ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イラクで負傷した兵士の両腕移植が成功。皮肉にも戦争で米国の医療技術がさらに進んだ

 

 イラク戦争に派遣され従軍中に両手両足を失った米軍兵士が両腕の移植手術を受け回復した。移植手術を受けたのはブレンダン・マロッコさんで、2009年にイラクで装甲車を運転中、路上爆弾の爆発に遭遇し、両手両足を失った。マロッコさんは、メリーランド州ボルティモアのジョンズホプキンズ病院で手術を受け、無事成功して両腕を得た。

 両腕の移植は難しく、ドイツで2008年に成功したばかりの技術で、米国ではまだ7例しかない。両手両足を失ったケースは始めてだという。

 今回の手術では、死亡した人のドナー(腕を提供してくれた人)の骨髄細胞注入など、移植された腕への拒絶反応を防ぐための新しい技術が用いられている。この兵士は米軍再生医療研究所 (Armed Forces Institute of Regenerative Medicine、AFIRM)が資金を出す抗拒絶反応療法の研究への参加にも同意しているという。

 米国はもともと医療先進国だが、長期間にわたって戦争が行われたため、皮肉にも医療分野の発達がさらに進んだ。
 銃で撃たれた人の生存率はここ数年で急上昇しているが、イラク戦争での処置ノウハウが普及したことが主な原因といわれている。
 また、合併症リスクが少なく、精緻な手術を実現できる手術用ロボット「ダヴィンチ」も、もともとは戦地での手術用に開発された技術がベースになっている。ダヴィンチは患者への負担が少なく、安全性が高いことから、日本の病院でも導入を検討することろが相次いでいる。

 医療技術と医療機器の技術は表裏一体である。高付加価値の医療機器はドイツと米国のメーカーが圧倒的に強い競争力を持っている。医療技術の分野は今後高い成長が期待できるが、日本メーカーの多くはこの市場をまだ攻めあぐねている。

 - 政治, 社会

  関連記事

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …

hagejapan201401
ヘーゲル国防長官が来日。日米連携強化を演出したい日本側に配慮

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月5日から2日間の日程で日本を訪問し、安倍 …

mof
日銀総裁の交代とTPPで財務省人事に動き。ただ次官レースには大きな影響はない

【本記事は2013年3月のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】「木 …

seifusenyouki02
安倍首相の東南アジア歴訪が示す「国際競争力なくして安全保障はない」という事実

 安倍首相は7月25日午前、3日間の日程でマレーシア、シンガポール、フィリピンの …

boukusikibetuken
中国が防空識別圏を設定した理由は、政治的なものか軍事的なものか?

 中国政府は11月23日、尖閣諸島上空を含む空域に、防空識別圏を設定したと発表し …

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

shukinpeihoubei2015
習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行ってい …

furunreport
中国版フォーブスと呼ばれる最新の長者番付。米国の資産家の水準に近づく

 中国の民間調査会社である胡潤研究院は、中国の大富豪ランキングである「胡潤百富( …

gaikokujin
訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だった …

caperay
シリア化学兵器の最終処理は何と洋上。川崎重工製の輸送船がプラントに早変わり

 シリアの化学兵器引き渡しに関する最終期限が迫っている。国際機関はシリアからすみ …