ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

香港ママvs本土ママ。春節を前に香港で再び粉ミルク騒動が勃発

 

 中国で春節(旧正月)の休暇が近づいていることから、香港で再び粉ミルクの争奪戦が始まっている。香港ママは本土ママに粉ミルクを奪われまいと必死の形相だ。

 中国本土では2008年に毒物入りの粉ミルクが社会問題化したことをきっかけに、安全な香港の粉ミルクに対する需要が急増した。
 本土から香港に渡り、粉ミルクをまとめ買いする人が増えており、春節の休暇には大量の本土人が香港に押し寄せ、粉ミルクを購入することが予想される。このため一部の業者は本土人に粉ミルクを高く売りつけようと、買占めを行っており、香港市内で粉ミルクが不足しているのである。

 香港の特区政府は、香港市民からの批判を受けて対策を講じる方針を明らかにしているが、販売そのものを規制することはできないというスタンスだ。ただ一部の業者は1人あたりの販売数を制限することに同意しているという。

 中国本土の生活水準が向上するにつれ、文化的レベルの高い香港への注目度が高くなってきている。粉ミルクだけでなく、出産そのものを香港で行う本土人の母親が増えているのだ。

  香港は中国本土からの移住を基本的に制限しているが、香港で生まれた子供には永住権を申請する権利がある。香港は本土に比べて教育水準が高く、福祉制度も充実していることから、本土の比較的裕福な中間層を中心に香港で越境出産するケースが増えている。2011年の香港での出産のうち約40%が本土人の越境出産であったといわれる。香港では産婦人科のベットが不足し出産費用が高騰していることから、大きな社会問題となっている。
 香港で生まれた本土人の子供が香港の学校に通うために、毎日本土から通学する光景はもはや日常的なものだという。

 出産から粉ミルク、さらには学校までもが本土人に占拠される状態に、香港のママ達の怒りは頂点に達しているという。

 - 社会

  関連記事

uh-x
防衛省ヘリ調達談合事件。「企画競争入札」というインチキ

 防衛省が発注した次期多用途ヘリコプターに関する不正疑惑で、東京地検特捜部は週明 …

wine
グローバル経済の思わぬ影響。フランス人はワインを減らし、米国人や中国人は増やす

 ワイン大国といわれたフランスでワインの消費量が減っている。フランスでは過去5年 …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …

davinchi
米国で手術ロボットの事故が増加。だがロボット導入の動きはもはや止められない?

 米国では外科手術にロボットを使用するケースが急増している。手術に革命を起こすと …

sakuranomiya
桜宮高校バスケ部の自殺問題はルール不在という日本社会の不透明性を象徴している

 大阪市立桜宮高校バスケットボールの男子生徒が自殺した問題で、学校側が自殺の4日 …

snowden
米当局がスノーデン氏を正式訴追。本人はアイスランドへ亡命申請?

 米検察当局は、米国家安全保障局(NSA)による国民監視システム「PRISM」の …

asakusa02
五輪で高まる外国人観光客への期待。だが日本は本当に観光立国を望んでいるのか?

 日本政府観光局(JNTO)は9月18日、8月の訪日外国人客数を発表した。日本を …

singurumaza
子供の貧困が改善したのは、政府による貧困対策の結果ではない?

 子供の貧困がわずかだが改善している。だが先進各国との比較では、依然として日本の …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

stap20140409
小保方氏が初の記者会見。なぜデータの差し替えを行ったのか?

 STAP細胞の論文について不正があると指摘されている問題で、研究の中心人物であ …