ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

デルに出資?タブレット台頭を前に、マイクロソフトは重大な岐路に立たされている

 

 米マイクロソフトが大手パソコン・メーカーの米デルに10億~30億ドル(約900億~2700億円)の出資を検討していることが明らかになった。業績不振が伝えられるデルは投資ファンドと株式の非公開化について協議しているといわれており、マイクロソフトはファンドと共同でデルに出資するとみられる。両社とも出資についてはまだ正式なコメントは出していない。

 市場ではマイクロソフトのデルへの出資は自然な流れと受け止められている。
 マイクロソフトは創業以来、一貫してパソコン上で動作する基本ソフト(OS)を開発してきたメーカーである。次々と高機能を備えた新しいOSを投入することで、価格下落の影響を最小限に食い止め、極めて高い利益率を維持してきた。

 だがこのビジネスモデルはタブレット端末やスマホの台頭で大きく崩れつつある。
 両製品のマーケットは家電の世界であり、OSとハードは完全に一体化している。またアップルのように、ハード、ソフト、サービスの3つをセットにしてはじめて利益が出るものであり、ソフトウェア単体やハードウェア単体ではビジネスになりにくいのだ。
 マイクロソフトがデルに出資すれば、Windowsとの一体性をより強化したタブレットPCをデルと共同開発すること可能となり(写真は現在デルが販売しているWindows搭載タブレットPC)、アップルやGoogleと対抗する道筋が見えてくる。

 だが事はそう簡単には運ばない。デルはパソコン事業の低迷をうけ、2012年8月~10月期の決算において売上げが11%減少するなど業績不振が鮮明になっている。だがマイクロソフトの足元の業績は絶好調なのだ。
 同社の2012年10月~12月期決算では、売上高は前年同期比2.7%増と四半期ベースで過去最高を記録した(ただし純利益は3.7%減)。特にWindowsが好調で約24%の増収となっている。

 この状況はマイクロソフトが置かれた複雑な状況を物語っている。世の中の流れは確実にスマホとタブレットに向かっており、長期的成長を目指すのであれば、デルへの出資とハード、ソフトの一体化は必然の流れとなる。
 一方で既存のパソコンが消滅するわけではなく、ビジネス用途を中心に根強いニーズが継続すると考えられる。利益率の低いハードメーカにわざわざ出資しなくても、顧客を絞り込めば当面は高収益を維持することが可能となる。だがそれは、IT業界の覇者という名誉を自ら捨てることを意味している。地味なマーケットに対応すべく経営体制の見直しも必要となるだろう。

 スマホ、タブレットを中心にした激戦コンシューマ市場に打って出るのか、斜陽マーケットだが一定の利益が見込めるパソコン分野にとどまるのか、マイクロソフトは大きな岐路に立たされている。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

HEINZ
バフェット氏がケチャップのハインツを丸ごと買収。ケリー国務長官も大儲け?

  ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは14日、投 …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

factoryline
新興国の失業率が増加傾向。世界経済の枠組みは大きく変わりつつある

 ILO(国際労働機関)は2014年1月21日、雇用情勢に関する年次報告書を発表 …

supakon
純中国製スパコンが1位との報道。すでに中国は6期連続1位だと知ってました?

 世界のスーパーコンピューターの計算速度ランキングである「TOP500」の最新結 …

usabouekitoukei
米国の貿易収支改善が顕著に。世界経済の大きな枠組みが変わりつつある

 米商務省は2014年1月7日、2013年11月の貿易収支(季節調整済み、サービ …

kisho
気象庁が津波警報の発表方法を変更。初期段階では高さではなく「巨大」な津波と表現

 政府は3月8日、気象庁が発令する注意報と警報の上に「特別警報」を新設することを …

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …

3dprintergun
米国の学生グループが、3Dプリンタを使って自宅で製造できる銃を公開

 テキサス大学ロースクール(法科大学院)の学生を中心とした3Dプリンターによる銃 …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …