ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

次期主力戦闘機F35の導入で露呈した、日米防衛産業の苦しい台所事情

 

 航空自衛隊の次期主力戦闘機であるF35の導入をめぐって、日米の防衛産業の苦しい台所事情が露呈している。

 F35は米ロッキード・マーティン社が開発しているステルス戦闘機。通常の戦闘機としてだけではなく、短距離着陸機としての機能や艦載機としての機能も装備することができ、空軍、海兵隊、海軍など複数の軍での採用が予定されている。
 だが開発プロジェクトが思うように進まず、スケジュールの遅延やそれにともなうコスト増加が問題となっていた。
 米国では軍事費削減に関する法律がすでに施行されており、今後10年間で4870億(約44兆円)もの軍事費削減が実施される。ロッキード・マーティン社は、海外で大量の受注が見込めないと開発コストを回収できない状況にあり、米国サイドが日本側への導入を強く求めていた。

 自衛隊の次期戦闘機の選定をめぐっては、欧州には安価で近い性能をもつ機種もあることから、F35にこだわる必要はないとの意見もあったが、米国との関係を重視しF35を中心に選定作業が進められてきた。
 日本側がF35に固執している理由はそれだけではない。F35を導入すれば、日本国内に部品製造と修理の拠点を設け、日本の防衛産業が、機体の組み立て、部品の製造、さらには米軍機や米軍が他国に販売した機体の修理に参画することが可能となるからである。

 防衛省は従来の主力戦闘機の一つであるF2戦闘機の調達をすでに終了しており、受注企業である三菱重工には現在、軍用機の受注がまったくない状態にある。この状態が長期化すると、同社は企業経営上、戦闘機の生産を放棄せざるを得なくなり、防衛省としては非常に困った事態となる。F35の導入と併せて、部品の製造や修理を請け負うことで、国内の防衛産業に仕事を確保するのが狙いだ。
 通常このような条件を米側が承諾することは少ないが、高コストの「問題児」となっているF35を大量に買ってくれるのであれば、少々の無理は受け入れるというスタンスだ。

 ただ、米国が第三国(イスラエルなど)に販売したF35を国内で製造、修理した場合には「武器輸出三原則」に違反するとの意見も政府内部に出ている。米国としては、日本側がイスラエル向けの部品供給を拒む場合には、韓国企業に同様の役割を担わせるつもりといわれており、日本側に議論をしている時間はあまりなさそうである。

 軍需企業はもはや斜陽産業となりつつある。何としても大量にF35を販売したい米国と、日本企業の戦闘機製造基盤を維持したい日本という、両国の苦しい台所事情を反映した交渉が続けられている。

 - 政治

  関連記事

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

satsutaba02
預金封鎖と財産税が密かな話題となっている背景とは?

 終戦直後に実施された預金封鎖と財産税がちょっとした話題になっている。NHKが夜 …

carney
北朝鮮側に戦争の意図はない?攻撃的な口調とは反対に部隊に大きな動きはなし

 韓国との「戦争状態」突入を宣伝するなど、朝鮮半島では緊張が極度に高まっているが …

misutoraru
ロシアがフランスからの揚陸艦購入を正式に断念。北方領土付近は現状維持へ

 ロシアがフランスから購入する予定だったミストラル級強襲揚陸艦について、ロシア政 …

kouki9
トルコによる中国製装備の調達問題で浮上した、軍事技術汎用化という課題

 NATO(北大西洋条約機構)のラスムセン事務総長は10月7日、NATO加盟国の …

obama20130303
米国で歳出の自動カットがスタート。オバマ大統領がこれを強行する真の狙い

 オバマ大統領は3月1日、米政府の財政支出を自動的にカットする大統領令に署名し、 …

Ronald Reagan02
横須賀に後継空母の配備が正式決定。日本から空母がいなくなる事態は何とか回避

 米海軍は、神奈川県横須賀基地に配備している第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシン …

taikudeta2014
軍部が全権掌握するタイで、フェイスブックが一時利用不能に

 軍部がクーデターで全権を掌握したタイでは2014年5月28日、SNSのフェイス …

osensui
オリンピック東京招致と福島原発汚染水問題は水面下でつながっている?

 2020年夏季オリンピックの東京招致が成功したが、その背景には、安定した財政基 …