ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国防総省がサイバー攻撃能力を強化。だが実態は既存システムの防御で手一杯

 

 米国防総省は、コンピュータ・システムを使った軍事活動を行う「サイバー司令部」を強化し、現在約1000人の要員を今後数年間で5倍に増やす計画だという。米ワシントン・ポストが報じている。近年、中国やイスラム過激派などによる米国へのサイバーテロが増加していることから、外国の敵対勢力に対する攻撃能力の向上を目指すという。

 この話題からは、サイバー攻撃による戦争が日増しに激しくなっている印象を受ける。各誌も米中サイバー戦争が本格化というトーンで報道している。
 確かにサイバー空間を使った攻撃が増加しているのが事実だが、実態は少し違うようだ。
 米国政府は膨大な数のコンピュータ・ネットワークを保有しており、これらの日常的セキュリティ対策だけで手一杯だというのである。要員増は攻撃態勢の確立という意味もあるが、システムが肥大化し、日常業務の遂行ですらたいへんな状況にあることの裏返しなのだ。

 現在、国防総省だけでも1万5000個のネットワークがあり、全政府レベルでは途方もない数に膨れ上がる。昨年、下院が出した報告書によれば、既存のネットワークのセキュリティ対策に追われ、要員の数パーセントしか攻撃任務に当たっていなかったという。またサイバー攻撃を実施するためのスキルは、既存のシステムを防御するスキルとはまったく異なり、その育成にも時間がかるといわれている。

 今回報じられたサイバー司令部強化策は、(1)発電所や送電網など経済活動に重要なインフラを守る部隊(2)海外での軍事作戦を支援する戦闘部隊(3)国防総省のネットワークを守る部隊、の3種類で構成されている。いわゆる攻撃を目的とするのは(2)だけであり、あとは既存のシステムのセキュリティ強化ということになる。

 中国では膨大な人口を生かして、サイバーテロを部隊を人海戦術で実施している。コンピュータというと、ハイテクで先進的なイメージがあるが、現実には人の頭数が勝負という、泥臭い世界のようである。

 - 政治, IT・科学

  関連記事

wakamonohakusho
日本の若者は突出してネガティブという調査結果をどう見るか?

 内閣府は2014年6月3日、2014年版「子ども・若者白書」を公表した。日本の …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

singapol
習近平氏はシンガポール型経済システムに着目。だが実現は絶望的?

 新しく中国共産党総書記に就任した習近平氏が、問題山積の中国の現状に対してどのよ …

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …

osupurei
森本防衛相が自衛隊のオスプレイ導入に含み。外務省が米側の意向を代弁か?

 森本敏防衛相が米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの自衛隊導入について …

koubunshokan
日本の秘密保持、公文書管理、情報公開はそもそもどのような体系になっているのか?

 政府は秋の臨時国会に特定秘密保護法案を提出する。この法案に対しては知る権利をめ …

kitachosen
トランプ政権が思わずホンネ?核を放棄すれば北朝鮮の体制を維持するとのメッセージ

 米軍がアフガニスタンにMOAB(モアブ)と呼ばれる強力爆弾を投下した。あくまで …

rikoran
戦争に翻弄された歴史の生き証人「李香蘭」こと山口淑子氏が死去

 「李香蘭」の名で戦前から戦中にかけて日本と中国で人気を集め、戦後は参院議員もつ …