ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ヤフージャパンが絶好調。だが日本型ガラパゴス企業への道を着々と歩んでいる

 

 ヤフージャパンは29日、2013年3月期(通期)の業績を上方修正すると発表した。スマートフォン向け広告が順調で、売上高を従来予想から引き上げ、最大3382億円とした。営業利益は最大1817億円、当期利益は最大1121億円となり、売上高、営業利益、最終利益とも16年連続で過去最高を更新する見通し。
 ヤフージャパンは昨年6月、44歳の宮坂学が社長に就任し経営陣の若返りを図った。「爆速」をキャッチフレーズに、スマホ対応を迅速に進めた結果が好業績に結びついた。

 一方、本家本元の米Yahooの業績は何とか4年ぶりに前年比プラスとなったが冴えない状況が続いている。2012年12月期(通期)の売上げは49億8700万ドル(4488億円)、非GAAPベースの純利益は35%増の14億682万ドル(1266億円)だった。

 売上げこそ米ヤフーの方が多いが、利益はほとんど同レベルでヤフージャパンの方が利益率が高いことになる。
 しかも、米国のネット広告市場は約3兆4000億円なのに対して日本は約8000億円と4分の1程度の規模しかない。日本ではヤフージャパンはネット業界のトップ企業だが、米国のヤフーは完全な弱小企業に転落してしまったことが分かる。
 一方、米国の検索広告最大手Googleの2012年12月期(通期)の業績は、売上高が501億7500万ドル(4兆5000億円)、純利益が107億3700万ドル(9660億円)とケタ違いだ。

 米Googleはもはやメディア企業ではなく、検索エンジンを軸にしたテクノロジー企業となっている。一方の米ヤフーは日本のヤフーと同様、テクノロジー企業ではなく、広告収入が主体のメディア企業という位置付けだ。
 米ヤフーはGoogle出身のマリッサ・メイヤー氏をCEOに迎え、テクノロジー重視に舵を切るかに見えたが、状況は混沌としている。
 一方、米国で苦戦する米ヤフーを尻目に、ヤフージャパンは国内のネット・メディアとして圧倒的な地位を確立しつつある。ヤフージャパンは自社をテクノロジー企業として認識しておらず、広告プラットフォームという立場に徹している。実際、同社はインターネットにおけるニュース配信プラットフォームとしても標準的な立場になりつつある。これまでかたくなにヤフーへの配信を拒否してきた朝日新聞がニュースの提供を開始したからである。

 グローバルに見た場合、ヤフージャパンは典型的なガラパゴス企業だが、皮肉にも日本国内での立場は今後より強固になる可能性が高い。業績が絶好調のヤフージャパンは、国内では圧倒的な立場だが、グローバルな展開をまったく見込むことができない、典型的な日本の優良企業となりつつある。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

tosho05
株価の刻み幅を10銭単位に引き下げ。これってどういう意味があるの?

 日本取引所グループが、株価の刻み幅を現在の10分の1に縮小する方向で検討を始め …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

plazuma
パナソニックが上海工場を閉鎖。ようやくプラズマから撤退を決断

 パナソニックが、中国・上海にあるプラズマテレビ組立工場を閉鎖する。すでに生産は …

no image
アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろ …

abedabos201402
法人税引き下げが現実的に。だが税制上の不公平が解消されなければ効果は薄い

 安倍首相がダボス会議において法人税の実効税率の引き下げに言及したことで、政府与 …

bukkajoushou
物価は4カ月連続で上昇。値上げは全品目に波及しつつあるが、これをどう評価すべきか?

 総務省は10月25日、9月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮 …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …

crystalgeyser
同じクリスタルガイザーでも味や成分はバラバラ。ミネラルウォーターの賢い選び方

 原発事故をきっかけに、日本の消費者の間でミネラルウォーターへの関心が高まってい …

soros
ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を …

kokusaishushi201308
日本の国際収支状況から見えてくる、今後の日本企業が進むべき道

 財務省は10月8日、8月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は …