ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

強いリーダーシップに憧れる安倍首相が上滑り。企業戦士という昭和なキーワード

 

 安倍政権がスタートしてから約1ヶ月が経過した。日銀に対する強硬姿勢によって円安と株高が実現したこともあり、市場ではアベノミクスに大きな期待が集まっている。首相としては、市場が示した期待感をそのまま政権に反映させ、参院選を制して一気に政権基盤を固めたいところである。
 首相は所信表明演説において「危機」という言葉を14回も使い、強いリーダーシップを発揮して日本を再生すると強調した。

 首相の決意は相当のもののようだが、少々上滑りな感も否めない。それはアルジェリアの人質事件に関する首相のコメントにも端的に表れている。

 人質事件を受けて首相は1月22日、「企業戦士として世界で戦っていた方々が命を落 としたのは痛恨の極みだ」だと述べた。「企業戦士」というフレーズは年配世代の人にとっても久々に聞いた古いフレーズではないだろうか?

 若い人は知らないかもしれないが「企業戦士」とは、昭和の時代、日本の経済成長を支えるため、自身の健康や家庭も顧みず、ひたすら激務に邁進するサラリーマンのことを表現した言葉である。まさに貧しい時代の象徴であった。

 安倍首相がこの言葉を用いたことには他意はないと思われる。なぜなら安倍首相は59歳と若いのだが、感覚的にはかなり古い世代の人間だからである。岸信介元首相の孫として若いうちから政界に入り、保守色が強い大物議員に囲まれていたため「年齢が一回り以上も上の小泉元首相の方が感覚が若いくらい」(政治ジャーナリスト)なのだ。
 またボンボンやひ弱といったイメージを持たれることを極度に嫌っているといわれ、強いリーダーシップに憧れを持っている。このあたりの感覚がないまぜになって企業戦士というキーワードが出てきたと考えられる。

 苦労を知らない二世や三世でも立派なリーダーになれる人は多い。だが苦労知らずのボンボンが、自分の弱さをコンプレックスに思い、ことさらに強さを強調するようになると、多くは空回りして失敗する。
 最近「安倍首相の顔つきが変わってきた」(衆議院議員秘書)との声も多く聞かれるが、自身の弱さも含めてすべてを受け入れるようになれれば、本物のリーダーに脱皮できるかもしれない。だが、果たして安倍首相にその覚悟は出来ているのだろうか?

 アベノミクスの効果や限界が見えてくる今年後半以降になると、いろいろと厳しい局面が出てくる可能性が高い。安倍首相の覚悟がホンモノなのかは、近いうちにはっきりしてくるだろう。

 - 政治

  関連記事

linia
総工費9兆円。リニア建設に伴う過剰負債で、JR東海は旧国鉄時代に逆戻り?

 2027年に開業予定のリニア中央新幹線の詳細な走行ルートが明らかになった。リニ …

tusruga
敦賀原発の活断層の解釈をめぐって不服申請。活断層の解釈はもはや「言葉遊び」

 日本原子力発電(日本原電)は7月16日、原子力規制委員会に対して行政不服審査法 …

hosokawakoizumi
細川元首相が都知事選に出馬表明。その後の政局にばかり焦点が当たる奇妙な選挙に

 猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選において、細川護熙元首相が立候補を表明し …

choonsokuheiki
米軍が超音速兵器の実験に失敗。だが戦争の風景は着実に変わりつつある

 米国防総省は2014年8月25日、極超音速兵器「AHW」の飛行試験を行ったが、 …

kourousho
厚労省のマイナンバー収賄事件。汚職の温床となりやすい官庁の調達制度とは?

 マイナンバーに関する事業をめぐり、業者から現金100万円を受け取った収賄の罪で …

hongkongdemo
香港の選挙制度改革に対して中国が事実上のゼロ回答。民主派は猛反発

 3年後に行われる香港の行政長官選挙をめぐって、香港で緊張感が高まっている。中国 …

kerrysensei
親中国派のケリー国務長官が正式に就任。最初の外遊先は中東に決定。

 次期国務長官に内定していたジョン・ケリー氏は2月1日就任宣誓を行い、第68代国 …

no image
イスラム圏が米国へのサイバーテロ攻撃を実施。銀行システムなどが一部ダウン

 イスラム教を揶揄したされる映画が発端で、西欧社会に対するイスラムの反発が激化し …

saujisaruman
サウジアラビアのサルマン国王が1000人を引き連れて異例の来日。背景には強烈な危機感

 サウジアラビアのサルマン国王が2017年3月12日、来日した。13日には安倍首 …

snowden
すべて米国に言われるがまま。スノーデン事件で明らかになった欧州の弱腰

 米国情報機関の監視を暴露したCIA元職員エドワード・スノーデン氏の処遇をめぐっ …