ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本人はオバマ大統領が大好きだが、向こうは無関心。このギャップがもたらす危険な未来

 

 日本人のオバマ大統領に対する支持率が極めて高いことが明らかになった。ライフネット生命保険株式会社が2012年12月に実施した調査によると、オバマ大統領を支持するかという質問に対して92.2%が支持すると回答した。また調査対象である10代~50代までのどの世代においても9割前後となっており、すべての世代から支持を集めていた。

  同調査の対象となったのは、オバマ大統領の再選を知っていた15歳~59歳の男女1000人。携帯電話によるインターネットリサーチで集計を行った。

 2期目のオバマ政権にどのようなことを期待するかという質問に対しては、最も多かったのは「日本経済への好影響」(63.9%)で、次いで「日米同盟の強化」 (49.3%)、「核なき世界の実現」(42.3%)、「アジア情勢の安定化」(40.8%)などが続いている。

 アンケート結果からは、オバマ大統領に対する日本人の人気は高く、日本との同盟関係が強化されることを強く望んでいることが伺える。
 条件が異なる調査なので単純な比較はできないが、ブッシュ大統領一期目に新聞社が実施した携帯電話アンケートでは再選を望まないとする人が80%を超えたことを考えると、ブッシュ大統領と比べてオバマ大統領の支持が極めて高いことが分かる。

 日本人はオバマ大統領に対して並々ならぬ好意を抱いているようだが、肝心のオバマ大統領は日本のことをどう考えてるのだろうか?オバマ大統領は安倍首相が就任直後、近い時期の訪米を打診したにも関わらず、それを一蹴したことからも分かるように「日本のことなどほとんど興味がない」(米国政界に詳しいジャーナリスト)というのが実情だ。
 日本に対する興味や親近感という意味では、圧倒的にブッシュ大統領の方が高く、外交上の優先順位も高かった。日本人は日本に対して親近感を持つ大統領を嫌い、日本のことに関心を寄せない大統領に片思いをしているという状況なのである。

 これは、ブッシュ大統領とオバマ大統領の個人的嗜好の問題ではない。リーマンショック以降、米国社会は大きく変化し、日本と同盟関係を維持する必要性が急速に低下してきている。ブッシュ大統領の日本びいきやオバマ大統領の日本に対する無関心は、米国の現状をそのまま反映しているのだ。
 一方、日本人が抱く、ブッシュ大統領が嫌いでオバマ大統領が好きという感覚は、おそらくイラク戦争を遂行したブッシュ大統領と、黒人で庶民の味方というオバマ大統領の単純なイメージを、無邪気に反映しているだけと考えられる。

 日米同盟は戦後日本の根幹であり、好むと好まざるとに関わらず、絶対的な存在であった。そのような環境においては、イメージ優先の無邪気な発想も許容されたかもしれない。だがその日米同盟は、いつ破棄されてもおかしくない状態だ。米国の大統領が誰であっても、日米関係は変わらないという幸せな時代はとうの昔に過ぎ去ったのである。

 米国の大統領が誰になるのかで、日本の将来が激変するという、厳しい時代に入っている。米国の大統領をイメージで語れるような余裕は、もはや今の日本にはない。

 - 政治

  関連記事

kerrysensei
親中国派のケリー国務長官が正式に就任。最初の外遊先は中東に決定。

 次期国務長官に内定していたジョン・ケリー氏は2月1日就任宣誓を行い、第68代国 …

kobayshiseiyaku
ドラッグストア業界の圧力?小林製薬が薬のネット販売を中止

 小林製薬は1月から大衆薬のインターネット販売を中止する。ネット販売を中止するの …

kurodashirakawa
実は似た者同士?正反対といわれる黒田、白川両総裁には共通の目的があった?

 従来の日銀とはまったく異なる異次元の金融政策を打ち出した黒田総裁は、前総裁の白 …

no image
決着が付いていない中国の政権争い。誰と誰が揉めているの?

 中国の次期政権をめぐるゴタゴタはまだ解決していないようだ。  党総書記に内定し …

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

ooigenpatu
原子力規制委員会がまとめた原発の新安全基準骨子は、迷走する原発政策の象徴

 原子力規制委員会は1月31日、内部に設置した有識者会合において、原発の安全性に …

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

mof05
2016年度予算案閣議決定。税収増も社会保障費の伸びで相殺

 政府は2015年12月24日、2016年度予算案を閣議決定した。予算総額は4年 …

kanmintaiwa
企業に設備投資を要請する官民対話。企業の財布は便利な財源?

 政府は2015年10月16日、企業に設備投資を促すための官民対話の初会合を開催 …