ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナダのブラックベリー社が窮地に立たされている。ここ1年、業績の悪化により中国企業による買収の噂が出ていた同社は1月30日、起死回生を狙った新OS「BlackBerry 10」を発表するとともに、翌日には旧社名のリサーチ・イン・モーションからブランド名と同じ「ブラックベリー」に変更した。

 だが株式市場は新型OSの機能について、他のスマホと比較して目新しいところはないと否定的に評価し、発表後、株価は一時10%以上も下落した。
 同社に対しては、中国のパソコン・メーカーであるレノボが買収に興味を示しているといわれ、一事は買収期待から株価が50%以上も上昇していた。だが結局、株価はもとの水準まで戻ってしまった。

 1999年に発売されたブラックベリーは、一時米国市場で圧倒的なシェアを確保した。オバマ米大統領も愛用していたほどで、スマホといえばBlackBerryといわれたこともある。だがその後、アップルのiPhoneとGoogleのAndroidを搭載した製品が躍進、同社は劣勢に立たされていた。
 ブラックベリーは法人ユーザーに根強い人気があり、法人向けのBlackBerryとコンシューマ向けのiPhoneという棲み分けができるかに見えた。だがシェアの急激な拡大やアプリの充実によってiPhoneを導入する法人ユーザーが増加、2012年にはiPhoneとAndroidを合わせた法人向け出荷台数がBlackBerryを上回っていた。

 ブラックベリーの低迷は、法人向け、個人向けという製品コンセプトも、シェアを前には太刀打ちできないという現実を示している。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

fanakku
秘密主義から一転、株主との対話路線に舵を切った「謎の会社」ファナック

 産業用ロボット大手ファナックの株価が急騰している。2月初旬には2万円前後だった …

no image
中国政府が日本国債を売却してきたら、市場はどうなるか?

 尖閣諸島問題で日中関係が険悪化する中、中国政府が保有する日本国債に注目が集まっ …

ichimanen
内閣府が中長期財政試算を発表。前回試算よりも状況が改善している理由

 内閣府は2014年1月20日、経済財政に関する中長期の試算を公表した。国際公約 …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …

stapsaibou
理化学研究所が内外からの声に対応して、STAP細胞の詳細な作成手順を公開。

 理化学研究所は2014年3月5日、新しい万能細胞「STAP細胞」の詳細な作成手 …

hulu
日テレが動画配信サービスHuluの日本事業を買収。テレビ局による囲い込みか?

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、動画配信サービス「Hulu」の日本市場 …

super01
日本の伝統工芸品も値上げ?インフレ経済はこうして始まっていく

 本格的な円安が始まってから1年が経過した。当初は灯油や衣類など、輸入品を中心と …

putin201412
ルーブル下落が止まらず、ロシア国民の生活を直撃。住宅ローン破産者も続出

 ロシアのルーブルが急落している。2014年12月15日の外国為替市場では、ルー …

no image
遺伝子組み換え食品に発ガンの可能性と仏が報道。米モンサント社への攻撃か?

 遺伝子組み換え飼料で飼育されたラットは、通常のラットに比べて早く死に、ガンにな …