ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

次期主力戦闘機F35の導入で露呈した、日米防衛産業の苦しい台所事情

 

 航空自衛隊の次期主力戦闘機であるF35の導入をめぐって、日米の防衛産業の苦しい台所事情が露呈している。

 F35は米ロッキード・マーティン社が開発しているステルス戦闘機。通常の戦闘機としてだけではなく、短距離着陸機としての機能や艦載機としての機能も装備することができ、空軍、海兵隊、海軍など複数の軍での採用が予定されている。
 だが開発プロジェクトが思うように進まず、スケジュールの遅延やそれにともなうコスト増加が問題となっていた。
 米国では軍事費削減に関する法律がすでに施行されており、今後10年間で4870億(約44兆円)もの軍事費削減が実施される。ロッキード・マーティン社は、海外で大量の受注が見込めないと開発コストを回収できない状況にあり、米国サイドが日本側への導入を強く求めていた。

 自衛隊の次期戦闘機の選定をめぐっては、欧州には安価で近い性能をもつ機種もあることから、F35にこだわる必要はないとの意見もあったが、米国との関係を重視しF35を中心に選定作業が進められてきた。
 日本側がF35に固執している理由はそれだけではない。F35を導入すれば、日本国内に部品製造と修理の拠点を設け、日本の防衛産業が、機体の組み立て、部品の製造、さらには米軍機や米軍が他国に販売した機体の修理に参画することが可能となるからである。

 防衛省は従来の主力戦闘機の一つであるF2戦闘機の調達をすでに終了しており、受注企業である三菱重工には現在、軍用機の受注がまったくない状態にある。この状態が長期化すると、同社は企業経営上、戦闘機の生産を放棄せざるを得なくなり、防衛省としては非常に困った事態となる。F35の導入と併せて、部品の製造や修理を請け負うことで、国内の防衛産業に仕事を確保するのが狙いだ。
 通常このような条件を米側が承諾することは少ないが、高コストの「問題児」となっているF35を大量に買ってくれるのであれば、少々の無理は受け入れるというスタンスだ。

 ただ、米国が第三国(イスラエルなど)に販売したF35を国内で製造、修理した場合には「武器輸出三原則」に違反するとの意見も政府内部に出ている。米国としては、日本側がイスラエル向けの部品供給を拒む場合には、韓国企業に同様の役割を担わせるつもりといわれており、日本側に議論をしている時間はあまりなさそうである。

 軍需企業はもはや斜陽産業となりつつある。何としても大量にF35を販売したい米国と、日本企業の戦闘機製造基盤を維持したい日本という、両国の苦しい台所事情を反映した交渉が続けられている。

 - 政治

  関連記事

aokiai
小選挙区で全滅。小沢ガールズたちのドタバタ選挙戦とその末路を追う。

 今回の衆院選では、民主党はもとより、民主党を離党した政治家たちにとっても厳しい …

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …

trumpkakuhoyu
トランプ氏が何と日本の核保有に言及。日米同盟は所与のものではなくなりつつある

 米共和党のトランプ候補がとうとう日本の核武装について言及した。どこまで現実的な …

no image
自民総裁選。谷垣総裁はポイ捨てされ、石原幹事長が優勢か?

 9月26日に投票を控えた自民党の総裁選。再選を目指す谷垣禎一総裁は、出身派閥の …

doparubyu
フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付 …

abe201407
安倍政権が内閣改造へ。背景にあるのは来年の解散総選挙?

 安倍首相が内閣改造を実施する方針を固めた。集団的自衛権行使容認に関連する法整備 …

mof03
2016年度予算を閣議了解。要求額は昨年度と同様100兆円超えか?

 政府は2015年7月24日、2016年度予算の概算要求基準を閣議了解した。昨年 …

abe
安倍総裁が「ぶら下がり取材」の拒否を表明。背景には日本人の知性の劣化がある

 自民党の安倍総裁は、野田首相と同様、首相官邸で記者団の質問に答える、いわゆる「 …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

canadabank
英中銀の外人助っ人総裁が、FRBに続き失業率ターゲット導入を表明

 英国の中央銀行であるイングランド銀行が、大胆な金融政策を打ち出して話題となって …