ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

強いリーダーシップに憧れる安倍首相が上滑り。企業戦士という昭和なキーワード

 

 安倍政権がスタートしてから約1ヶ月が経過した。日銀に対する強硬姿勢によって円安と株高が実現したこともあり、市場ではアベノミクスに大きな期待が集まっている。首相としては、市場が示した期待感をそのまま政権に反映させ、参院選を制して一気に政権基盤を固めたいところである。
 首相は所信表明演説において「危機」という言葉を14回も使い、強いリーダーシップを発揮して日本を再生すると強調した。

 首相の決意は相当のもののようだが、少々上滑りな感も否めない。それはアルジェリアの人質事件に関する首相のコメントにも端的に表れている。

 人質事件を受けて首相は1月22日、「企業戦士として世界で戦っていた方々が命を落 としたのは痛恨の極みだ」だと述べた。「企業戦士」というフレーズは年配世代の人にとっても久々に聞いた古いフレーズではないだろうか?

 若い人は知らないかもしれないが「企業戦士」とは、昭和の時代、日本の経済成長を支えるため、自身の健康や家庭も顧みず、ひたすら激務に邁進するサラリーマンのことを表現した言葉である。まさに貧しい時代の象徴であった。

 安倍首相がこの言葉を用いたことには他意はないと思われる。なぜなら安倍首相は59歳と若いのだが、感覚的にはかなり古い世代の人間だからである。岸信介元首相の孫として若いうちから政界に入り、保守色が強い大物議員に囲まれていたため「年齢が一回り以上も上の小泉元首相の方が感覚が若いくらい」(政治ジャーナリスト)なのだ。
 またボンボンやひ弱といったイメージを持たれることを極度に嫌っているといわれ、強いリーダーシップに憧れを持っている。このあたりの感覚がないまぜになって企業戦士というキーワードが出てきたと考えられる。

 苦労を知らない二世や三世でも立派なリーダーになれる人は多い。だが苦労知らずのボンボンが、自分の弱さをコンプレックスに思い、ことさらに強さを強調するようになると、多くは空回りして失敗する。
 最近「安倍首相の顔つきが変わってきた」(衆議院議員秘書)との声も多く聞かれるが、自身の弱さも含めてすべてを受け入れるようになれれば、本物のリーダーに脱皮できるかもしれない。だが、果たして安倍首相にその覚悟は出来ているのだろうか?

 アベノミクスの効果や限界が見えてくる今年後半以降になると、いろいろと厳しい局面が出てくる可能性が高い。安倍首相の覚悟がホンモノなのかは、近いうちにはっきりしてくるだろう。

 - 政治

  関連記事

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

mosado02
オーストラリア人工作員の不審死で明るみに出たモサド対外工作活動の実態

 イスラエルの諜報機関モサドの工作員だったオーストラリア人男性が、イスラエルの刑 …

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …

sangiinabe01
総額5.5兆円の補正予算が可決成立。だが昨年より規模が小さく、効果は限定的

 参議院は2014年2月6日、消費税増税をにらんだ経済対策を柱とする2013年度 …

doseikon
仏で大規模な同性婚反対デモが発生。その活動は世代間闘争の様相を呈してきている

 フランスの上院は4月12日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決した。2月には下 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

no image
CIA長官が不倫で辞任。女性記者との破廉恥を暴いたのはライバルFBI

 日本はインテリジェンス(諜報活動)後進国といわれ、諸外国と比べてこの分野に対す …

businessman02
このところ顕著になっている人手不足は景気拡大によるものなのか?

 このところ人手不足がより顕著になっている。人手不足は景気が良くなっている証拠と …

no image
欧州が教会に対する課税を検討開始。ところで日本最大の税金逃れ団体はどこだ?

 財政危機の欧州で、宗教団体などに対する免税措置を見直す動きが広がっている。   …

toyamaceo
文科省の有識者委員会で飛び出したG大学とL大学って何だ?

 L大学とG大学というキーワードが教育関係者の間でちょっとした話題になっている。 …