ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

李明博大統領が退任を前に恒例の特赦を実施。韓国でこの風習がなくならないワケ

 

 韓国の李明博大統領は、退任を前にして約50人に対する特別赦免(特赦)を実施する。特赦とは、大統領の権限で刑の執行を免除できる制度のこと。韓国の歴代大統領は、任期が切れる直前に多くの特赦を実施し、側近を社会復活させてきた。今回の李大統領の措置もこれにならったものと思われる。

 特赦の対象には、あっせん収賄罪で一審・二審ともに実刑判決を受け、上告を断念した崔時仲前放送通信委員会委員長をはじめとして、李大統領の側近が多く含まれている。また党の代表選で買収工作を行ったとして有罪が確定したパク・ヒテ元国会議長、不正献金の罪で実刑を宣告された徐清源前未来希望連帯代表なども特赦の対象となる見通し。
 ただし、李大統領の実兄である李相得元国会副議長については、刑が確定していないなどの理由で特赦の対象から外されたという。

 このような一連の特赦に対して朴槿惠次期大統領は反対する意向を表明しており、政権引継委員会のスポークスマンは、「もし特赦が強行されれば、国民が付与した大統領の権限の乱用に当たり、民意に背く」と述べて、現大統領側を強く牽制した。
 朴槿惠次期大統領の発言には、民意を大事にする姿勢をアピールして政権運営をスムーズにしたいという意図があるが、実はもっと複雑な事情があるという。朴槿惠次期大統領の発言は実は身内に向けられているというのだ。

 韓国では政界の要職についたら、その利権を最大限獲得するのは当然という風潮が根強く、朴槿惠政権を支える幹部の多くも、それを狙っている。特赦に対して厳しい姿勢を示すことで、身内であっても救済しないことを明確にし、不正を防ぎたいとの意向なのである。
 もっとも不正を実行する側は少々異なった考えを持っている。朴槿惠大統領は軍事独裁政権の大統領であった朴正煕氏の娘である。父親はあらゆる利権を独り占めし、朴槿惠氏はその富を最大限に利用して大統領になった。「自分が手を汚していないのは、単に父親の汚れた金を使っただけにすぎない」(韓国情勢に詳しいジャーナリスト)というのだ。

 確かに、政界の不正や側近を優遇する風習に反対する人物が、韓国では最大級の利権政治家であった人物の二世というのは説得力に欠ける。日本でも同様の光景が見られることがある。競争社会の実現や自助努力を強く主張する政治家が二世三世で、本人はまともに競争した経験がないというケースは多い。

 政治家は国民レベルを映す鏡であるといわれる。韓国でも日本でも政治家の利権や世襲を最終的に支持しているのは国民である。国民のレベルが低い国には決して優秀な政治家は生まれてこない。

 - 政治

  関連記事

f35
次期主力戦闘機F35の導入で露呈した、日米防衛産業の苦しい台所事情

 航空自衛隊の次期主力戦闘機であるF35の導入をめぐって、日米の防衛産業の苦しい …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

kichikyoku
携帯基地局の裁判で住民が敗訴。日本人は目に見えないものが苦手なようで・・

 携帯電話の基地局が発する電波の有害性について、日本でも次第に取り上げられるよう …

iryouseido
安倍首相が混合診療の法案提出に言及。背景にあるのは深刻な医療財政

  安倍首相は、公的保険が適用される診療と適用されない診療を併用する「混合診療」 …

gpif201306
公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向 …

mosado02
オーストラリア人工作員の不審死で明るみに出たモサド対外工作活動の実態

 イスラエルの諜報機関モサドの工作員だったオーストラリア人男性が、イスラエルの刑 …

piketishasin
日本の所得上位1%が年収1300万円という識者の指摘は本当か?

 ピケティ・ブームが続く中、日本の所得上位1%は1300万円からという数字がネッ …

no image
旧日本軍の行為が再び俎上に。中韓が日本非難の動きを活発化

 領土問題に付随して中国や韓国が、太平洋戦争当時の日本軍の活動を例に挙げ日本を非 …

furyokuhatuden
自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミッ …

lassen ddg82
米駆逐艦の南シナ海航行。妥協点を模索するも、英国が攪乱要因に?

 米海軍の駆逐艦が、中国が埋め立てを行う南シナ海の南沙諸島付近を航行したことで、 …