ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

親中国派のケリー国務長官が正式に就任。最初の外遊先は中東に決定。

 

 次期国務長官に内定していたジョン・ケリー氏は2月1日就任宣誓を行い、第68代国務長官に正式就任した。ヒラリー・クリントン氏は任期を終え退任した。クリントン氏は最終日もトルコの米国大使館で発生した自爆テロへの対応で、最後まで慌しい任務となった。

 ケリー国務長官は、上院の外交委員長を務めていた議員きっての外交通。ベトナム従軍経験があるが、かつては反戦活動議員としても知られていた。基本的な考え方はオバマ大統領に近く、軍事力のむやみな行使には慎重な姿勢といわれる。
 上院はケリー氏の国務長官指名に対して、賛成94、反対3の賛成多数で承認している。承認に向けた公聴会では、内戦状態にあるシリアについて民主化への移行は困難と分析、イランの核開発問題では交渉での解決を優先する姿勢を明確にしている。
 初の外遊先は中東となる可能性が高く、2月中旬にはエジプト、イスラエルを訪問すると見られる。

 またケリー長官は親中国派としても知られている。ケリー氏の母親は中国との貿易で財をなしたフォーブス財閥の出身であり、中国との利害関係も深い。中国のメディアはケリー長官の親中国的な立場を好意的に取り上げ、米国の中国に対する圧力が低下するのではと期待を寄せている。

 米国の安全保障上の最大の関心事は中東から中国に移りつつある。米国における日本の関心はかなり下がってきており、オバマ大統領もほとんど日本には興味を示していないといわれる。その中で親中国派の国務長官が就任する影響は大きく、日本の立場がさらに弱体化する可能性が出てきている。
 中東への歴訪が終了したのち、アジア歴訪が予想されるが、その頃にはオバマ新体制におけるアジア政策がどのようなものなのか、よりはっきりしてくるだろう。

 - 政治

  関連記事

shukinpei04
習主席の米国訪問日程が近付く。ささやかれ始めた首脳会談の本当のテーマ

 中国の習近平国家主席は、5月31日から6月6日の日程で、トリニダード・ドバゴ、 …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

geitsu
ゲーツ元国防長官のオバマ大統領批判から、文民統制の本当の意味を考える

 米国のゲーツ元国防長官が近く発売される回顧録の中で、アフガン戦争をめぐるオバマ …

mof02
来年度予算は大幅増額で100兆円突破の見込み。財政再建からはさらに一歩後退

 2014年度予算の概算要求が各省から出揃いつつある。概算要求の締め切りは8月3 …

makein
「尖閣諸島は日本の領土である」とのマケイン上院議員の発言はリップサービス?

 米共和党の上院議員で米国の政界に大きな影響力を持つジョン・マケイン氏が8月21 …

hadiemen
悪化するイエメン情勢。米国の中東政策は昔に逆戻り?

 国連の潘基文事務総長は2015年2月12日、イスラム教シーア派系民兵組織が事実 …

saka
日本郵政の斉藤社長が退任。後任は竹中氏の天敵。郵政民営化見直しはこれで完成形?

 日本郵政は19日午前、臨時取締役会を開き、斎藤次郎社長の退任を決定した。後任に …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

nichushunou
日中首脳会談で関係改善を確認。背景には安倍首相の訪米と議会演説

 安倍首相は2015年4月22日、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記 …

obamaorando2014
オランド仏大統領が訪米。事実婚解消による単身渡米で盛り上がりは今ひとつ

 フランスのオランド大統領は2014年2月11日、米国を訪問しオバマ大統領と首脳 …