ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国内化学各社が相次いでエチレン生産から撤退。米国シェールガス革命のインパクト

 

 住友化学は2月2日、石油化学製品の原料であるエチレンの国内生産を停止すると発表した。国内石油化学事業の拠点である千葉工場のエチレン製造設備を2015年9月までに停止する。
 千葉工場の年間生産能力は約38万トン。エチレン製造設備停止後は、京葉エチレン株式会社(丸善石油化学、三井化学、住友化学の合弁会社)からの調達量を増加させることにより必要量を賄う予定。

 一方、京葉エチレンに出資している三井化学は、京葉エチレンから出資を引き上げ、提携を解消する。三井化学は供給過剰な状態が続いており、京葉エチレンからの受け取り分を無くして、自社工場の稼働率を高めたい意向だ。

 京葉エチレンは、千葉コンビナート内にある工場でエチレンを年69万トン生産。共同出資の3社に供給していた。
 資本金は60億円で、出資比率は丸善石油化学が55%、住友化学と三井化学が22.5%。三井化学が出資を引き揚げた後の、丸善石油化学と住友化学の出資比率は決まっていない。

 住友化学では、国内のエチレン生産から撤退する理由として、内需の減少と輸入品の増加をあげている。だがここにきて、次々と各社がエチレン製造から撤退しているのは、米国のシェールガス革命の影響が大きい。
 エチレンは主にエタンから製造するが、米国ではシェールガスの採掘が相次いでいることから、エタンの価格が半分まで下落している。エチレンの製造コストのうち6割がエタンの原料コストとなっていることを考えると、エチレン製造プラントにおける影響は極めて大きい。
 エタンの価格下落を受けて、ダウ・ケミカル社やエクソン・モービル社など、米国の化学、石油メーカーが相次いで米国内に工場を建設することを表明している。また三菱ケミカル、旭化成、クラレなど、日本の化学メーカー各社も米国に工場を建設することを検討している。
 米国は世界最大のエネルギー消費国から一転、世界最大のエネルギー産出国になろうとしており、この流れをうけて製造業も米国に回帰してくる可能性が高くなってきたのである(本誌記事「日本メーカーが相次いで製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?」参照)。

 米国に製造拠点が回帰することで、これまで新興国に流出していたモノ作の流れが大きく変化するかもしれない。また天然ガスを燃料とする自動車が、電気自動車をはるかに凌駕し、次世代エコカーの主流になるという大胆な見方も出てきている。
 エネルギー革命の主役は、太陽光や風力ではなく、シェールガスだったのかもしれないのだ。

 - 経済

  関連記事

zaiseishuusi
政府が財政収支の試算を公表。2020年度PB黒字化は達成困難に

 政府は2014年7月25日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。日本政 …

bitcoin
各国がビットコイン規制を検討中。だがそれはタテマエかもしれない

 仮想通貨ビットコインの主要取引所マウンドゴックスが破綻したことを受けて、日本政 …

kosakukiki
7~9月期GDPを占う7月の機械受注統計。結果はやはりいまひとつ

 内閣府は2014年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

taburetokyoiku
アップルが米国の学校に5万台のiPadを無償提供する理由はプログラミング言語の普及

 アップルが利用者の裾野を広げる戦略を進めている。9月8日の新型iPhoneの発 …

josei02
女性活用は効果6兆円との試算。だが女性も働かないと経済を維持できないのが現実

 電通総研は7月25日、主婦の再就業による経済波及効果に関するレポートを発表した …

bananki
バーナンキFRB議長の議会証言。QE3早期終了は否定したが、年内の縮小開始を示唆

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は5月22日、米議会で証言し量的 …

jinmingen02
中国の金融引き締めで追い込まれる中小銀行。当局は大混乱覚悟で続行か?

 中国で短期金利が急騰し、流動性が逼迫している問題で、中央銀行にあたる中国人民銀 …

bukkajoushou
物価上昇率はとうとう1%割れ。だが確実にインフレ期待は醸成されている?

 総務省は2014年11月28日、2014年10月の消費者物価指数を発表した。代 …

bouekitoukei 201406
貿易赤字は引き続き小康状態。この間に次のフェーズへの対策が必要

 財務省は2014年7月24日、6月の貿易収支を発表した。輸出額から輸入額を差し …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …