ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国防総省がサイバー攻撃能力を強化。だが実態は既存システムの防御で手一杯

 

 米国防総省は、コンピュータ・システムを使った軍事活動を行う「サイバー司令部」を強化し、現在約1000人の要員を今後数年間で5倍に増やす計画だという。米ワシントン・ポストが報じている。近年、中国やイスラム過激派などによる米国へのサイバーテロが増加していることから、外国の敵対勢力に対する攻撃能力の向上を目指すという。

 この話題からは、サイバー攻撃による戦争が日増しに激しくなっている印象を受ける。各誌も米中サイバー戦争が本格化というトーンで報道している。
 確かにサイバー空間を使った攻撃が増加しているのが事実だが、実態は少し違うようだ。
 米国政府は膨大な数のコンピュータ・ネットワークを保有しており、これらの日常的セキュリティ対策だけで手一杯だというのである。要員増は攻撃態勢の確立という意味もあるが、システムが肥大化し、日常業務の遂行ですらたいへんな状況にあることの裏返しなのだ。

 現在、国防総省だけでも1万5000個のネットワークがあり、全政府レベルでは途方もない数に膨れ上がる。昨年、下院が出した報告書によれば、既存のネットワークのセキュリティ対策に追われ、要員の数パーセントしか攻撃任務に当たっていなかったという。またサイバー攻撃を実施するためのスキルは、既存のシステムを防御するスキルとはまったく異なり、その育成にも時間がかるといわれている。

 今回報じられたサイバー司令部強化策は、(1)発電所や送電網など経済活動に重要なインフラを守る部隊(2)海外での軍事作戦を支援する戦闘部隊(3)国防総省のネットワークを守る部隊、の3種類で構成されている。いわゆる攻撃を目的とするのは(2)だけであり、あとは既存のシステムのセキュリティ強化ということになる。

 中国では膨大な人口を生かして、サイバーテロを部隊を人海戦術で実施している。コンピュータというと、ハイテクで先進的なイメージがあるが、現実には人の頭数が勝負という、泥臭い世界のようである。

 - 政治, IT・科学

  関連記事

seiryokuzu
ハフィントン上陸から1カ月。日本のWebジャーナリズムの勢力図はこうなっている!

 ハフィントンポスト日本版が鳴り物入りでスタートしてから1カ月強が経過した。思い …

cameron2
EU首脳会議、中期予算の減額でようやく合意。英国リスクが今後の焦点に

 欧州連合(EU)は8日首脳会議を開催し、2014~20年のEU予算について合意 …

abe20130901
安倍政権が消費増税を前提にした動きを加速。増税決定はすでに暗黙の了解?

 安倍政権が消費税増税を前提にした動きを加速している。増税の最終判断は10月1日 …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

cameron2
英議会がシリア軍事介入を否決。介入に消極的なオバマ大統領には追い風だが

 シリアへの軍事介入をめぐる状況に変化が生じ始めている。これまでは、英仏が介入を …

wasurerarerukenri
EU司法裁判所が「忘れられる権利」を認定。政治的要素も多分にあり

 ネットに掲載された情報の削除を求める、いわゆる「忘れられる権利」について、欧州 …

lenovo
米国政府が中国製ITシステムの調達を制限。ただし完全な実施は困難との見方

 米国で中国製ITシステムの政府調達を制限する法律が成立した。3月26日に成立し …

kyouin
心の病で休職する教員は民間企業の倍近く。教師の適性に問題があるのでは?

 文部科学省は24日、2011年度において心の病で休職した教員は5274人だった …

inrakku02
タイのインラック首相がとうとう失職。7月の総選挙に向けて混迷の度合いが深まる

 タイの政局がますます混迷の度合いを深めてきた。タイの憲法裁判所はインラック首相 …

asesan48th
閉幕したASEAN外相会議。ようやく共同宣言がまとまったが中国批判は抑制的

 中国の南シナ海進出問題で注目を集めていた東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会 …