ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

偵察衛星打ち上げに成功。スタートから10年でようやく常時運用体制が整う

 

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、政府の情報収集衛星「レーダー4号機」と実証衛星を載せたH2A型ロケットを種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げた。衛星は予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。

 情報収集衛星は、1998年の北朝鮮のミサイル発射を機に政府が導入を決めた事実上の軍事偵察衛星。偵察衛星は低い軌道を飛ぶため静止衛星(気象衛星など)のように常に同じ場所にとどまっているわけではない。このためある特定の場所を連続して監視するためには複数の衛星を常時運用する必要がある。
 政府は 昼間に撮影が可能で解像度が高い光学衛星と夜間や悪天候でも撮影できるが解像度が劣るレーダー衛星を組み合わせて使用する方針を掲げており、光学衛星とレーダー衛星のペアを2組稼動させる予定であった。

 だが2003年にH2A型ロケットの打ち上げに失敗し衛星2機を喪失したことで予定が大幅に狂ってしまった。また2007年にはレーダー衛星1機が故障するというトラブルも発生した。現在稼動しているのは、レーダー衛星1機と光学衛星が3機で、ペア2組の体制が構築できていなかった。
 今回レーダー衛星の打ち上げに成功したことで、当初の計画から10年も遅れてようやく4機体制が実現したことになる。

 政府が運用する偵察衛星の解像度は、光学型が60センチから1メートル、レーダー型が1メールと、一般に運用されている商業衛星と変わりないレベルでしかない。今回レーダー衛星と一緒に打ち上げられた光学実証衛星は40センチ程度の解像度があるといわれており、世界の軍事衛星水準の30センチに少し近づくことになるが、実運用はまだ先になる。
 また衛星による情報収集は、衛星の撮影能力だけでなく、地上施設における画像解析のノウハウも重要になってくる。北朝鮮の核施設やミサイル施設をやみくもに衛星で撮影しても大した情報は得られない。監視の効果を最大限に発揮するには、公開情報、非公開情報を含めた北朝鮮の現地情報との組み合わせが重要であり、ノウハウの蓄積には長い年月が必要となる。

 今回、4機体制による監視網が確立したからといって、すぐに役立つような情報が得られると考えるのは早計だ。衛星による情報収集には長期的な視点が求められる。一方で、衛星による情報収集業務は、かかる費用の割りに効果が少ないという指摘も根強くある。ある程度の期間を経た後には、それなりの成果が明示されなければ、公費を投入し続けることの妥当性が維持できなくなる可能性もある。今回の打ち上げ成功はすべての面におけるスタートラインと考えるべきだろう。

 - 政治, IT・科学

  関連記事

no image
イスラム圏が米国へのサイバーテロ攻撃を実施。銀行システムなどが一部ダウン

 イスラム教を揶揄したされる映画が発端で、西欧社会に対するイスラムの反発が激化し …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

Angelina Jolie
女優アンジェリーナ・ジョリーが悩んだ、がん予防手術のリスクとベネフィット

 米国の著名女優アンジェリーナ・ジョリーさんが、乳がんの発症を未然に防ぐために乳 …

jakaruta
ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、A …

josei02
女性登用目標値設定など、労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進行中

 日本の労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進められるようとしている。政 …

no image
決着が付いていない中国の政権争い。誰と誰が揉めているの?

 中国の次期政権をめぐるゴタゴタはまだ解決していないようだ。  党総書記に内定し …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

abe201306
盛り上がりに欠ける参院選。与党内では選挙後の人事の話題で持ち切り

 7月4日に参院選が公示された。アベノミクスの評価、ねじれ解消、ネット選挙解禁な …

3SHA03
フランス政府がネット企業が保有するビックデータに課税を検討。だが実現は懐疑的?

 フランス財務省は、GoogleやAmazonなどグローバルに展開する米国のネッ …

kyuyomeisai02
今年の春闘も昨年に引き続き高い伸び。全体への波及効果はどのくらいか?

 経団連は2015年4月16日、2015年の春闘について1次集計を取りまとめた。 …