ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際長期国債の利回りは安倍政権のスタート以降、じわじわと上昇している。

 銀行や生保などの金融機関が金利上昇リスクに備え始めたと2月4日の日本経済新聞が報じている。
 銀行や生保が保有する国債の価格は金利が上昇すると下落するが、その下落分は損失として計上しなければならない。金融機関はその対策を講じ始めているというものである。

 銀行は価格下落の影響が少ない短期債への乗り換えを進め、一方生保は会計上の特例措置を使って時価評価をしなくてもよい簿価評価区分に切り替えを進めているという。

 ここ1~2年の間、金利上昇に伴うリスクを警戒する記事がマスコミに掲載されることが多くなっているが、背後には消費税の増税と財政再建を急ぎたい財務省の意向が強く働いているといわれている。この記事がそれに該当するのかどうかは定かではないが、少々奇妙な記事ではある。

 まず銀行と生保では金利上昇による影響が大きく異なっている。銀行は負債よりも資産の方が運用期間が長期になる(負債に相当する顧客からの預金は要望があればすぐに返さなければならないから)。長期で運用するものほど金利上昇時の価格下落が大きくなるので、銀行は金利が下落すると損失が拡大する。このため短期債に乗り換えることには意味がある。
 一方生保は、資産よりも負債の方が運用期間が長期になる(生命保険が支払われるのは顧客が死亡してから)。このため、金利が上昇するとむしろ経営上有利になる面がある。

 もっとも日本の生保は負債側は時価評価しておらず、資産側だけを時価評価すると一方的に損をする可能性があり、その意味で資産の一部を簿価評価に移すことには一定の意味はある。だが基本的に生保は金利上昇に対してそれほど敏感になる必要はないというのが実情だ。
 また銀行の運用期間の短縮はかなり以前から進められており、最近始まったことではない。以上から考えると、金融機関が金利上昇に備え始めたというのは、必ずしも現状を反映したものではないことが分かる。

 金融機関の国債運用については、実はもっと深刻な問題がある。今後、長期国債を購入する主体がいなくなってしまう可能性が高くなっているのだ。銀行は継続的な金利上昇やインフレが見込まれれば、今後は長期債の購入をさらに控えてくるだろう。
 残るは生保だけが頼りとなるが、日本は人口減少と高齢化が進み、高齢者の保険加入が増加する可能性が高い。そうなると、生保の負債側の運用期間が短縮してくるため、長期債の保有を避けるようになってくる。機関投資家の誰もが長期債を購入しなくなってしまうのだ。

 長期債を購入する主体がいなくなると、ますます長期金利が上昇し、最終的には国債の信用そのものが危ぶまれてくる。金利上昇で金融機関が危ないというのは短期的、表面的な現象に過ぎない。水面下ではもっと深刻な事態がじわじわと進行中なのである。

 - 経済

  関連記事

putin201603
プーチン大統領が突如シリアからの撤退を指示。経済的苦境が原因か?

 ロシアのプーチン大統領は2016年3月14日、シリアに展開するロシア軍の部隊の …

suntory
サントリーが本体ではなく子会社を上場。経営権は手放したくないがカネだけは欲しいらしい

 サントリーホールディングスは主力子会社で清涼飲料事業を手がけるサントリー食品イ …

bananki
バーナンキ氏がヘッジファンドに転職。ブログでの発言にさらに注目が

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、米大手ヘッジファンドのシニア …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

kaimono
これは悪いインフレの兆候?4月の消費者物価指数は庶民にとってトホホな内容

 総務省は5月31日、4月の全国消費者物価指数を発表した。生鮮食料品を除く総合指 …

google2014
無敵のグーグルがとうとう失速開始?拡大の一途を辿ってきたクリック数が減少

 これまで破竹の勢いだったグーグルにとうとう失速の兆しが出てきた。同社は2014 …

kinko
金庫バカ売れ!タンス預金増加の兆候は果たして何を意味しているのか?

 マイナス金利をきっかけにタンス預金が増加する兆候が出てきている。もともと日本は …

abe20140220
政府内部で法人税減税の議論が始まる。問題の本質は課税ベースの拡大にあり

 政府内部で法人減税に関する具体的検討が始まった。経済財政諮問会議2014年2月 …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …