国際収支を発表した。最終的な国の収 …

kitachosenmisaru02
北朝鮮がミサイルの追加発射を準備?一方では米朝交渉を探る神経戦

 核実験を実施したばかりの北朝鮮で、今度は弾道ミサイルの追加発射の可能性が出てき …

00004
米大統領選挙2回目のTV討論会が終了。結果はオバマ大統領優勢

 大統領選挙の2回目のTV討論会が、現地時間の16日夜(日本時間17日午前)、ニ …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …

kyuryo
給与増で法人税減税措置。だが多くの企業で給料が増えることはない

 自民党税制調査会は8日、給与を増額した企業に対して法人税を減額する新たな制度を …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

hatoyamachina
小野寺防衛相の鳩山氏「国賊」発言は、中国側を利するだけ

 文化交流の名目で訪中し、中国よりの発言を繰り返している鳩山元首相に対して、とう …