ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国のボーイスカウトで同性愛者の入団拒否めぐる議論が紛糾

 

 同性愛者をめぐる扱いをめぐって、米国のボーイスカウト団体が揺れている。米国ボーイスカウト連盟は28日、同性愛者の受け入れやリーダーへの登用を禁止する規則を撤廃すると発表した。

 ボーイスカウト団体では同性愛者の入団を禁止する措置を長年堅持してきた。だが同性愛者であることを理由に役職を辞任させられた団員が訴訟を起こすケースが相次いだことから、同性愛をめぐる議論が近年激しくなっていた。

 ボーイスカウトは子供の活動ばかりでなく、大人が参加するプログラムもたくさんあり、米国では地域のボランティア活動の主軸の一つとなっている。
 比較的高齢の団員は、同性愛禁止について評価しているといわれるが、若年層の団員を中心に、時代に合わないとして反対の声が多く上がっていた。映画監督のスピルバーグ氏もボーイスカウト出身で、団体の理事を務めていたが、同性愛者に対する偏見が著しいとして理事を退任している。
 今回の決定はあくまで連盟の決定であり、実際の措置は各地区任せるとしていることから、この措置がどの程度普及するのかは定かではない。

 ただ同性愛を禁止すべきとう保守層の意見は、全体的にはあまり説得力を持っていないようだ。時代の流れに加えて、ボーイスカウトには指導者らによる多くの性的児童虐待のスキャンダルが発生しているからだ。
 オレゴン州最高裁判所の命令によってボーイスカウト連盟が公開したファイルには、1965~85年の期間に1200人以上が関与したとされる子供たちへの性的虐待の詳細がされていた。
 同性愛を禁止するといっておきながら、幹部による同性愛的な児童虐待が繰り返されていたのでは、説得力がないのも当然だ。

 米国ではしばらくこの論争が続きそうである。

 - 政治, 社会

  関連記事

obama20121229
オバマ次期政権で米国はまったく新しいリベラル国家に。日米安保は終わりの始まりか?

 2期目を迎える次期オバマ政権の基盤がより強固になる可能性が高くなってきた。クリ …

gchq
スノーデン氏の告発が英国に飛び火。政府関係者と市民の意識にはズレがある?

 米国の国民監視システムである「PRISM」の存在を暴露した元CIA(中央情報局 …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

jimintohonbu
自民党が伝統の「党税調」を復活。だが、かつての税制利権につながるとの声も

 自民党が政権に復帰したことをうけて、これまで事実上消滅していた自民党の税制調査 …

bankofhina
中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

jre235
山手線新型車両E235が連続トラブルで運行休止。原因はソフトのバグと思われるが・・・

 東京オリンピックを見据え、13年ぶりの刷新と鳴り物入りでデビューしたJR山手線 …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

monka
大学の研究支援政策に変化の兆し。旧帝大中心は変わらずも、配分は実績重視へ

 大学など研究機関に対する国の支援方法に変化の兆しが出てきている。文部科学省は8 …