ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4200億元(約1432兆円)に達し、100兆元(約1476兆円)突破が目前に迫っていることが明らかになった。

 マネーサプライは、銀行以外の民間部門が保有する通貨残高の総量を示す指標。銀行が市中に供給したお金に対して、信用創造が付与された後の数値なので、原則としては数値が大きいほど経済が活発になる。
 ただし、数値が大きすぎると、土地バブルなどが起こって過度の信用創造が引き起こされていることが危惧されることになる。

 中国の2012年のGDPは52兆元なのでマネーサプライの対GDP比は1.9倍ということになる。ちなみに日本のマネーサプライの対GDP比は1.7倍、米国は0.7倍である。
 この数字だけ見ると中国が過剰なバブル状態にあるかのように思えてしまう。日本のメディアでもそのような論調が主流だ。確かに資産バブルとなっている面は否定できないが、見方を変えると別な側面も見えてくる。

 日本ではバブル経済真っ盛りの1989年にマネーサプライのGDP比は1倍前後であった。この値が急上昇していくのはむしろバブル崩壊後なのである。つまり景気が低迷し、景気対策として大量のマネーが供給されたことで、マネーサプライが増加しているのだ。だがいくらマネーを供給したところで、構造的な問題を抱えた日本経済は復活しなかった。

 中国のマネーサプライも同様の側面がある。リーマンショックがあった2008年から中国のGDPは1.7倍に増えているが、マネーサプライは約2倍に増えている。中国経済がバブルになっているというよりも、なんとか景気をもたせるために、資金をジャブジャブに投入しているだけと見ることもできるのだ。
 中国は今後、日本以上に高齢化が進み、労働人口が減少する。過剰の供給されたマネーが行き場を失うとバブルが発生するというイメージがあるが、日本ではこの20年間バブルどころかデフレの嵐であった。過剰なマネーが存在していることが必ずしもバブルにつながるとはかぎらない。

 中国は資本移動が完全に自由ではない点が、日本とは大きく異なっている。中国の過剰マネーがどのような振る舞いをするのかは、為替政策にも大きく依存してくるだろう。中国はインフレと長期低迷の両方の懸念を抱えた難しい状態にある。

 - 経済

  関連記事

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

putin201412
ルーブル下落が止まらず、ロシア国民の生活を直撃。住宅ローン破産者も続出

 ロシアのルーブルが急落している。2014年12月15日の外国為替市場では、ルー …

mof05
国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」 …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

oilpump
原油価格が50ドル割れ。マクロ的な状況を考えると急上昇リスクへの警戒も必要

 原油価格の下落が止まらない。ギリシャの政情不安が重なったことで投資家の心理は冷 …

Mario Draghi
欧州中央銀行がとうとう時間軸政策を採用。FRBや日銀と同じスタンスに

 小康状態が続いていた欧州経済に再び動揺が走っている。これまで5%台で推移してい …

businessman02
2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

anansi
これぞ知識産業!草野球ツアーで観光客を誘致する阿南市の画期的な取り組み

 多くの自治体が観光客の招致を目指して各種振興策を立案しているが、お役所のセンス …

nichigin03
6月の日銀短観。改善が見られるが、大企業中心の産業構造を如実に反映

 日銀は7月1日、6月の企業短期経済観測調査(短観)を発表した。企業の景況感を示 …

setsubitousi
設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見 …