ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランスのマスゴミがGoogleから75億円をゲット。だがまだまだ嫌がらせは続く

 

 米Googleが新聞社のコンテンツをタダ乗りしているとして、検索結果の表示に課税する法律が検討されていたフランスで、Googleとの妥協案がほぼまとまった。

 妥協案は、Googleがフランスにおける電子出版を支援するファンドに8200万ドル(約75億円)を出資するとともに、同社の広告プラットフォームをフランスのメディア各社に割安で提供するというもの。その代わり、検索エンジンで参照するメディアのコンテンツについてはGoogleはライセンスの支払いを免除される。

 欧州ではGoogleなど米国のグローバル企業に対する反発が強く、課税強化などを検討しているところも多い。フランスは特にその意識が強いといわれてきた。またフランスのメディア産業は日本と同様、保護産業であり、大きな政治利権となっている。Googleに対しては、政治家も巻き込んで様々な圧力がかけられていた。

 結局今回は、75億円という一時金で解決することになり、1兆円以上の利益を上げるGoogleにとってはほとんど無償で交渉を乗り切ることができたことになる。だがこのような交渉が世界各地で行われるとGoogleの業績にボディーブローのように効いてくる可能性もある。またメディア企業側もあれだけコンテンツの保護や文化的意義を唱えておきながら、わずか75億円で妥結してしまったことに、一部からは失望の声も上がっている。

 一方、フランス財務省は、GoogleやAmazonに対して、収集した個人情報に対する課税措置も検討している。米国のグローバル企業に対する欧州の嫌がらせは当分続く可能性が高い。

 - 社会, 経済, IT・科学

  関連記事

drugeconomy
麻薬や売春など地下経済をGDPにカウントする動き。ランキングに混乱も

 麻薬や売春など、いわゆる地下経済をGDP(国内総生産)に含めることに関する議論 …

kokkaigijido02
基礎的財政収支黒字化はますます困難に。だが、足元ではそれ以上の懸念材料が・・・

 2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという政府公約 …

bukkajoushou
消費税の便乗値上げはあったのか?4月の東京都区部の消費者物価指数は2.7%上昇

 消費増税後、初の物価統計として注目されていた4月における東京都区部の消費者物価 …

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …

roujin03
イタリアで若者のために高齢者の早期退職を促す動き。だが社会全体の負担は増加?

 改正高齢者雇用安定法の施行によって、日本では生涯を通じて働くことが可能になって …

abekeitaiminaosi
首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社 …

no image
サラリーマンの閨閥が日本企業をダメにする

 よく知られていることだが、経営危機に陥っているシャープの前会長の町田氏は、同社 …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

googlemusume
Google会長の娘が北朝鮮訪問記を公開。だが北朝鮮の光景は日本にも通じるものだった

  北朝鮮を電撃訪問したインターネット検索最大手グーグルのシュミット会長の娘であ …

softbankpepason
四半期決算好調も株価が冴えないソフトバンク。重しはやはり米国事業

 ソフトバンクの米国事業が同社の株価の重しとなっている。足元の業績は好調だが、本 …