ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米有力議員団が中国と韓国を相次いで訪問。従軍慰安婦問題が急浮上の可能性も

 

 米下院外交委員長のエドワード・ロイス議員を中心とした米議員団が中国と韓国を相次いで訪問している。安倍総理の訪米がようやく決まった日本とは対照的に、オバマ政権二期目のスタートに合わせて、米中、米韓の外交が早くも活発化している。

 米議員団は1月31日、中国の北京を訪れ次期首相に内定している李克強副首相と会談した。

 李副首相は「中米関係は重大な戦略的意義と世界的な影響力がある」と指摘、両国のパートナーシップを発展させるカギは、2つの利益に上手く対処することだと強調した。
 李副首相は、昨年12月にカーター元大統領と会談するなど、米国のキーマンとのネットワークを強化している。

 一方、議員団長を務めるロイス議員は、今月初めに下院外交委員長に就任したばかりの新しい米政界キーマンのひとり。
 最近米国で台頭しつつある台湾を放棄して中国と友好関係を結ぶという考え方に対して「甘すぎる」と批判するなど、必ずしも中国に友好的な人物というわけではない。だが、就任後、初の訪問先のひとつに中国を選んだことは、米議会においても中国を重視していることを示す狙いがあると思われる。

 一行はその後、韓国を訪問し、朴槿恵次期大統領と会談を行った。実はロイス議員はワシントンでは親韓派の議員として知られており、北朝鮮政策についても強い影響力を持っている。朴次期大統領との会談では北朝鮮の核実験問題について意見を交換した。
 日本として非常に気になるのは、議員団の中に、もっとも知韓派と言われ、慰安婦に対する日本政府の謝罪を求める下院決議案の採択を主導したことでも知られるファレオマバエガ議員が含まれていることだ。
 米国の政界では、2007年に下院が決議した「慰安婦問題で日本を非難する声明」に続く「第2の決議」の採択が検討されている。ロイス議員はこれに賛同の意を示していると言われ、ファレオマバエガ議員と共に韓国を訪問することで、この動きが一気に加速する可能性がある。

 日本には米中、米韓関係の動きを報じる記事が少なく、日本人が知らない間に、日本にとって不利益となる話が進展しているという状態になりなねない。米中関係、米韓関係の動きに日本人はもっと敏感になるべきである。

 - 政治

  関連記事

no image
TPPの議論は不毛。農業のグローバル化は想像以上に進んでいる

 世界の食料品マーケットがすごいことになっている。  福島原発以降、国産米の価格 …

abetouben
安倍政権が考える言論の自由と民主党が考える言論の自由

 与野党の間で「言論の自由」の考え方をめぐって論争となっている。安倍首相がテレビ …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

merukeruputin
プーチン大統領の独裁に抗議してトップレス女が乱入。メルケルは驚いたが本人は余裕

 ドイツを訪問中のプーチン露大統領の前にトップレスの女性が現れ、プーチン大統領の …

chongchongan
北朝鮮の貨物船がパナマ運河で強制停泊。積荷はミサイル部品の可能性大

 パナマ政府は7月15日、キューバを出航しパナマ運河を通過しようとした北朝鮮籍の …

uschinadialog2014
6回目の米中戦略・経済対話が北京で開催。ケリー国務長官とルー財務長官が揃って参加

 米中両国が、安全保障問題や経済問題について話し合う第6回米中戦略・経済対話が2 …

tpphawai
TPPは最終合意に至らず閉幕。今後の政治日程は極めて厳しい

 環太平パートナーシップ協定(TPP)閣僚会合は2015年7月31日、最終合意に …

kokusaishushi201406
上期の経常収支が赤字に。経常赤字を前提にした体制の整備が必要

 財務省は2014年8月8日、2014年上半期の国際収支を発表した。最終的な国の …

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …

pfi
PFIが成長戦略の中核として急浮上。だがその実態はハコモノ行政の維持

 政府の成長戦略における中核的プランとして、民間資金を活用したインフラ整備(PF …