ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

無罪を確信していた内柴被告。下半身の行動とは正反対のあきれたナイーブさ

 

 東京地裁は1日、酒に酔った10代の女子柔道部員に性的暴行をしたとして準強姦(ごうかん)罪に問われた柔道66キロ級の金メダリスト、内柴正人被告に対し、懲役5年の実刑判決を言い渡した。内柴被告は即日控訴した。

 内柴被告は、公判では一貫して「合意の上だった」と無罪を主張していた。
 だが裁判長は「女性に誘われた」とする内柴被告の説明を「被害者が当時酔いつぶれていたことを利用しての虚言」と断定、「被告人の供述は全く信用することができない」として内柴被告の主張を全面的に退けた。

 内柴被告は無罪を確信していたといわれており、入廷時にはうっすらと笑みまで浮かべていた。
 だが判決が言い渡されると力なくイスに腰掛け手で顔を覆い、控訴手続きについて説明する裁判長の声を遮り、「控訴をさせてもらいます」と大声を出したといわれている。相当狼狽していたことが伺える。

 日本人は司法判断というものを神のお告げでもあるかのように絶対視する傾向がある。頭が筋肉の内柴被告にはおそらく強姦したという意識はなく、法は自分を守ってくれると心から信じていたのだろう。
 だが現実の裁判はそのような甘い世界ではない。司法権という一つの国家権力を行使するのが裁判であり、しかも日本は法の支配が十分に確立されていない未熟な国家である。
 内柴被告と被害者が本当に合意の上だったとしても、日本の司法制度のもとでは、内柴被告に無罪判決が出る可能性はかなり低いというのが現実なのだ。しかも今回のケースでは、内柴被告が露骨に隠蔽工作をするなど、誰が見てもクロと思わせる行動を取っており、無罪を勝ち取れる確率などゼロに近い。

 弁護士が内柴被告に日本の司法の実態を説明していないのか、明確な物的証拠が揃わないと有罪にはできない米国のような世界を、内柴被告がナイーブにも信じていたのかのどちらかであろう。

 同じような傾向はホリエモン裁判でも見られた。ホリエモンは今でこそ、逮捕されてしまったらすべてが終わりで、推定無罪の原則など成立しないという日本の司法の実態を嫌という程、知らされたであろう。だが逮捕前は、法律で明確に禁止されていなければ、裁判で有罪になることはないと本気で信じていたフシがある。ホリエモンも昔はナイーブだったのだ。

 被告人がシロであれクロであれ、一旦逮捕されてしまえば無罪になる可能性はゼロに近いというのが日本の現実の姿である。もちろんこのような状況は改善していくべきものである。だが法による裁きとは権力の行使そのものであり、形を変えた暴力の行使であることを忘れてはならない。

 ナイーブにも法が自分を守ってくれるなどと考えているようでは、法の適切な執行など望むべくもない。内柴被告のような倫理観のカケラもない人物ですら、少年少女のような純粋さで法が自分を守ってくれると考えている。この現実は極めて重い。法の支配とは与えられるものではなく、戦って勝ち取っていくものという感覚は日本人にはほど遠いもののようだ。

 - 社会, 芸能

  関連記事

iryouseido
安倍首相が混合診療の法案提出に言及。背景にあるのは深刻な医療財政

  安倍首相は、公的保険が適用される診療と適用されない診療を併用する「混合診療」 …

roujin02
生活保護世帯が過去最多を更新。制度のもっとも大きな問題点は何か?

 厚生労働省は2013年12月11日、9月に生活保護を受けた世帯が159万911 …

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

shouwa
「最近・・・が増えている」「最近の若者は・・・」という話題にはご用心

 世の中では、しばしば「近年、・・・が増加している」あるいは「最近の若者は・・・ …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

runesasu002
日本のモノ作りがダメになった本当の理由は、「新しもの好き」を止めてしまったから

 製造業は衰退したとのイメージが強い米国だが、半導体の分野ではその存在感がますま …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

cruise
メキシコ湾巨大クルーズ船立ち往生3日目。だが株価にはほとんど影響なし

 エンジンルームで火災が発生し、航行不能になったメキシコ湾の大型クルーズ船「カー …

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …