ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4200億元(約1432兆円)に達し、100兆元(約1476兆円)突破が目前に迫っていることが明らかになった。

 マネーサプライは、銀行以外の民間部門が保有する通貨残高の総量を示す指標。銀行が市中に供給したお金に対して、信用創造が付与された後の数値なので、原則としては数値が大きいほど経済が活発になる。
 ただし、数値が大きすぎると、土地バブルなどが起こって過度の信用創造が引き起こされていることが危惧されることになる。

 中国の2012年のGDPは52兆元なのでマネーサプライの対GDP比は1.9倍ということになる。ちなみに日本のマネーサプライの対GDP比は1.7倍、米国は0.7倍である。
 この数字だけ見ると中国が過剰なバブル状態にあるかのように思えてしまう。日本のメディアでもそのような論調が主流だ。確かに資産バブルとなっている面は否定できないが、見方を変えると別な側面も見えてくる。

 日本ではバブル経済真っ盛りの1989年にマネーサプライのGDP比は1倍前後であった。この値が急上昇していくのはむしろバブル崩壊後なのである。つまり景気が低迷し、景気対策として大量のマネーが供給されたことで、マネーサプライが増加しているのだ。だがいくらマネーを供給したところで、構造的な問題を抱えた日本経済は復活しなかった。

 中国のマネーサプライも同様の側面がある。リーマンショックがあった2008年から中国のGDPは1.7倍に増えているが、マネーサプライは約2倍に増えている。中国経済がバブルになっているというよりも、なんとか景気をもたせるために、資金をジャブジャブに投入しているだけと見ることもできるのだ。
 中国は今後、日本以上に高齢化が進み、労働人口が減少する。過剰の供給されたマネーが行き場を失うとバブルが発生するというイメージがあるが、日本ではこの20年間バブルどころかデフレの嵐であった。過剰なマネーが存在していることが必ずしもバブルにつながるとはかぎらない。

 中国は資本移動が完全に自由ではない点が、日本とは大きく異なっている。中国の過剰マネーがどのような振る舞いをするのかは、為替政策にも大きく依存してくるだろう。中国はインフレと長期低迷の両方の懸念を抱えた難しい状態にある。

 - 経済

  関連記事

amazon
アマゾン・ジャパンの売上高公表で明らかになった、日本のネット通販市場の限界

 米アマゾン・ドット・コムは2012年12月期の日本での売上高が78億ドル(約7 …

sharp
シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明ら …

doragi201710
ECBが量的緩和策の大幅縮小で出口戦略へ。日銀も撤退を余儀なくされる?

 ECB(欧州中央銀行)は2017年10月26日に開催された理事会で量的緩和策の …

no image
鴻海が超大型液晶TVを格安で販売。シャープ経営陣に対するプレッシャーか?

 台湾の経済日報は、シャープに出資を検討している台湾の鴻海精密工業が、11月、6 …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

swis201405
最低賃金を2500円にする国民投票を行ったスイスの驚くべき実態とは

 最低賃金を何と2500円にするという驚くべき国民投票がスイスで行われた。結果は …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …