ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際長期国債の利回りは安倍政権のスタート以降、じわじわと上昇している。

 銀行や生保などの金融機関が金利上昇リスクに備え始めたと2月4日の日本経済新聞が報じている。
 銀行や生保が保有する国債の価格は金利が上昇すると下落するが、その下落分は損失として計上しなければならない。金融機関はその対策を講じ始めているというものである。

 銀行は価格下落の影響が少ない短期債への乗り換えを進め、一方生保は会計上の特例措置を使って時価評価をしなくてもよい簿価評価区分に切り替えを進めているという。

 ここ1~2年の間、金利上昇に伴うリスクを警戒する記事がマスコミに掲載されることが多くなっているが、背後には消費税の増税と財政再建を急ぎたい財務省の意向が強く働いているといわれている。この記事がそれに該当するのかどうかは定かではないが、少々奇妙な記事ではある。

 まず銀行と生保では金利上昇による影響が大きく異なっている。銀行は負債よりも資産の方が運用期間が長期になる(負債に相当する顧客からの預金は要望があればすぐに返さなければならないから)。長期で運用するものほど金利上昇時の価格下落が大きくなるので、銀行は金利が下落すると損失が拡大する。このため短期債に乗り換えることには意味がある。
 一方生保は、資産よりも負債の方が運用期間が長期になる(生命保険が支払われるのは顧客が死亡してから)。このため、金利が上昇するとむしろ経営上有利になる面がある。

 もっとも日本の生保は負債側は時価評価しておらず、資産側だけを時価評価すると一方的に損をする可能性があり、その意味で資産の一部を簿価評価に移すことには一定の意味はある。だが基本的に生保は金利上昇に対してそれほど敏感になる必要はないというのが実情だ。
 また銀行の運用期間の短縮はかなり以前から進められており、最近始まったことではない。以上から考えると、金融機関が金利上昇に備え始めたというのは、必ずしも現状を反映したものではないことが分かる。

 金融機関の国債運用については、実はもっと深刻な問題がある。今後、長期国債を購入する主体がいなくなってしまう可能性が高くなっているのだ。銀行は継続的な金利上昇やインフレが見込まれれば、今後は長期債の購入をさらに控えてくるだろう。
 残るは生保だけが頼りとなるが、日本は人口減少と高齢化が進み、高齢者の保険加入が増加する可能性が高い。そうなると、生保の負債側の運用期間が短縮してくるため、長期債の保有を避けるようになってくる。機関投資家の誰もが長期債を購入しなくなってしまうのだ。

 長期債を購入する主体がいなくなると、ますます長期金利が上昇し、最終的には国債の信用そのものが危ぶまれてくる。金利上昇で金融機関が危ないというのは短期的、表面的な現象に過ぎない。水面下ではもっと深刻な事態がじわじわと進行中なのである。

 - 経済

  関連記事

IMF201607
IMFが世界経済の最新見通し。英国離脱も意外と景気は底堅い?

 IMF(国際通貨基金)は2016年7月19日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

canadabank
英中銀の外人助っ人総裁が、FRBに続き失業率ターゲット導入を表明

 英国の中央銀行であるイングランド銀行が、大胆な金融政策を打ち出して話題となって …

businessman04
2016年4~6月期GDPは事実上ゼロ成長。財政も需要の先食い状態が続く

 内閣府は2016年8月15日、2016年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

no image
中国向けの輸出が失速し北米と再逆転。だが事態はもっと深刻である!

 日本の輸出先としての中国の存在感が低下している。  財務省が発表した2012年 …

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

super01
日本の伝統工芸品も値上げ?インフレ経済はこうして始まっていく

 本格的な円安が始まってから1年が経過した。当初は灯油や衣類など、輸入品を中心と …

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …