ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ドイツ要人が相次いで日本の円安政策を批判。基本的には国内向けなのだが・・・

 

 ドイツのメルケル首相は24日、スイスのダボス会議において、日本が進める為替政策について「懸念を持って見ている」と述べ、日本を批判した。これに先立ち、ショイブレ財務相も16日、日本の金融政策を批判、世界の金融市場に過剰な流動性を引き起こすと警告したほか、独連邦銀行のバイ トマン総裁も円相場が政治問題化するリスクを指摘している。

 ドイツの要人から相次いで日本の為替政策について懸念が表明されているのは、とりあえずは国内向けの事情が大きい。欧州経済危機にも関わらずドイツ経済は好調だが、それはユーロ安を背景にした製造業の輸出が堅調だからである。
 日本が為替を円安に誘導することで、日本メーカーの競争力が回復し、ドイツ・メーカーが不利になるという事態を懸念したものと見られている。

 政治的背景から日本の為替政策が批判されているのであれば、それほど神経質になる必要はない。だがドイツからは気になる発言も聞こえてくる。同じくダボス会議に出席したドイツ商工会議所のチーフエコノミストは、日本の国債購入に触れ 「危険がいっぱいの火薬箱」のようなものだと警鐘を鳴らした。

 これまで海外から日本の国債残高について懸念が表明されるのは、消費税増税を実現したい財務省の意向を受けたものがほとんどであった。だが安倍政権が本格的なインフレ政策を採用し始めたことでこの状況が大きく変化してきている。日本国債の下落が、本物のリスクとして認識され始めているのだ。

 スペインやギリシャの財政危機はかなり以前から進行していたものである。だが市場がそれを認識するタイミングは突然やってくる。それまでまったく問題にされていなかったことが、一夜にして経済危機になってしまうものなのである。「その日」は刻一刻と近づいているのかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

cop20a
京都議定書に変わる新しい枠組みを議論するCOP20。米中欧主導で日本は不利に?

 地球温暖化対策に関する国連の会議「COP20」が、南米ペルーで12月2日から開 …

volcker
FRBの量的緩和縮小はいつか?インフレ退治の鬼ボルカー元議長は早期縮小を主張

 FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略をめぐって米国市場が困惑している。遠くな …

rouhani201402
イランで革命35周年式典が開催。状況は様変わりし、反米スローガンは一掃

 イラン革命35周年を記念する式典が2014年2月11日、イランの首都テヘランで …

mujinki02
Amazon.comの商品レビュー欄を使った無人機への批判が話題に

 米国でAmazon.comのレビュー機能を使った無人機(ドローン)攻撃に対する …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …

softbankgacho
ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と …

obama1112
アジア人はしたたか。オバマ大統領アジア歴訪のウラでイランとの積極外交が展開中

 再選が決まったオバマ大統領が早速動き始めた。アジア重視の姿勢を強調するオバマ大 …

nodazeichou
与党が2014年度税制改正大綱を発表。目玉はなくインパクトにに欠ける内容に終始

 自民・公明の両党は2013年12月12日、2014年度の税制改正大綱を決定した …

hoikuen
保育園の騒音を巡る裁判。試される価値観多様化の社会

 神戸市で保育園の「騒音」をめぐって裁判となっている。保育園の近くに住む70代の …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …