ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている。チベットなど汚染のない地域の空気を缶詰にした商品が大ヒットしているのだ。

 この商品を発売したのは、中国では有名な大富豪の陳光標氏だ。陳氏は、東日本大震災の直後に東北に入り、救援物資を運搬するなどの社会貢献を行った人物としても知られている。

 「缶空気」の値段は1つ5元(約80円)で、缶には陳氏の似顔絵が印刷されている。販売初日から飛ぶように売れ、数日で完売したという。
 陳氏は、缶空気を販売したのはお金のためではないと説明している。確かに陳氏は、環境と自身の健康のために、自転車通勤を毎日実践していることでも知られている。また常々「子孫のためにきれいな空気を残したい」と語っており、自身が死亡した後は500億円にも上るとされる資産をすべて寄付することも公言している。

 陳氏の行動は、大気汚染に対して抜本的な対策を打たない当局に対するシニカルな批判とも解釈できる(本誌記事「悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?」参照)。陳氏は当局に対する批判と解釈されないよう、様々な仕掛けを凝らしている。
 販売されている缶に入った空気はいろいろな地方のバージョンが、その地域の多くは政治的に意味のある場所なのだ。例えば井崗山は毛沢東が革命の根拠地とした場所で、共産党にとってはまさに聖地ともいうべき所である。また雲南省は少数民族政策という意味で、チベットや台湾は中国統一という意味で重要な場所である。極めつけは尖閣諸島で、缶空気の収益はすべて「尖閣諸島問題」のために寄付するというのである。

 これは一種の愛国無罪であり、尖閣死守や革命支持を訴えていれば、その他の部分で当局を批判しても、弾圧されるリスクはかなり少なくなるというわけだ。もちろん陳氏のスタンスがすべての人に受け入れられているわけではない。単純な売名行為と解釈している人もたくさんいる。

 陳氏の真意はともかく、実用的には意味をなさないこの缶を購入した人は、ユーモアにお金を払ったわけであり、それは中国が成熟社会になった証でもある。
 かつてマルクスは共産主義の基本概念の一つである労働価値説に基づき、水には交換価値がないと主張した。その理屈でいけばさらに存在が当たり前の空気に価値など生まれるはずがない。だが空気にこれだけの値段が付いているということは、大気汚染という皮肉な事態がきっかけではあるものの、共産主義国家である中国がもはや共産主義国家ではなくなったことを象徴しているといえる。

 - 社会, 経済

  関連記事

banankieren
米FRBが量的緩和縮小を決定。今回の決定が100点満点である理由

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日、FOMC(連邦公開市場 …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …

wall
米司法当局が金融機関を次々に提訴。民主党系のNY州司法長官はヤル気マンマン

 米国の司法当局が、サブプライム・ローンに絡んで、相次いで金融機関を提訴している …

fintech01
スマホの利用履歴で融資の可否を判断。近い将来、銀行は要らなくなる?

 ネットを使った金融サービスの分野に地殻変動が起きようとしている。銀行というビジ …

rio
変わるカトリック教会。ブラジルではプロテスタントに対抗して現代マーケティング手法を導入

 カトリック教会のフランシスコ新法王が就任して4カ月が経過した。性的虐待問題やマ …

cruise
メキシコ湾巨大クルーズ船立ち往生3日目。だが株価にはほとんど影響なし

 エンジンルームで火災が発生し、航行不能になったメキシコ湾の大型クルーズ船「カー …

sebunsuzu
セブン&アイ鈴木会長が退任。自らが主導した人事案は取締役会で否決

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者は2016年4月8 …

maruhi
特定秘密保護法案に関する日本人の何ともお粗末な議論

 政府は10月4日、特定秘密保護法案に関するパブリックコメントの結果を公表した。 …

hiroyuki
見せしめ?2ちゃんねるに家宅捜索。だが追求すべきはひろゆき氏の賠償金未払いの方

 遠隔操作ウイルス事件で、インターネット掲示板「2ちゃんねる」に真犯人が直接書き …