ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

デルに出資?タブレット台頭を前に、マイクロソフトは重大な岐路に立たされている

 

 米マイクロソフトが大手パソコン・メーカーの米デルに10億~30億ドル(約900億~2700億円)の出資を検討していることが明らかになった。業績不振が伝えられるデルは投資ファンドと株式の非公開化について協議しているといわれており、マイクロソフトはファンドと共同でデルに出資するとみられる。両社とも出資についてはまだ正式なコメントは出していない。

 市場ではマイクロソフトのデルへの出資は自然な流れと受け止められている。
 マイクロソフトは創業以来、一貫してパソコン上で動作する基本ソフト(OS)を開発してきたメーカーである。次々と高機能を備えた新しいOSを投入することで、価格下落の影響を最小限に食い止め、極めて高い利益率を維持してきた。

 だがこのビジネスモデルはタブレット端末やスマホの台頭で大きく崩れつつある。
 両製品のマーケットは家電の世界であり、OSとハードは完全に一体化している。またアップルのように、ハード、ソフト、サービスの3つをセットにしてはじめて利益が出るものであり、ソフトウェア単体やハードウェア単体ではビジネスになりにくいのだ。
 マイクロソフトがデルに出資すれば、Windowsとの一体性をより強化したタブレットPCをデルと共同開発すること可能となり(写真は現在デルが販売しているWindows搭載タブレットPC)、アップルやGoogleと対抗する道筋が見えてくる。

 だが事はそう簡単には運ばない。デルはパソコン事業の低迷をうけ、2012年8月~10月期の決算において売上げが11%減少するなど業績不振が鮮明になっている。だがマイクロソフトの足元の業績は絶好調なのだ。
 同社の2012年10月~12月期決算では、売上高は前年同期比2.7%増と四半期ベースで過去最高を記録した(ただし純利益は3.7%減)。特にWindowsが好調で約24%の増収となっている。

 この状況はマイクロソフトが置かれた複雑な状況を物語っている。世の中の流れは確実にスマホとタブレットに向かっており、長期的成長を目指すのであれば、デルへの出資とハード、ソフトの一体化は必然の流れとなる。
 一方で既存のパソコンが消滅するわけではなく、ビジネス用途を中心に根強いニーズが継続すると考えられる。利益率の低いハードメーカにわざわざ出資しなくても、顧客を絞り込めば当面は高収益を維持することが可能となる。だがそれは、IT業界の覇者という名誉を自ら捨てることを意味している。地味なマーケットに対応すべく経営体制の見直しも必要となるだろう。

 スマホ、タブレットを中心にした激戦コンシューマ市場に打って出るのか、斜陽マーケットだが一定の利益が見込めるパソコン分野にとどまるのか、マイクロソフトは大きな岐路に立たされている。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …

wine02
日本産ワインのブランド力強化法案は効果を発揮するのか?

 国産ワインのブランド力を強化するため、自民党が「ワイン法案」について検討してい …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

sinnkansen
新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始 …

kojinjigyonusi
個人経営の事業所の8割は後継者がおらず、パソコンの導入がほとんど進んでいない

 総務省は2015年7月10日、2014年の個人企業経済調査(構造編)の結果を発 …

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

mujinkijiko
米軍における無人機墜落事例は400件。商業利用では自動操縦で問題解決か?

 米国で400機以上の無人機が墜落していることが明らかになった。米国ではすでに無 …

super01
日本の伝統工芸品も値上げ?インフレ経済はこうして始まっていく

 本格的な円安が始まってから1年が経過した。当初は灯油や衣類など、輸入品を中心と …

runesasu002
従業員はゴミ?母体3社と産業革新機構でルネサス従業員を押し付け合い

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスの経営再建をめぐって、外資ファンドを押しのけ …

economistataranai
GDP改定値はまさかの下方修正。今回もエコノミストは大ハズシなのだが・・・

 内閣府は2014年12月8日、7~9月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した …