ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始すると発表した。東海道新幹線は開業から約50年が経っており、施設の維持が急務の課題となっていた。東日本大震災や中央自動車道笹子トンネル の天井板崩落事故を受け、改修の前倒しに踏み切った。

 改修の対象となるのは、東京―新大阪間のうち、鉄橋、コンクリート高架橋、トンネルの計約240キロメートル分。鉄橋は233カ所、トンネルは66カ所になる。
 従来は橋の架 け替えなど大規模な改修を想定していたが、既存設備の補修を中心とするやり方に変更した。これによって改修費用は7000億円程度となり、従来計画(1兆 1000億円)より安価になるという。

 日本の社会資本ストックは2008年から減少に転じている。新しく作るインフラよりも劣化してダメになるインフラの方が多くなっているのだ。
 社会資本ストックが劣化していく背景には、バブル崩壊以降20年間も続く不況の影響がある。だが本当の理由は「作りすぎ」である。日本における1人あたりの社会資本ストック総量は欧米の3倍以上あるといわれている。だが日本は欧米に比べて社会インフラが3倍も充実しているという感覚はないどころか、劣っている部分も目立つ。下水道の普及率が75%しかない先進国など日本くらいなものだ。
 ではこの金額がどこに消えているのかというと、ムダな公共事業であることは明白だ。誰も通らない道路や橋に膨大な金額が消えていったのである。

 新幹線はJR東海の稼ぎ頭であり、十分に償却ができる優良資産といえる。新幹線が稼ぎ出すお金で難なく改修が実施できるだろう。だが全国レベルに目を転じれば、ムダな設備投資の繰り返しによって、メンテナンス費用さえ捻出できないインフラが山積している。
 限られた資金を有効な資産に回すためには、使われていない資産は見捨てる必要がある。だが橋や道路は放置すると危険が伴うため、高額の費用をかけて解体する必要がでてくる。行くも戻るも地獄なのだ。政府債務をさらに増大させて改修や解体を実施するか、ボロボロの状態でダマシダマシ使い続けるのかという究極の選択を迫られる日が刻々と近づいている。

 新幹線がインフラの改修に乗り出したことをうけて、業界ではあるインフラに注目が集まっている。首都高速道路である。新幹線と異なり、首都高速のインフラは崩壊寸前といわれており、事故の危険性が日増しに高まっている。
 日本の公共事業の象徴といわれた高速道路網の改修が今後、どのような形で進められるのか?これは日本の財政も含めた将来像を映す水晶球となるだろう。市場はアベノミクスに沸いているが、日本経済が抱える問題の本質は、実はこのインフラにあるのだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

canadabank
英国が中央銀行総裁に外国人を登用。日銀の独立性というならこのくらいやってみろ!

 英国が中央銀行の次期総裁に外国人を任命し、市場関係者の中で驚きが広がっている。 …

tokyotower
消費と生産の低迷がより鮮明に。1~3月期のGDPは連続のマイナス成長か?

 年明け後の各種経済指標が冴えない。消費・生産ともに低迷しており、このままの状態 …

tusruga
敦賀原発の活断層の解釈をめぐって不服申請。活断層の解釈はもはや「言葉遊び」

 日本原子力発電(日本原電)は7月16日、原子力規制委員会に対して行政不服審査法 …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

billgates
マイクロソフトのトップ交代。ゲイツ氏は退任ではなく、実は現場復帰?

 米マイクロソフトは2014年2月4日、同社のナデラ上級副社長が最高経営責任者( …

nandflash
東芝の半導体技術漏洩事件。罰則強化では根本的解決にならない

 東芝の半導体技術が韓国企業に漏洩した問題で、情報提供者に対する厳罰化を求める声 …

obamaegypt
エジプトで軍主導の暫定政権がスタート。背後に控える米国の動向が今後のカギに

 混乱が続くエジプトで、軍部はモルシ大統領を解任、7月4日にはマンスール最高憲法 …

jinkousuikei
50年後の人口は何と8800万人に。政府が掲げる1億人維持など到底不可能

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は2017年4月10日、「将来推計人口 …

sbtakasago
太陽光発電の買い取り価格が2年連続で引き下げの見込み。36円は高いか安いか?

 経済産業省は、太陽光発電の電力買い取り価格を昨年に続いて引き下げる方針であるこ …

kabuka
金融庁の強い意向で毎月分配型投信の販売が減少。それでも顧客は毎月分配型を望む?

 投資信託の販売が急速に落ち込んでいる。アベノミクスによる株価上昇が一段落したこ …