ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

社民党が党本部を移転。旧党本部ビルは幽霊屋敷と呼ばれ崩壊寸前だった

 

 社民党は26日、社会党時代から半世紀近く使用してきた永田町の「社会文化会館」から党本部を移転する。社会文化会館は近く解体され、土地は国に返還される。

 「社会文化会館」は1964年に旧社会党の本部として建てられた。土地は国から事実上無期限に貸し出されたもので、建物は地上7階・地下1階で延べ床面積は6600平方メートルもある。5階と6階には700人近くを収容できるホールが設けられおり、野党第一党であった当時の社会党の権勢を象徴する建物であった。永田町の世界では、社会党のことを指す「三宅坂」という隠語さえあった(近くにある坂の名前から由来)。

 だが1996年に村山内閣が総辞職し、社民党に党名変更した後は、一気に勢力を失い現在では弱小政党に転落。資金力も乏しくなり、建物を維持することすらままならなくなっていた。
 党の所帯も小さくなったため余ったスペースを会議室として貸し出すなどの業務も行っていたが、東日本大震災でホールの梁の一部が崩壊。その後行われた耐震性診断では「即時使用制限」という結果が出て万策尽きてしまった。

 最近は社民党が日常的に使用する2階と4階以外は電気が消され、外壁もボロボロであることから「幽霊屋敷」と呼ばれていた。社民党は首相官邸近くの民間のビルに新しいオフィスを構える。

 社会文化会館のロビーには1960年演説中に暗殺された浅沼稲次郎元委員長の銅像が設置してあった。だが1トンを越える重さがネックになり、新オフィスには移動できず胸部だけを残すことになった。また社会文化会館にあった米国スタンウェイ社製の超高級グランドピアノは、新党本部に置き場がなく、寄贈を検討しているという。労働者の政党に不釣合いなセレブ楽器は第二の人生を健やかに送ることができるだろうか?
 社会文化会館の取り壊しは、戦後日本という時代が完全に終了したことを象徴しているといえるだろう。

 - 政治

  関連記事

monju
高速増殖炉もんじゅの運転再開が困難に。破綻に近づく核燃料サイクル政策

 かつて夢の原子炉と呼ばれ、日本の核燃料サイクル政策の要と位置付けられていた高速 …

osupurei
オスプレイ導入で着々と進む自衛隊の海兵隊化。だがソフト面での覚悟は出来てるのか?

 これまで本土防衛能力だけに特化してきた自衛隊が、徐々に米国海兵隊のような国外展 …

kaigoshokuin
介護職員が38万人不足との推計。抜本的な解決策は見当たらず・・・

 厚生労働省は2015年6月24日、全国で介護職員が約38人足りなくなるという推 …

toppage
オバマ大統領夫人らの個人情報が流出!だが実際はあまり大した話ではなかった

 米連邦捜査局(FBI)は3月12日、ミシェル・オバマ大統領夫人やバイデン副大統 …

furansisicohouou02
ローマ法王がトルコによるアルメニア人殺害を批判。EU加盟はさらに絶望的に?

 カトリック教会のフランシスコ法王が、オスマン・トルコ帝国で多数のアルメニア人が …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

kokumusho02
靖国参拝に対する米国の声明。問題解決を内容の解釈に求めるのは危険だ

 安倍首相の靖国参拝に対して、米国政府が異例の声明を発表してから約10日が経過し …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

no image
外務次官が尖閣問題妥結を目指して中国を訪問。官僚主導の交渉では確実に負ける

 尖閣問題の解決に向けて、事務レベルでの折衝が始まっている。  人民日報系の環球 …