ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国防総省がサイバー攻撃能力を強化。だが実態は既存システムの防御で手一杯

 

 米国防総省は、コンピュータ・システムを使った軍事活動を行う「サイバー司令部」を強化し、現在約1000人の要員を今後数年間で5倍に増やす計画だという。米ワシントン・ポストが報じている。近年、中国やイスラム過激派などによる米国へのサイバーテロが増加していることから、外国の敵対勢力に対する攻撃能力の向上を目指すという。

 この話題からは、サイバー攻撃による戦争が日増しに激しくなっている印象を受ける。各誌も米中サイバー戦争が本格化というトーンで報道している。
 確かにサイバー空間を使った攻撃が増加しているのが事実だが、実態は少し違うようだ。
 米国政府は膨大な数のコンピュータ・ネットワークを保有しており、これらの日常的セキュリティ対策だけで手一杯だというのである。要員増は攻撃態勢の確立という意味もあるが、システムが肥大化し、日常業務の遂行ですらたいへんな状況にあることの裏返しなのだ。

 現在、国防総省だけでも1万5000個のネットワークがあり、全政府レベルでは途方もない数に膨れ上がる。昨年、下院が出した報告書によれば、既存のネットワークのセキュリティ対策に追われ、要員の数パーセントしか攻撃任務に当たっていなかったという。またサイバー攻撃を実施するためのスキルは、既存のシステムを防御するスキルとはまったく異なり、その育成にも時間がかるといわれている。

 今回報じられたサイバー司令部強化策は、(1)発電所や送電網など経済活動に重要なインフラを守る部隊(2)海外での軍事作戦を支援する戦闘部隊(3)国防総省のネットワークを守る部隊、の3種類で構成されている。いわゆる攻撃を目的とするのは(2)だけであり、あとは既存のシステムのセキュリティ強化ということになる。

 中国では膨大な人口を生かして、サイバーテロを部隊を人海戦術で実施している。コンピュータというと、ハイテクで先進的なイメージがあるが、現実には人の頭数が勝負という、泥臭い世界のようである。

 - 政治, IT・科学

  関連記事

amazondorone
民泊にドローン宅配。規制緩和は特区限定で、なぜか外資系企業ばかり

 政府は、国家戦略特区において小型無人機ドローンによる宅配を認める方針を固めた。 …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

gunosy01
KDDIがニュース閲覧サービスのGunosyに出資。一気にマス・マーケット化が進むか?

 KDDIは2014年3月14日、ネット上でニュース配信サービスを手がけるベンチ …

security
オバマ大統領がサイバーセキュリティの大統領令に署名。だが産業界からは疑問の声も

 オバマ大統領は13日、サイバーセキュリティ対策を強化するための大統領令に署名し …

feisubukkugamen
先進国でしか稼げないフェイスブック。今後どれだけ拡大できるか?

 SNS最大手の米フェイスブックは2015年1月28日、2014年10~12月期 …

foxconn02
シャープ買収の可能性が高まる鴻海精密工業は、実質的に中国企業?

 経営再建中のシャープは2016年2月4日、国策ファンドである産業革新機構ではな …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …