ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

香港ママvs本土ママ。春節を前に香港で再び粉ミルク騒動が勃発

 

 中国で春節(旧正月)の休暇が近づいていることから、香港で再び粉ミルクの争奪戦が始まっている。香港ママは本土ママに粉ミルクを奪われまいと必死の形相だ。

 中国本土では2008年に毒物入りの粉ミルクが社会問題化したことをきっかけに、安全な香港の粉ミルクに対する需要が急増した。
 本土から香港に渡り、粉ミルクをまとめ買いする人が増えており、春節の休暇には大量の本土人が香港に押し寄せ、粉ミルクを購入することが予想される。このため一部の業者は本土人に粉ミルクを高く売りつけようと、買占めを行っており、香港市内で粉ミルクが不足しているのである。

 香港の特区政府は、香港市民からの批判を受けて対策を講じる方針を明らかにしているが、販売そのものを規制することはできないというスタンスだ。ただ一部の業者は1人あたりの販売数を制限することに同意しているという。

 中国本土の生活水準が向上するにつれ、文化的レベルの高い香港への注目度が高くなってきている。粉ミルクだけでなく、出産そのものを香港で行う本土人の母親が増えているのだ。

  香港は中国本土からの移住を基本的に制限しているが、香港で生まれた子供には永住権を申請する権利がある。香港は本土に比べて教育水準が高く、福祉制度も充実していることから、本土の比較的裕福な中間層を中心に香港で越境出産するケースが増えている。2011年の香港での出産のうち約40%が本土人の越境出産であったといわれる。香港では産婦人科のベットが不足し出産費用が高騰していることから、大きな社会問題となっている。
 香港で生まれた本土人の子供が香港の学校に通うために、毎日本土から通学する光景はもはや日常的なものだという。

 出産から粉ミルク、さらには学校までもが本土人に占拠される状態に、香港のママ達の怒りは頂点に達しているという。

 - 社会

  関連記事

sakuraikeireki
日銀審議委員の櫻井眞氏に経歴詐称疑惑。市場はどう判断するのか?

 日銀の政策委員会メンバーの経歴が問題視されている。金融政策の根幹を担う中央銀行 …

kinokuguo
注目を浴びるトリウム原子炉。だが足元では関連プロジェクトが後退している

 現在の主流となっているウランを使った軽水炉に代わって、トリウムを使った原子炉を …

cruise
メキシコ湾巨大クルーズ船立ち往生3日目。だが株価にはほとんど影響なし

 エンジンルームで火災が発生し、航行不能になったメキシコ湾の大型クルーズ船「カー …

iryohi
政府内部で医療費削減の動きが活発化。財政出動が強化されれば、医療費にシワ寄せが?

 政府内部で医療費の歳出削減に向けた動きが活発化している。社会保障費は最大の支出 …

obamakakusa
オバマ政権が富裕層課税を提唱。日米における格差の質的違いが際立つ

 オバマ政権は2015年1月18日、格差解消のため富裕層課税を強化する方針を打ち …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …

powerball
賞金470億円!夢の米国宝くじ。それに比べて日本の宝くじのお粗末さときたら・・・

 1等賞金が史上最高額となり全米の注目を集めていた宝くじ「パワーボール」の抽選が …

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

touchou
フランスで政府要人の盗聴対策が効果を上げていない本当の理由とは?

 フランスで閣僚など政府要人のセキュリティ対策が効果を上げていないことが問題視さ …

tukijitwin
ツインタワーも登場!都のプロジェクトチームが築地建て替え案をとりまとめ

 築地市場の豊洲への移転問題について議論している東京都のプロジェクトチームが、築 …