ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

香港ママvs本土ママ。春節を前に香港で再び粉ミルク騒動が勃発

 

 中国で春節(旧正月)の休暇が近づいていることから、香港で再び粉ミルクの争奪戦が始まっている。香港ママは本土ママに粉ミルクを奪われまいと必死の形相だ。

 中国本土では2008年に毒物入りの粉ミルクが社会問題化したことをきっかけに、安全な香港の粉ミルクに対する需要が急増した。
 本土から香港に渡り、粉ミルクをまとめ買いする人が増えており、春節の休暇には大量の本土人が香港に押し寄せ、粉ミルクを購入することが予想される。このため一部の業者は本土人に粉ミルクを高く売りつけようと、買占めを行っており、香港市内で粉ミルクが不足しているのである。

 香港の特区政府は、香港市民からの批判を受けて対策を講じる方針を明らかにしているが、販売そのものを規制することはできないというスタンスだ。ただ一部の業者は1人あたりの販売数を制限することに同意しているという。

 中国本土の生活水準が向上するにつれ、文化的レベルの高い香港への注目度が高くなってきている。粉ミルクだけでなく、出産そのものを香港で行う本土人の母親が増えているのだ。

  香港は中国本土からの移住を基本的に制限しているが、香港で生まれた子供には永住権を申請する権利がある。香港は本土に比べて教育水準が高く、福祉制度も充実していることから、本土の比較的裕福な中間層を中心に香港で越境出産するケースが増えている。2011年の香港での出産のうち約40%が本土人の越境出産であったといわれる。香港では産婦人科のベットが不足し出産費用が高騰していることから、大きな社会問題となっている。
 香港で生まれた本土人の子供が香港の学校に通うために、毎日本土から通学する光景はもはや日常的なものだという。

 出産から粉ミルク、さらには学校までもが本土人に占拠される状態に、香港のママ達の怒りは頂点に達しているという。

 - 社会

  関連記事

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

nisegusuri
調剤薬局の偽造薬問題。日本の医薬品行政はまともに機能していない

 C型肝炎治療薬の偽造薬が薬局チェーンで発見されるという、前代未聞の事件が発生し …

hotelinside
千野アナの事故報道を巡って様々な憶測が飛び交う。原因はマスコミの報道姿勢にあり

 元フジテレビの千野志麻アナウンサーが正月休暇中に起こした死亡事故について、報道 …

jinkouchino
学会誌の女性イラスト事件から考える、オープンな現代社会を生き抜く知恵

 人工知能学会は2014年1月9日、1月発行の同学会誌表紙に掲載された女性のイラ …

rikenchousakekekka
STAP細胞疑惑の最終報告。やはり科学的真実は分からずじまい

 理化学研究所は2014年4月1日、新しい万能細胞である「STAP細胞」の論文問 …

planb1step
米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店 …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

uchishiba
無罪を確信していた内柴被告。下半身の行動とは正反対のあきれたナイーブさ

 東京地裁は1日、酒に酔った10代の女子柔道部員に性的暴行をしたとして準強姦(ご …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …