ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

脱北者が北朝鮮に戻る事例が韓国で多発。北朝鮮による脅迫と懐柔の両面策

 

 北朝鮮から脱出し、韓国に一度は定住したいわゆる脱北者が、ふたたび北朝鮮に戻ってしまう事例が多発している。

 北朝鮮の朝鮮中央放送は24日、韓国で生活した後に再び北朝鮮に戻ったと主張する夫婦と女性が、平壌で記者会見を開いたと報じた。
 元脱北者らは2009年8月に妻と韓国に渡ったが2012年末に北朝鮮に戻ったという。韓国の様子について「本当に汚い世界だった。詐欺などが横 行する険悪な世界で生きて行くことはできなかったと」と主張しているという。

 記者会見に出席した脱北者というのはどうやら本物のようで、韓国の政府当局は、彼らが実際に韓国に定着していた脱北者であることを確認したという。3人が北朝鮮に戻った詳しい経緯について、現在調べを進めている。

 韓国で生活していた脱北者が再び北朝鮮に戻るケースは、昨年以降3例目で合計8人になる。脱北者が再び北朝鮮に戻る事例が多発しているのは、金正恩体制に移行してから、脱北者政策が変化しているからだといわれている。
 これまで北朝鮮に残された脱北者の家族や親戚には、強制収容所への連行など厳しい措置がとられてきた。だが金正恩氏の偶像化を進めたい北朝鮮当局は、一部の脱北者に対して懐柔策を行っているとみられる。
 また韓国の国内には多数の北朝鮮工作者が潜伏しており、密かに脱北者に接触しているといわれる。また脱北者が北朝鮮の親族にかけた電話は当然のことながらすべて盗聴されており、北朝鮮当局がそれを利用して、脱北者に対して脅迫と懐柔の両面で圧力をかけていることが推察される。

 文化や風習の違いから、韓国社会になじめない脱北者が多いのも事実で、韓国当局は対策に頭を悩ませている。最近ではソウル市庁の公務員として勤務していた脱北者1人が「スパイ容疑」で拘束されているという事例も出てきており、脱北者問題の複雑さを浮き彫りにしている。

 - 政治

  関連記事

hasimoto2
橋下氏が慰安婦など一連の発言について釈明会見。だが参院選への影響は必至

 日本維新の会の橋下徹共同代表は5月27日、日本外国特派員協会の記者会見に臨み、 …

mosado
イスラエルの諜報機関モサドが「ネット」で人材募集。スパイ組織が公募に踏み切る事情

 かつては世界最強ともいわれたイスラエルの諜報機関「モサド」がスパイの募集を開始 …

zenjindai02
中国の政府機構改革案。太子党利権である鉄道省は解体、尖閣対策に海洋局を強化

 中国国務院(政府)は10日、開会中の全国人民代表大会(全人代=国会に相当)に、 …

higasikokubaru
東京人はマジメ?東国原氏が関西に撤退したのは猪瀬氏有利との調査結果がきっかけ

 日本維新の会は、次期衆院選挙において前宮崎県知事の東国原英夫氏を比例単独で近畿 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

no image
薬物に厳しいフランスがとうとう合法化に向けてテストを開始。日本はどうする?

 EU諸国の中でもっとも薬物に対する規制厳しかったフランスで、試験的に薬物の一部 …

00004
米大統領選挙2回目のTV討論会が終了。結果はオバマ大統領優勢

 大統領選挙の2回目のTV討論会が、現地時間の16日夜(日本時間17日午前)、ニ …

girishagikai
銀行預金引き出し制限下のギリシャで飛び交うデマから分かること

 ギリシャ政府のIMF(国際通貨基金)に対する15億ユーロ(約2000億円)の支 …

kanntei
政府が解雇要件を緩和する方向で検討を開始。だが公務員だけは例外という大矛盾

 政府はこれまで法律や判例で手厚く保護されてきた労働者の解雇要件を大幅に見直す方 …

kankokuhoudoukan
セクハラ疑惑の報道官。韓国で釈明会見を開くも証言矛盾との指摘

 韓国の朴槿恵大統領の訪米に同行中、セクハラ疑惑を起こして解任された尹昶重(ユン …