ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

香港ママvs本土ママ。春節を前に香港で再び粉ミルク騒動が勃発

 

 中国で春節(旧正月)の休暇が近づいていることから、香港で再び粉ミルクの争奪戦が始まっている。香港ママは本土ママに粉ミルクを奪われまいと必死の形相だ。

 中国本土では2008年に毒物入りの粉ミルクが社会問題化したことをきっかけに、安全な香港の粉ミルクに対する需要が急増した。
 本土から香港に渡り、粉ミルクをまとめ買いする人が増えており、春節の休暇には大量の本土人が香港に押し寄せ、粉ミルクを購入することが予想される。このため一部の業者は本土人に粉ミルクを高く売りつけようと、買占めを行っており、香港市内で粉ミルクが不足しているのである。

 香港の特区政府は、香港市民からの批判を受けて対策を講じる方針を明らかにしているが、販売そのものを規制することはできないというスタンスだ。ただ一部の業者は1人あたりの販売数を制限することに同意しているという。

 中国本土の生活水準が向上するにつれ、文化的レベルの高い香港への注目度が高くなってきている。粉ミルクだけでなく、出産そのものを香港で行う本土人の母親が増えているのだ。

  香港は中国本土からの移住を基本的に制限しているが、香港で生まれた子供には永住権を申請する権利がある。香港は本土に比べて教育水準が高く、福祉制度も充実していることから、本土の比較的裕福な中間層を中心に香港で越境出産するケースが増えている。2011年の香港での出産のうち約40%が本土人の越境出産であったといわれる。香港では産婦人科のベットが不足し出産費用が高騰していることから、大きな社会問題となっている。
 香港で生まれた本土人の子供が香港の学校に通うために、毎日本土から通学する光景はもはや日常的なものだという。

 出産から粉ミルク、さらには学校までもが本土人に占拠される状態に、香港のママ達の怒りは頂点に達しているという。

 - 社会

  関連記事

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

shogakuichinensei
小学1年生、将来就きたい職業には定番が並んでいるが・・・

 化学メーカーのクラレは2015年4月2日、2014年における、小学1年生の「将 …

uchishiba
無罪を確信していた内柴被告。下半身の行動とは正反対のあきれたナイーブさ

 東京地裁は1日、酒に酔った10代の女子柔道部員に性的暴行をしたとして準強姦(ご …

tokyofukei001
日本人はもっとも市場メカニズムを信用していないが、富の再配分にも否定的

 日本人は先進国の中でもっとも市場メカニズムを信頼していないことが、米調査機関に …

kichikyoku
携帯基地局の裁判で住民が敗訴。日本人は目に見えないものが苦手なようで・・

 携帯電話の基地局が発する電波の有害性について、日本でも次第に取り上げられるよう …

tusuruga
敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10 …

hongkong
香港を飲み込むはずがむしろ逆効果に。中国による香港統治政策は失敗?

 香港大学は27日、香港人の意識調査の結果を発表した。それによると、自 らを「香 …

kennedy02
ケネディ駐日大使の資産は273億円との報道。資産の中身を詳細に検証してみると・・・

 米CNNは8月19日、次期駐日大使のキャロライン・ケネディ氏が保有する資産は約 …

jisingumo
地震予知は可能なのか?期待される大気イオンなどを使った新しい予知方法

 東日本大震災における津波の被害が甚大であったことから、国や自治体では、津波を前 …

abejosei
若者と女性の雇用を促進するという官邸主導の会議はまさに茶番劇

 政府は13日、「若者・女性活躍推進フォーラム」の初会合を首相官邸で開催した。出 …