ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

子供がいると女性は不幸?内閣府の調査結果は日本社会の現状をよく表している

 

 内閣府経済社会総合研究所は、幸福度が子供の存在によってどのような影響を受けているのかについて分析した研究結果を発表した。それによると、子供のいる若年層の女性は、子供がいない同世代の女性に比べて幸福度が低いことが明らかになった。これに対して男性の幸福度には差がないことから、子供を持つ女性の負担感が大きいことが明らかになった。

 この研究は、2012年3月に内閣府が実施した「生活の質に関する調査」の結果をもとにしている。同調査は全国の15歳以上の男女約1万人に対して、「現在の幸福感」「生活満足度」「5 年後の幸福感」などについて質問し、10段階で解答を得たもの。

 分析の結果、子どものいる若年層の女性は、子どもがいない同年代の女性に比べて、現在の幸福感、生活満足度、5年後の幸福度のいずれも低いことが明らかになった。男性の場合、子供の有無と幸福度に差が見られないことから、女性の負担が大きいことが伺える。

 また世帯収入の高い女性は収入レベルが低い女性に比べて全般的に幸福度が高いものの、子どもがいる女性とそうでない女性の幸福度の差は逆に大きく、収入が高いことが、子育ての負担感を増大させていることが明らかになった。
 さらに、フルタイムで働き、かつ子どもがいる女性は、現在の幸福感と生活満足度の両方が低いという結果も得られている。ここから得られる結論は、子どもを持つ女性の幸福度が子どもを持たない女性に比べて低いのは、共働きをしている女性の負担感が大きいことが原因ということになる。

 これまでの日本は多数の専業主婦を養えるだけの経済的な余裕があり、女性の社会進出はもっぱら女性の権利という視点でのみ議論されてきた。このため、女性の社会進出についてネガティブな印象を持つ男性も多く、女性の社会進出支援策は真剣に検討されてこなかった。子供がいる女性の満足度が低いのはある意味で当然の成り行きといえる。

 だが日本の人口が減少し経済成長が見込めない社会になってきたことから、今後は生活するために全員が仕事を持たなければならない時代に変わりつつある。女性の労働力化が必須の状況においては、子供を持つ女性の負担が大きいことは、経済成長を妨げる重大な懸念材料となりかねないのだ。
 子育て支援策に関する議論は、もはや社会問題ではなく、経済問題なのである。女性の社会進出について価値観のレベルで議論できる時代はとうの昔に過ぎ去ってしまったている。パラダイムがすっかり変わってしまったことを多くの国民は理解すべきである。

 - 社会, 経済

  関連記事

google2014
さらに安定成長に向かうグーグル。市場は次のブレークスルー待ち

 米グーグルは2015年1月29日、2014年10~12月期の決算を発表した。こ …

tosho02
増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率 …

no image
EUが金融取引税(トービン税)の導入を決定。欧州はルビコン川を渡ってしまった

 欧州連合(EU)は9日、ルクセンブルクで理事会を開き、金融取引税(いわゆるトー …

imf201610
IMFの最新見通し。米国の鈍化で世界経済に低成長の懸念、カギは投資の増大

 世界経済における低成長の懸念が高まっている。IMF(国際通貨基金)は2016年 …

facebookmobile
フェイスブックはスマホ広告が堅調で過去最高益。ただし北米依存の状況はあまり変わらず

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年7月23日、2014年4~6月期の決 …

toshiba03
東芝の不正会計問題。自己資本並みに大きい「のれん代」は大丈夫なのか?

 不正な会計処理が問題となっている東芝は2015年7月21日、田中久雄前社長、佐 …

simrock
携帯のSIMロック解除で乗り換えが容易に。だが今となっては市場に変化なしの可能性大

 スマホなどの携帯端末に、携帯電話会社が他社の通信回線を利用できないよう制限をか …

kodomokyouiku
子供の貧困対策大綱が閣議決定。教育の機会均等は最優先課題という認識が必要

 政府は2014年8月29日、「子供の貧困対策大綱」を閣議決定した。近年、日本で …

otukakagu
大塚家具のお家騒動。ガバナンスという点では久美子氏が圧倒的に有利だが

 大塚家具の経営権をめぐる内紛が続いている。同社は3月下旬に株主総会を控えており …

doruen201505
為替はとうとう歴史的な節目を突破。超長期的な円安トレンドが始まる?

 円安の流れが止まらない。2015年5月28日の外国為替市場で円は4日続落となり …