ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米有力議員団が中国と韓国を相次いで訪問。従軍慰安婦問題が急浮上の可能性も

 

 米下院外交委員長のエドワード・ロイス議員を中心とした米議員団が中国と韓国を相次いで訪問している。安倍総理の訪米がようやく決まった日本とは対照的に、オバマ政権二期目のスタートに合わせて、米中、米韓の外交が早くも活発化している。

 米議員団は1月31日、中国の北京を訪れ次期首相に内定している李克強副首相と会談した。

 李副首相は「中米関係は重大な戦略的意義と世界的な影響力がある」と指摘、両国のパートナーシップを発展させるカギは、2つの利益に上手く対処することだと強調した。
 李副首相は、昨年12月にカーター元大統領と会談するなど、米国のキーマンとのネットワークを強化している。

 一方、議員団長を務めるロイス議員は、今月初めに下院外交委員長に就任したばかりの新しい米政界キーマンのひとり。
 最近米国で台頭しつつある台湾を放棄して中国と友好関係を結ぶという考え方に対して「甘すぎる」と批判するなど、必ずしも中国に友好的な人物というわけではない。だが、就任後、初の訪問先のひとつに中国を選んだことは、米議会においても中国を重視していることを示す狙いがあると思われる。

 一行はその後、韓国を訪問し、朴槿恵次期大統領と会談を行った。実はロイス議員はワシントンでは親韓派の議員として知られており、北朝鮮政策についても強い影響力を持っている。朴次期大統領との会談では北朝鮮の核実験問題について意見を交換した。
 日本として非常に気になるのは、議員団の中に、もっとも知韓派と言われ、慰安婦に対する日本政府の謝罪を求める下院決議案の採択を主導したことでも知られるファレオマバエガ議員が含まれていることだ。
 米国の政界では、2007年に下院が決議した「慰安婦問題で日本を非難する声明」に続く「第2の決議」の採択が検討されている。ロイス議員はこれに賛同の意を示していると言われ、ファレオマバエガ議員と共に韓国を訪問することで、この動きが一気に加速する可能性がある。

 日本には米中、米韓関係の動きを報じる記事が少なく、日本人が知らない間に、日本にとって不利益となる話が進展しているという状態になりなねない。米中関係、米韓関係の動きに日本人はもっと敏感になるべきである。

 - 政治

  関連記事

shudempsey
デンプシー米統合参謀本部議長が習近平氏と会談。米中のアジア戦略交渉がスタート?

 中国の習近平国家主席は4月23日、中国を訪問している米国のデンプシー統合参謀本 …

boueishou
防衛相も知らない自衛隊の極秘海外活動があったという報道をどう考えるか?

 陸上自衛隊の秘密情報部隊が、首相や防衛相にも知らせず海外で極秘活動を行っていた …

hadiemen
悪化するイエメン情勢。米国の中東政策は昔に逆戻り?

 国連の潘基文事務総長は2015年2月12日、イスラム教シーア派系民兵組織が事実 …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

kyosantobakuha
中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会 …

tacloban
フィリピンのアキノ大統領が、被災した現地自治体を批判した政治的背景

 台風30号で壊滅的な被害を受けたフィリピン・レイテ島の復興をめぐって、あらたな …

gaikokujinrodosha
これは事実上の移民政策?オリンピック以後も外国人労働者を継続して受け入れへ

 安倍政権が外国人労働者の受け入れ拡大に向けて本格的に動き始めた。安倍首相は20 …

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

rikokkyou02
中国政府が「影の銀行」の推定規模を公表。事実なら、日本や米国のバブルを超える水準

 中国政府のシンクタンクである社会科学院は10月9日、中国経済における「影の銀行 …