ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

韓国次期首相候補が息子優遇で批判。毎回同じことの繰り返しが続く

 

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)次期大統領が指名した首相候補の金容俊(キム・ヨンジュン)氏に対して、早くも息子を特別扱いした疑惑が韓国内で報道されている。
 日本と同様、韓国もタテマエ社会であり、親族優遇を批判しながら、皆がそれにあこがれているという歪んだ構図となっている。親族優遇が毎回批判されながら、それがなくなることは決してないのだ。

 金容俊氏は、朴槿恵氏が「弱者への配慮」を象徴する存在として首相に氏名した人物。元憲法裁判所所長を務めた判事であり、小児まひの後遺症で下肢が不自由な障害者でもある。

 金氏は、朝鮮戦争中に父親が北朝鮮に連行され、母子家庭で育った苦労人。ソウル大法学部在学中に司法試験に首席で合格し判事に任官した。
 当時の韓国は軍事政権であり、朴槿恵氏の父親である朴正熙氏が大統領であった。金氏は朴大統領の意向に沿わない判決を出す「信念の判事」と呼ばれていた。朴槿恵氏は父親の宿敵であり、障害者でもある金氏を首相に指名することで、弱者や人権に配慮していることをアピールしようとしている。

 だが金氏が韓国社会の超エリートで既得権益者であることに変わりはない。金氏も当然多くの利権を手にしている。
 韓国のマスコミが報じたところでは、キム氏の息子2人は経済力がない子供時代に約19億ウォン(約1億5000万円)相当の不動産を取得しており、両名とも兵役を免除されているという。長男についてはさらに1億6000万ウォン(約1300万円)相当の山林も取得しているという。経済力がない子供が親から資金をもらえば贈与税がかかるが、これを納めていたのかは不明だという。

 韓国や日本では実力でのし上がる人よりも、名門の出である人が尊敬される風土となっており、親にコネがある人が高い地位につきやすい。それに対する批判は根強く、毎回、アラ探しの報道が行われるが、名門出身者の優遇がなくなることはない。
 これは韓国社会や日本社会の後進性をよく表している。名門の血筋にあこがれながら、一方でその地位の高さを妬むという矛盾した行動は、市民の精神構造が幼稚で卑屈であることを物語っている。
 日本でも、世襲議員を批判しておきながら、一方では安倍首相のような人物を名門セレブとして持ち上げているし、小泉元首相の息子である進次郎氏は全国で大人気だ。

 名門一族というのはいつの世も存在しており、親族のコネによる優遇をゼロにすることなどそもそも不可能である。だが一方でそのような人物をセレブと称して過剰に賞賛することも馬鹿げた行為である。貧しい途上国ならいざ知らず、名門一族への過剰な賞賛や批判は少なくとも成熟国家となった国の市民が取る行動でないことだけは確かだ。
 韓国や日本において、名門出身者とゼロから財をなした人物が同じレベルで評価、賞賛されるような国になるまでには、あとどれだけの時間が必要なのだろうか?

 - 政治, 社会

  関連記事

no image
西宮伸一中国大使が、渋谷の路上で倒れ病院に搬送。時期が時期だけに様々な憶測が

 13日午前8時45分頃、中国大使に就任したばかりの外務省の西宮伸一駐氏(60) …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

nichigin04
日銀の政策委員会、積極緩和派の原田氏起用で黒田路線がより強固に

 政府は2015年2月5日、退任する日銀の宮尾龍蔵審議委員の後任に、積極的な金融 …

koikekyosan
法制局長官が「番犬」であるという一連の騒動から、議会制民主主義の本質を考える

 集団的自衛権に関する憲法解釈の見直し問題で注目を集めている小松内閣法制局長官が …

fwd
フェイスブックCEOが政治団体を旗揚げ。彼への批判はオールド企業からの攻撃?

 米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは4月11日、移民法改革などを目 …

mosado
イスラエルの諜報機関モサドが「ネット」で人材募集。スパイ組織が公募に踏み切る事情

 かつては世界最強ともいわれたイスラエルの諜報機関「モサド」がスパイの募集を開始 …

macronsousenkyo
フランス総選挙でマクロン新党が圧勝。第六共和政がスタートする?

 フランス国民議会の総選挙が11日に行われ、マクロン大統領が率いる新党「共和国前 …

hatake
農業の競争力強化を目指す政府系ファンドが開業。実態は衰退する農業への補償金?

 農業の競争力強化を目指す官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」が1日開業し …

singapol
シンガポールで深夜の飲酒が禁止。背景にあるのは外国人労働者問題

 シンガポールで4月1日から、午後10時半以降の屋外での飲酒を禁じる法律が施行さ …

kousokumuryouka
GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。 …