ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米有力議員団が中国と韓国を相次いで訪問。従軍慰安婦問題が急浮上の可能性も

 

 米下院外交委員長のエドワード・ロイス議員を中心とした米議員団が中国と韓国を相次いで訪問している。安倍総理の訪米がようやく決まった日本とは対照的に、オバマ政権二期目のスタートに合わせて、米中、米韓の外交が早くも活発化している。

 米議員団は1月31日、中国の北京を訪れ次期首相に内定している李克強副首相と会談した。

 李副首相は「中米関係は重大な戦略的意義と世界的な影響力がある」と指摘、両国のパートナーシップを発展させるカギは、2つの利益に上手く対処することだと強調した。
 李副首相は、昨年12月にカーター元大統領と会談するなど、米国のキーマンとのネットワークを強化している。

 一方、議員団長を務めるロイス議員は、今月初めに下院外交委員長に就任したばかりの新しい米政界キーマンのひとり。
 最近米国で台頭しつつある台湾を放棄して中国と友好関係を結ぶという考え方に対して「甘すぎる」と批判するなど、必ずしも中国に友好的な人物というわけではない。だが、就任後、初の訪問先のひとつに中国を選んだことは、米議会においても中国を重視していることを示す狙いがあると思われる。

 一行はその後、韓国を訪問し、朴槿恵次期大統領と会談を行った。実はロイス議員はワシントンでは親韓派の議員として知られており、北朝鮮政策についても強い影響力を持っている。朴次期大統領との会談では北朝鮮の核実験問題について意見を交換した。
 日本として非常に気になるのは、議員団の中に、もっとも知韓派と言われ、慰安婦に対する日本政府の謝罪を求める下院決議案の採択を主導したことでも知られるファレオマバエガ議員が含まれていることだ。
 米国の政界では、2007年に下院が決議した「慰安婦問題で日本を非難する声明」に続く「第2の決議」の採択が検討されている。ロイス議員はこれに賛同の意を示していると言われ、ファレオマバエガ議員と共に韓国を訪問することで、この動きが一気に加速する可能性がある。

 日本には米中、米韓関係の動きを報じる記事が少なく、日本人が知らない間に、日本にとって不利益となる話が進展しているという状態になりなねない。米中関係、米韓関係の動きに日本人はもっと敏感になるべきである。

 - 政治

  関連記事

narouchiage
3度目の正直!韓国がロケット打ち上げにようやく成功。それが意味するものとは?

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号(ナロ号)」が30日午後、羅老宇宙センター …

tusruga
敦賀原発の活断層の解釈をめぐって不服申請。活断層の解釈はもはや「言葉遊び」

 日本原子力発電(日本原電)は7月16日、原子力規制委員会に対して行政不服審査法 …

no image
銃撃で死亡した山本美香氏。ビデオジャーナリストの実態はTV局の下請労働者

 内戦が続くシリアで日本人ジャーナリストの山本美香氏が銃撃を受けて死亡した。勇気 …

abesingapore
大企業は実は法人税をあまり払っていない!安倍首相の法人減税見直し指示に異論

 安倍首相が法人税の引き下げを検討するよう関係府省に指示したとの報道が話題となっ …

tppatlantagoi
TPP交渉がようやく決着へ。各国の国内事情から実質的には来年以降のスタート

 米アトランタで開催されていたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が …

hongkongdemo
香港でTV局新規開設をめぐってデモ。日本と香港が抱える問題には共通点が多い

 中国の香港で、テレビ局新設を申請した企業に特区政府が放送免許交付をしなかったこ …

obamaisrael
オバマ大統領が就任以来初めてイスラエルを訪問。イスラエルとの蜜月は終わりの始まり?

 米国のオバマ大統領は3月20日、就任以来初めてイスラエルを訪問した。オバマ政権 …

abeseichousenryaku
成長戦略が完全に頓挫?だが本当に追い込まれているのは首相ではなく日本国民

 政府は6月12日に開催した産業競争力会議において成長戦略の最終案を固めた。企業 …

kakugi02
緊急経済対策が正式に閣議決定。内容は経済産業省の意向を強烈に反映している

 政府は11日午前の閣議において緊急経済対策を正式決定した。地方自治体や民間企業 …

abejosei
若者と女性の雇用を促進するという官邸主導の会議はまさに茶番劇

 政府は13日、「若者・女性活躍推進フォーラム」の初会合を首相官邸で開催した。出 …