ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イラクで負傷した兵士の両腕移植が成功。皮肉にも戦争で米国の医療技術がさらに進んだ

 

 イラク戦争に派遣され従軍中に両手両足を失った米軍兵士が両腕の移植手術を受け回復した。移植手術を受けたのはブレンダン・マロッコさんで、2009年にイラクで装甲車を運転中、路上爆弾の爆発に遭遇し、両手両足を失った。マロッコさんは、メリーランド州ボルティモアのジョンズホプキンズ病院で手術を受け、無事成功して両腕を得た。

 両腕の移植は難しく、ドイツで2008年に成功したばかりの技術で、米国ではまだ7例しかない。両手両足を失ったケースは始めてだという。

 今回の手術では、死亡した人のドナー(腕を提供してくれた人)の骨髄細胞注入など、移植された腕への拒絶反応を防ぐための新しい技術が用いられている。この兵士は米軍再生医療研究所 (Armed Forces Institute of Regenerative Medicine、AFIRM)が資金を出す抗拒絶反応療法の研究への参加にも同意しているという。

 米国はもともと医療先進国だが、長期間にわたって戦争が行われたため、皮肉にも医療分野の発達がさらに進んだ。
 銃で撃たれた人の生存率はここ数年で急上昇しているが、イラク戦争での処置ノウハウが普及したことが主な原因といわれている。
 また、合併症リスクが少なく、精緻な手術を実現できる手術用ロボット「ダヴィンチ」も、もともとは戦地での手術用に開発された技術がベースになっている。ダヴィンチは患者への負担が少なく、安全性が高いことから、日本の病院でも導入を検討することろが相次いでいる。

 医療技術と医療機器の技術は表裏一体である。高付加価値の医療機器はドイツと米国のメーカーが圧倒的に強い競争力を持っている。医療技術の分野は今後高い成長が期待できるが、日本メーカーの多くはこの市場をまだ攻めあぐねている。

 - 政治, 社会

  関連記事

cyprus03
キプロス支援策は大口預金者のみの負担で何とか決着。だが金融立国継続は絶望的?

 欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領とキプロスのアナスタシアディス大統領との …

hagel02
ヘーゲル氏の国防長官承認。ケリー国務長官とともに、本格的なオバマ外交が始動

 米上院軍事委員会は12日、次期米国防長官に指名されているチャック・ヘーゲル元上 …

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

inuniku
中国の犬肉祭に批判が殺到。捕鯨問題のヒントになる可能性も

 中国広西チワン族自治区の玉林市で毎年夏に行われる恒例行事「ライチ犬肉祭り」を目 …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

no image
財務省人事、真砂氏の次の次官は誰だ?

【本記事は2012年8月のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】「木 …

google schmidt
Googleのシュミット会長が北朝鮮訪問。その先に中国を見据えた米朝交渉が動き始めた

 インターネット検索最大手Googleのエリック・シュミット会長が北朝鮮を訪問す …

jogmec
メタンハイドレートから天然ガスの採取に成功。だがあえて厳しいことを言えば・・・

 政府は3月12日、愛知・三重県沖の海底にある「メタンハイドレート」から天然ガス …

kanntei
日本版NSC設置へ。だが動かない組織の上にいくら新しい組織を作っても結果は同じ

 政府は、外交・安全保障政策の司令塔となる「国家安全保障会議」、いわゆる日本版N …

oecdguria
政府の意向を代弁したOECD事務局長。だが主張する内容は極めて客観的

 政府がOECD(経済協力開発機構)を活用した政策のアナウンスに乗りだしている。 …