ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本は本当にモノ作りの国なのか?メイカーズ革命で問われる真の国民性

 

 日本はモノ作りの国であるといわれている。日本人は手先が器用で真面目なのでモノ作りに向いているが、米国人は金融など手を汚さないバーチャルな仕事ばかりを好むので製造業が衰退してしまったのだという。またアジア人は責任感が薄く雑なので、日本人のように精巧な製品が作れないともいわれてきた。

 このような、安直な日本人優位論を信じる人はだいぶ少なくなってきたが、それでも製造業が日本のお家芸であるという認識は根強く残っている。政府の産業政策もほとんどが製造業向けのものだ。
 だが製造業をめぐる世界的な環境は劇的に変化しており、米国の製造業は今、急速に復活しつつある。

 背景にあるのはもちろんメイカーズ革命だ。インターネットと3Dプリンタの普及により、誰にでも製品の少量生産を行うことが可能となったのだ。
 これは第三の産業革命ともいわれており、製造業の世界を激変させる可能性を秘めている。メイカーズ革命の世界では、大規模工場ではなく個人が主役となるため、モノ作りが本当に好きな国民なのかが直接問われることになるのだ。

 実は米国人はモノ作りが大好きな国民である。米国では家や自動車を自分で修理することはごく当たり前のことであり、どの家にも電動工具が揃っている。ホームセンターに行けばありとあらゆる部品と工具が手に入る。
 米国に旅行に行った際にはぜひホームセンターを訪れることをオススメする。日本ではプロの業者しか使わないのではないかと思われるような部材や工具が当たり前のように売っており、その品揃えの豊富さに圧倒されるはずだ。米国におけるホームセンター市場の規模は約20兆~25兆円といわれているが、日本はその5分の1以下しかない。

 米国のバラエティー番組をちょっと見ただけでもそれは認識できる。米国にはマーサ・スチュアートという有名なカリスマ主婦がいるが、彼女の番組では電動工具を使ってちょっとしたインテリアを自作する企画がしょっちゅう放送されている。家庭の主婦が当たり前に電動工具を使ってモノ作りをしているのである。日本人で家や自動車の修理を自分でできる人は何人いるだろうか?

 考えてみれば当たり前のことで、米国は自動車、家電、AV、飛行機、コンピュータなど現在使われている「モノ」のほとんどを発明してきた国である。AppleやGoogleといった先端企業の画期的なアイデアも実はこうした手を汚したモノ作りの延長線上に存在しているのだ。Apple創業者のスティーブ・ジョブズ氏が自宅のガレージで真っ黒になりながら第一号製品を組み立てていた事実を忘れてはならない。
 メイカーズ革命は、モノ作りが大好きな米国人の心に再び火をつける可能性がある。ひとりひとりの米国人がこぞってモノ作り始めるとなると、国全体では途方もなパワーとなる可能性があるのだ。

 日本はモノ作りの国といいながら、理工系の人材の地位は非常に低い。「モノ作りニッポン」を叫んでいる人の多くが、油で手を汚したことがない人なのだ。
 「隗より始めよ」(偉大なことを成し遂げるのは、まず目の前のことから始めるべきだという意味)という故事成語もある。日本のモノ作り復活を願うのであれば、まずは自宅の水道の蛇口の交換あたりから始めてみてはいかがだろうか?多くの日本人が家の修理を自分で行うようになれば、何もしなてくも日本の製造業など簡単に復活するはずだ。

 - 社会, 経済

  関連記事

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

carnival
洋上火災を起こした大型クルーズ船の姉妹船で、今度は乗客が行方不明

 オーストラリアのクルーズ船で乗客2名が行方不明になっている。5月9日午前、10 …

no image
株式投資を促す私的年金制度を検討へ。だが現在の日本で「貯蓄から投資」はムリ

 1600兆円にのぼる個人金融資産の活用について議論する、財務省・金融庁の金融・ …

rakutenmikitani
三木谷氏率いる新経連の動きが活発に。しかし早くも「老人化」の雰囲気がチラホラ

 楽天の三木谷社長率いる新しい経済団体である新経連が動きを活発化させている。20 …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …

doller02
外貨準備の運用を民間に開放。一部からは金融機関の救済策との声も

 政府は外国為替資金特別会計(いわゆる外為特会)の運用方針を見直す。これまで外部 …

sangyoukyousouyrokukaigi
産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。 …

snowden
米国で国民監視システムの存在が明らかに。本質的問題は市民のプライバシーにあらず

 米国家安全保障局(NSA)がグーグルやベライゾンといったネット企業や通信会社か …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

uschinadialog
米中戦略対話がワシントンでスタート。表向きはサイバーセキュリティが話題だが・・・

 第5回米中戦略経済対話が7月10日から米国の首都ワシントンで始まった。中国側か …