ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

偵察衛星打ち上げに成功。スタートから10年でようやく常時運用体制が整う

 

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、政府の情報収集衛星「レーダー4号機」と実証衛星を載せたH2A型ロケットを種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げた。衛星は予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。

 情報収集衛星は、1998年の北朝鮮のミサイル発射を機に政府が導入を決めた事実上の軍事偵察衛星。偵察衛星は低い軌道を飛ぶため静止衛星(気象衛星など)のように常に同じ場所にとどまっているわけではない。このためある特定の場所を連続して監視するためには複数の衛星を常時運用する必要がある。
 政府は 昼間に撮影が可能で解像度が高い光学衛星と夜間や悪天候でも撮影できるが解像度が劣るレーダー衛星を組み合わせて使用する方針を掲げており、光学衛星とレーダー衛星のペアを2組稼動させる予定であった。

 だが2003年にH2A型ロケットの打ち上げに失敗し衛星2機を喪失したことで予定が大幅に狂ってしまった。また2007年にはレーダー衛星1機が故障するというトラブルも発生した。現在稼動しているのは、レーダー衛星1機と光学衛星が3機で、ペア2組の体制が構築できていなかった。
 今回レーダー衛星の打ち上げに成功したことで、当初の計画から10年も遅れてようやく4機体制が実現したことになる。

 政府が運用する偵察衛星の解像度は、光学型が60センチから1メートル、レーダー型が1メールと、一般に運用されている商業衛星と変わりないレベルでしかない。今回レーダー衛星と一緒に打ち上げられた光学実証衛星は40センチ程度の解像度があるといわれており、世界の軍事衛星水準の30センチに少し近づくことになるが、実運用はまだ先になる。
 また衛星による情報収集は、衛星の撮影能力だけでなく、地上施設における画像解析のノウハウも重要になってくる。北朝鮮の核施設やミサイル施設をやみくもに衛星で撮影しても大した情報は得られない。監視の効果を最大限に発揮するには、公開情報、非公開情報を含めた北朝鮮の現地情報との組み合わせが重要であり、ノウハウの蓄積には長い年月が必要となる。

 今回、4機体制による監視網が確立したからといって、すぐに役立つような情報が得られると考えるのは早計だ。衛星による情報収集には長期的な視点が求められる。一方で、衛星による情報収集業務は、かかる費用の割りに効果が少ないという指摘も根強くある。ある程度の期間を経た後には、それなりの成果が明示されなければ、公費を投入し続けることの妥当性が維持できなくなる可能性もある。今回の打ち上げ成功はすべての面におけるスタートラインと考えるべきだろう。

 - 政治, IT・科学

  関連記事

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …

itskills
勉強はできるが、ITはまるでダメ。OECDの調査結果が示す日本人の課題

 頭はいいはずなのに、日本はなぜか世界で勝負できない。多くの人が漠然と抱いている …

kouki9
トルコによる中国製装備の調達問題で浮上した、軍事技術汎用化という課題

 NATO(北大西洋条約機構)のラスムセン事務総長は10月7日、NATO加盟国の …

yasai
韓国で野菜の流通コスト高が政治問題に。だが日本はもっとひどいぞ!

 韓国の朴槿恵新政権の重要な政策課題の一つが、割高といわれる韓国の流通コストの改 …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

futenma02
米軍基地返還で日米合意。辺野古移設が普天間返還の条件となってしまう理由とは?

 日米両政府は4月5日、沖縄県の米軍嘉手納基地町など)以南の施設に関する返還計画 …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

verizon
早まった?それとも大チャンス?ベライゾンのM&Aでソフトバンクに再び世界が注目

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズによる超大型買収が実現したことで、ソ …

no image
細野豪志環境相が代表選出馬見送り。特に驚きはなし

 民主党代表選への立候補を検討していた細野豪志環境相は出馬を見送る意向を固めたと …

chusha02
副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種 …