ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の鴻海で組合代表者の自由選挙を実施。グローバルなモノの流れが変化する?

 

 アップルからiPhoneなどの製造を一手に引き受ける中国のフォックスコン社(台湾鴻海精密工業の中国子会社)は、中国では前代未聞の経営者が関与しない労働組合の代表者選挙を実施する。従来は会社が推薦した立候補者からしか委員を選べなかったが、今後は誰でも立候補でき、秘密投票で代表者を選出できるようになるという。
 フォックスコンの工場では、厳しい労働環境を背景に自殺や暴動などが相次いでいた。組合代表者を幅広く募り、会社のイメージ改善につなげたい意向だ。

 中国では、経営者や当局と独立した労働組合はご法度だ。一度このような動きを認めてしまうと、体制崩壊にもつながりかねないと当局が強く警戒しているからだ。
 それにも関わらず、フォックスコンが突然このような動きに出た背景や今後の展開をめぐって、市場では様々な噂が飛び交っている。

 ひとつは企業イメージの低下を恐れたアップル社からの強い圧力があったというものである。フォックスコンが人権を抑圧しているという報道はアップル社のブランドイメージにも大きく影響している。だが現在のところ同社に代わる製造委託先はどこにもない。
 フォックスコンを選択せざるをえないアップルとしては、同社のイメージアップが何としても必要だったというものだ。
 もうひとつは、フォックスコン社内の不満が限界にきており、ガス抜きとしてこのような選択肢しか残されていなかったというものである。
 いずれにせよ、中国当局に連絡することなくフォックスコンがこのような決定を下すはずはなく、中国当局の労働組合に対する姿勢に変化が出始めたと捉えることも可能だ。

 海外から見た中国企業の労働コストは、2004年から比較すると2倍以上に跳ね上がっており、低コストという中国の魅力はもはや完全に失われている。中国政府とフォックスコンのような大手メーカーは、労働者依存の体質を脱却するため、工場の工程の大部分をロボットに置き換えるという壮大なプランを実施しようとしている。
 だがロボットを使った作業が中心になると、中国は必ずしも有利な立地とはいえなくなる。米国ではシェールガス革命によってエネルギーコストが劇的に低下しており、米国に工場を戻す動きも活発化している。
 中国の巨大工場における労働環境の変化は、グローバルなモノの流れを変えるきっかけになるのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

yukashi03
このタイミングでアブラハム社が行政処分となった背景は何か?

 証券取引等監視委員会が投資助言会社アブラハム・プライベートバンクを行政処分する …

frb
FRBが正式に量的緩和策の終了を決定。米国経済は新しい局面を迎えた

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年10月29日のFOMC(連邦公開市場委 …

abeputin201612
大方の予想通り、ゼロ回答に終わった日露交渉。3000億円だけが一人歩き

 安倍首相とロシアのプーチン大統領は2016年12月15・16日、日本において首 …

sinise
来年100周年を迎える企業が1425社。このニュースの意味分かります?

 来年に創業100周年を迎える企業が全国で1425社に上ることが帝国データバンク …

oecd
OECDが付加価値ベースで見た自国産出割合を発表。日本は世界1位なのだが・・・

 経済協力開発機構(OECD)は5月28日、世界貿易機関(WTO)と共同で、貿易 …

chery
中国で大手自動車メーカー同士が初の本格提携。外資依存からの脱却を目指す

 中国の自動車メーカーである奇瑞汽車(安徽省)と広州汽車(広東省)とが提携する。 …

tosho05
個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及 …

renesasu
政府救済のルネサス決算。1万人のリストラは決めたが、事業面の進捗はゼロ

 経営危機が表面化し、産業革新機構などによる支援が決定している半導体大手ルネサス …

microsofthead
ダウは1万8000ドル回復だが、IT企業の決算が冴えず、投資家は依然慎重

 米国IT企業各社の決算が今ひとつの状況となっている。絶対値としてそれほど悪い数 …

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …