ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は2月4日、生活費の高い都市ランキングの結果を発表した。東京が1位、大阪が2位となり、デフレといわれながら、日本の生活コストは世界でもっとも高いことが明らかになった。

 この調査は、世界140都市について、食料や衣料、家賃など160項目以上の価格を調べたもの。ニューヨークを100とした時の相対値で評価している。

 1位は東京で152、2位は大阪で146、以下、シドニー(137)、オスロ(136)、メルボルン(136)と続く。
 東京は1992年の調査以降、1位にならなかったのは6回だけしかなく、日本の物価の高さが際立つ結果となっている。

 日本は長期間にわたってデフレに苦しんできたといわれている。確かに日本経済はバブル崩壊以降低成長が続き、3%成長を継続した米国や欧州とは大きな差がついてしまった。だがエコノミストの調査結果を見ると、日本はデフレが続いていたにも関わらず、物価は高いままだったということが分かる。これはどういうことだろうか?

 それは日本が構造改革を先送りしてきたからである。日本はデフレが続いた過去20年間、弱い産業を保護することばかり続けてきた。その結果、国民はデフレで収入が減っているにも関わらず、高価で質の低いサービスを強要され続けてきたのである。
 AV機器や家電の価格が下がっているのは、グローバル化の影響であってデフレのせいではない。だがこれらの価格低下がデフレのせいと勘違いさせられ、本来デフレで安くなるはずのサービス価格は保護政策によって高い価格が維持された。ひとつ例をあげれば、日本の航空運賃は今でも欧米の1.5倍を超える水準だ。

 これだけ物価が高いのに何とか生活ができたのは、超円高が続いてきたからである。だが今後は半永久的に円安になる可能性が高くなってきている。現在の状態でも米国の1.5倍の物価水準なのに、これに円安が加わると物価は急激に上昇してくることになる。1ドルが160円になった日には、もう庶民が海外旅行にいくことなど夢の話になってしまうだろう。

 だが競争社会を避け、弱い産業を保護するという政策は日本人自身が選択した結果である。円安になって物価が上昇し、生活が苦しくなることがあっても、それは甘んじて受け入れるしかないだろう。

 - 経済

  関連記事

facebookhead
グーグルとフェイスブックが好決算。ただ、従来路線の延長で目新しさはなし

 ネット企業大手のグーグルとフェイスブックが共に好決算を発表した。ただ両社とも収 …

izumigaden
エイベックスによるJASRAC離脱。独占が崩れるきっかけになるか?

 長年にわたって日本の音楽著作権管理を行ってきた日本音楽著作権協会(JASRAC …

abetoben
首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、 …

sony
ソニーが業績見通しを大幅下方修正。同社がフツーの会社だと考えれば妥当な内容

 ソニーは2014年2月6日、2014年3月期の連結業績予想を大幅に下方修正した …

rspphoto
税金を投入され資金潤沢なルネサスが、なぜか子会社のアップル売却を検討

 米アップルが、経営再建中のルネサスエレクトロニクスが保有する子会社の買収を打診 …

citi
100年の歴史を持つシティバンクの個人部門が日本から撤退

 シティグループが国内の個人向け銀行業務を売却する方針であることが明らかとなった …

abeseichousenryaku
成長戦略が完全に頓挫?だが本当に追い込まれているのは首相ではなく日本国民

 政府は6月12日に開催した産業競争力会議において成長戦略の最終案を固めた。企業 …

sonmasayosi
ソフトバンクが連続して大型買収に踏み切ったのは、前回の買収を成功させるため?

 ソフトバンクが米携帯電話4位のTモバイルUSを約2兆円で買収すると報道されてい …

ieren201409
絶妙だったイエレンFRB議長の株高発言。金利引き上げタイミングは中立になった

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長は2015年5月6日、米国株式市場 …

nihonen
円高が止まらない。政策の手詰まり状態を市場は見透かしている?

 為替市場で急速な円高が進んでいる。欧州で英国のEU(欧州連合)離脱への警戒感が …