ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

次期主力戦闘機F35の導入で露呈した、日米防衛産業の苦しい台所事情

 

 航空自衛隊の次期主力戦闘機であるF35の導入をめぐって、日米の防衛産業の苦しい台所事情が露呈している。

 F35は米ロッキード・マーティン社が開発しているステルス戦闘機。通常の戦闘機としてだけではなく、短距離着陸機としての機能や艦載機としての機能も装備することができ、空軍、海兵隊、海軍など複数の軍での採用が予定されている。
 だが開発プロジェクトが思うように進まず、スケジュールの遅延やそれにともなうコスト増加が問題となっていた。
 米国では軍事費削減に関する法律がすでに施行されており、今後10年間で4870億(約44兆円)もの軍事費削減が実施される。ロッキード・マーティン社は、海外で大量の受注が見込めないと開発コストを回収できない状況にあり、米国サイドが日本側への導入を強く求めていた。

 自衛隊の次期戦闘機の選定をめぐっては、欧州には安価で近い性能をもつ機種もあることから、F35にこだわる必要はないとの意見もあったが、米国との関係を重視しF35を中心に選定作業が進められてきた。
 日本側がF35に固執している理由はそれだけではない。F35を導入すれば、日本国内に部品製造と修理の拠点を設け、日本の防衛産業が、機体の組み立て、部品の製造、さらには米軍機や米軍が他国に販売した機体の修理に参画することが可能となるからである。

 防衛省は従来の主力戦闘機の一つであるF2戦闘機の調達をすでに終了しており、受注企業である三菱重工には現在、軍用機の受注がまったくない状態にある。この状態が長期化すると、同社は企業経営上、戦闘機の生産を放棄せざるを得なくなり、防衛省としては非常に困った事態となる。F35の導入と併せて、部品の製造や修理を請け負うことで、国内の防衛産業に仕事を確保するのが狙いだ。
 通常このような条件を米側が承諾することは少ないが、高コストの「問題児」となっているF35を大量に買ってくれるのであれば、少々の無理は受け入れるというスタンスだ。

 ただ、米国が第三国(イスラエルなど)に販売したF35を国内で製造、修理した場合には「武器輸出三原則」に違反するとの意見も政府内部に出ている。米国としては、日本側がイスラエル向けの部品供給を拒む場合には、韓国企業に同様の役割を担わせるつもりといわれており、日本側に議論をしている時間はあまりなさそうである。

 軍需企業はもはや斜陽産業となりつつある。何としても大量にF35を販売したい米国と、日本企業の戦闘機製造基盤を維持したい日本という、両国の苦しい台所事情を反映した交渉が続けられている。

 - 政治

  関連記事

sutisenkyo
スーチー氏の大統領就任問題から考える憲法の本質。悪法は法なのか?

 ミャンマー国会は2016年3月15日、アウンサン・スーチー氏の側近であるティン …

mof
安倍政権の樹立に財務省が暗躍?財務省はなぜ政界をコントロールできるのか?

 自民党の政権復帰に財務省が大きな役割を果たしたとの噂が広がっている。財務省は悲 …

no image
英国の独立委員会がマスコミの自主規制を勧告。自主規制だらけの日本とは正反対

 タブロイド紙による有名人への電話盗聴事件をきっかけに英政府が立ち上げた独立調査 …

kyameroneu
EUは英国離脱回避のため妥協。だが国民投票はどう転ぶか分からない

 EU(欧州連合)は2016年2月19日、ブリュッセルで首脳会議を行い、英国のキ …

tenanmon
中国がネット検閲に加えて、利用者の実名登録を法制化。言論弾圧を強める

 中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)常務委員会は28日、インターネット …

samittoabe
週内にも消費税再延期を表明。日本の財政はまさに「異次元」のフェーズに突入

 安倍首相は、来年4月に予定していた消費税10%への引き上げを再延期する方向で調 …

jinkousuikei
50年後の人口は何と8800万人に。政府が掲げる1億人維持など到底不可能

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は2017年4月10日、「将来推計人口 …

airforce1001
米国が世界から手を引きつつあるとのFT紙記事。だが米国人は本来「超」ひきこもりだ

 世界の警察官であった米国が内向きになろうとしているという英フィナンシャル・タイ …

tennoheika04
安倍政権が皇室典範改正ではなく、一代限りの特別法に固執する理由は女性天皇阻止?

 天皇陛下が生前退位のご意向を表明されたことを受けて、国会での論戦が本格化しそう …

doseikon
仏で大規模な同性婚反対デモが発生。その活動は世代間闘争の様相を呈してきている

 フランスの上院は4月12日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決した。2月には下 …