ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は2月4日、生活費の高い都市ランキングの結果を発表した。東京が1位、大阪が2位となり、デフレといわれながら、日本の生活コストは世界でもっとも高いことが明らかになった。

 この調査は、世界140都市について、食料や衣料、家賃など160項目以上の価格を調べたもの。ニューヨークを100とした時の相対値で評価している。

 1位は東京で152、2位は大阪で146、以下、シドニー(137)、オスロ(136)、メルボルン(136)と続く。
 東京は1992年の調査以降、1位にならなかったのは6回だけしかなく、日本の物価の高さが際立つ結果となっている。

 日本は長期間にわたってデフレに苦しんできたといわれている。確かに日本経済はバブル崩壊以降低成長が続き、3%成長を継続した米国や欧州とは大きな差がついてしまった。だがエコノミストの調査結果を見ると、日本はデフレが続いていたにも関わらず、物価は高いままだったということが分かる。これはどういうことだろうか?

 それは日本が構造改革を先送りしてきたからである。日本はデフレが続いた過去20年間、弱い産業を保護することばかり続けてきた。その結果、国民はデフレで収入が減っているにも関わらず、高価で質の低いサービスを強要され続けてきたのである。
 AV機器や家電の価格が下がっているのは、グローバル化の影響であってデフレのせいではない。だがこれらの価格低下がデフレのせいと勘違いさせられ、本来デフレで安くなるはずのサービス価格は保護政策によって高い価格が維持された。ひとつ例をあげれば、日本の航空運賃は今でも欧米の1.5倍を超える水準だ。

 これだけ物価が高いのに何とか生活ができたのは、超円高が続いてきたからである。だが今後は半永久的に円安になる可能性が高くなってきている。現在の状態でも米国の1.5倍の物価水準なのに、これに円安が加わると物価は急激に上昇してくることになる。1ドルが160円になった日には、もう庶民が海外旅行にいくことなど夢の話になってしまうだろう。

 だが競争社会を避け、弱い産業を保護するという政策は日本人自身が選択した結果である。円安になって物価が上昇し、生活が苦しくなることがあっても、それは甘んじて受け入れるしかないだろう。

 - 経済

  関連記事

chart01
米高官が円安を容認し、1ドル=94円台まで下落。円安が続くと多くの関係者が考えるワケ

 為替市場において円安の動きが加速している。週明け11日のニューヨーク市場の円相 …

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

tosho02
アベノミクスによる株高で世帯貯蓄額が大幅増加。ただし恩恵は富裕層のみ

 総務省は2014年5月16日、2013年の家計調査報告(二人以上の世帯)を発表 …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

fintech01
スマホの利用履歴で融資の可否を判断。近い将来、銀行は要らなくなる?

 ネットを使った金融サービスの分野に地殻変動が起きようとしている。銀行というビジ …

judokituen
受動喫煙防止法案の経済的な影響は約8400億円と調査会社が試算

 政府が今国会に提出する予定の受動喫煙を防止する法案に関して、民間の調査会社が外 …

tosho002
「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上 …

bananki
本当ならまさに「ヤリ逃げ」。バーナンキ議長続投せずという驚愕報道

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、続投しない可能性が出てきた。 …

no image
シャープを翻弄する鴻海の最大の弱点とは?

 シャープへの出資をめぐって注目されている台湾の鴻海精密工業。カリスマとして知ら …