ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナダのブラックベリー社が窮地に立たされている。ここ1年、業績の悪化により中国企業による買収の噂が出ていた同社は1月30日、起死回生を狙った新OS「BlackBerry 10」を発表するとともに、翌日には旧社名のリサーチ・イン・モーションからブランド名と同じ「ブラックベリー」に変更した。

 だが株式市場は新型OSの機能について、他のスマホと比較して目新しいところはないと否定的に評価し、発表後、株価は一時10%以上も下落した。
 同社に対しては、中国のパソコン・メーカーであるレノボが買収に興味を示しているといわれ、一事は買収期待から株価が50%以上も上昇していた。だが結局、株価はもとの水準まで戻ってしまった。

 1999年に発売されたブラックベリーは、一時米国市場で圧倒的なシェアを確保した。オバマ米大統領も愛用していたほどで、スマホといえばBlackBerryといわれたこともある。だがその後、アップルのiPhoneとGoogleのAndroidを搭載した製品が躍進、同社は劣勢に立たされていた。
 ブラックベリーは法人ユーザーに根強い人気があり、法人向けのBlackBerryとコンシューマ向けのiPhoneという棲み分けができるかに見えた。だがシェアの急激な拡大やアプリの充実によってiPhoneを導入する法人ユーザーが増加、2012年にはiPhoneとAndroidを合わせた法人向け出荷台数がBlackBerryを上回っていた。

 ブラックベリーの低迷は、法人向け、個人向けという製品コンセプトも、シェアを前には太刀打ちできないという現実を示している。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

westinghousegenson
東芝が米中核子会社で巨額損失。米国人社員に「チャレンジ」は通用しなかった

 不正会計問題を抱える東芝は、これまで開示してこなかった米国の原子力子会社ウェス …

ierensamazu
FRB議長の後任人事。市場はサマーズ氏ではなくイエレン副議長を望んでいるが・・・

 米国における量的緩和策の出口戦略が明確になりつつある中、来年早々にも退任すると …

bydcar
中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メ …

usakoyoutoukei201501
日本の製造業に朗報。米雇用統計は絶好調で6月利上げはオンスケジュールか?

 米労働省は2015年2月6日、1月の雇用統計を発表した。雇用者数の増加は市場予 …

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

mof
2014年度予算編成がスタート。別枠のバラマキ予算があり、最終的には96兆円規模か?

 2014年度予算の概算要求基準が8月8日、閣議了解された。各省は8月末までに概 …

economistataranai
GDP改定値はまさかの下方修正。今回もエコノミストは大ハズシなのだが・・・

 内閣府は2014年12月8日、7~9月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した …

it02
ITが仕事を奪うとの書籍が話題に。だが現実のIT化はもっとイヤラシイかもしれない

 コンピュータによって人々の仕事が奪われ、最終的にはごく一部の知的エリートと、肉 …

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …