ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は2月4日、生活費の高い都市ランキングの結果を発表した。東京が1位、大阪が2位となり、デフレといわれながら、日本の生活コストは世界でもっとも高いことが明らかになった。

 この調査は、世界140都市について、食料や衣料、家賃など160項目以上の価格を調べたもの。ニューヨークを100とした時の相対値で評価している。

 1位は東京で152、2位は大阪で146、以下、シドニー(137)、オスロ(136)、メルボルン(136)と続く。
 東京は1992年の調査以降、1位にならなかったのは6回だけしかなく、日本の物価の高さが際立つ結果となっている。

 日本は長期間にわたってデフレに苦しんできたといわれている。確かに日本経済はバブル崩壊以降低成長が続き、3%成長を継続した米国や欧州とは大きな差がついてしまった。だがエコノミストの調査結果を見ると、日本はデフレが続いていたにも関わらず、物価は高いままだったということが分かる。これはどういうことだろうか?

 それは日本が構造改革を先送りしてきたからである。日本はデフレが続いた過去20年間、弱い産業を保護することばかり続けてきた。その結果、国民はデフレで収入が減っているにも関わらず、高価で質の低いサービスを強要され続けてきたのである。
 AV機器や家電の価格が下がっているのは、グローバル化の影響であってデフレのせいではない。だがこれらの価格低下がデフレのせいと勘違いさせられ、本来デフレで安くなるはずのサービス価格は保護政策によって高い価格が維持された。ひとつ例をあげれば、日本の航空運賃は今でも欧米の1.5倍を超える水準だ。

 これだけ物価が高いのに何とか生活ができたのは、超円高が続いてきたからである。だが今後は半永久的に円安になる可能性が高くなってきている。現在の状態でも米国の1.5倍の物価水準なのに、これに円安が加わると物価は急激に上昇してくることになる。1ドルが160円になった日には、もう庶民が海外旅行にいくことなど夢の話になってしまうだろう。

 だが競争社会を避け、弱い産業を保護するという政策は日本人自身が選択した結果である。円安になって物価が上昇し、生活が苦しくなることがあっても、それは甘んじて受け入れるしかないだろう。

 - 経済

  関連記事

global01
相次ぐ海外大型買収は日本経済に大きなメリットをもたらす

 ソフトバンクによる米スプリント社の買収やサントリーによる米ビーム社の買収など、 …

simrock
携帯のSIMロック解除で乗り換えが容易に。だが今となっては市場に変化なしの可能性大

 スマホなどの携帯端末に、携帯電話会社が他社の通信回線を利用できないよう制限をか …

setsubitousi
11月の機械受注は回復見られず。10~12月のGDPも厳しい状況か?

 内閣府は2015年1月15日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

toyota02
トヨタの中間決算は絶好調。単なる円安効果なのか、本質的なカイゼンなのか?

 トヨタ自動車は11月6日、2013年4月~9月期の決算(中間決算)を発表した。 …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

usakoyoutoukei201505
5月の米雇用統計は予想外に良好。景気の停滞はやはり一時的?

 米労働省が発表した5月の雇用統計は、市場予想を大幅に上回る結果となった。このと …

keizaikakusa
景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格 …

drugeconomy
麻薬や売春など地下経済をGDPにカウントする動き。ランキングに混乱も

 麻薬や売春など、いわゆる地下経済をGDP(国内総生産)に含めることに関する議論 …

no image
反日デモで中国からの撤退を検討する企業が増加。だがデモは言い訳にすぎない

 中国全土で発生した大規模な反日デモをきっかけに、多くの日本企業が中国進出計画の …